tiktokは危険?tiktokの危険性を理解して安全に使おう!

最近tiktokは中国とアメリカの問題でよくニュースに取り上げられることが増えてきました。実際にtiktokは危険性があるアプリケーションなのでしょうか。ここではtiktokのアプリを安全に利用するためにtiktokの危険性について紹介していきます。

この記事の目次

tiktokは危険?その危険性の理由と原因を紹介します

最近コロナの影響もあり世界情勢が変わってきています。そんな中、中国のtiktokというアプリが良く注目を集めています。tiktokアプリは危険なアプリなのでしょうか。ここではtiktokアプリの危険性や危険と言われている理由について紹介していきます。もしまだ危険性を知らないでtiktokアプリを利用している人はチェックしておくといいかもしれません。

①個人情報が流出している可能性がある

まずtiktokアプリ等のSNSを活用する場合に一番注意する必要があることとしては、個人情報の流出です。最近では当たり前のようにスマートフォンを利用して、毎日SNSを活用している人が多くいるかと思いますが、SNSは便利なツールである一方で個人情報が流出しやすいデメリットもあります。tiktokは特に動画のため色んな個人情報を知らないうちに流出してしまう場合もあり危険性が高いことに注意してください。

②コメントで誹謗中傷される

SNSアプリではよく投稿したことに対して不特定多数の人がコメントをしてくれます。しかしこのコメント機能もtiktokアプリの危険性を高める一つになっています。ついこの前も番組出演者が誹謗中傷によって自殺をしてしまったり、誹謗中傷によって傷つけられている人が多くいます。なのでコメント機能は面白い反面人を傷つける可能性もあることを知っておきましょう。

③出会い目的のツールとして使われる可能性がある

最近ではSNSで人とコミュニケーションを取る人も増えてきています。その結果SNSやtiktokアプリを活用して出会いを求めている人も多くいます。純粋に出会いを求めているのならまだいいのですが、実際に会ってしまいトラブルになることもあります。なのでSNSを通じた出会いにはとても危険性があることを認識しておきましょう。

④ネットストーカーに被害にあうかもしれない

tiktokアプリは動画配信ができるサービスになっていますが、その動画の中で映ったものを検索してその人の住んでいる場所や良く通る道を探してストーカーしてくる人もいます。なので簡単に家の動画や帰り道を載せるのはあまりおすすめできません。特に一人暮らしの女性は注意が必要です。

⑤動画が拡散されるかもしれない

tiktokは配信した動画を視聴者によってダウンロードされてしまうこともあり、知らない間に動画が拡散されてしまいトラブルになることもあります。遊び半分で配信した動画が社会的問題になり、ひょっとしたら犯罪者になる可能性もあります。なのでいたずら半分でtiktokに動画を載せるのはやめるようにしましょう。

⑥プライバシー保護がされているとは限らない

最近ではtiktokの規制が厳しくなり安全性もあがってきていますが、完全にプライベートが守られているとは限りません。知らない間自分の住所や住まい、勤め先などの情報が流出してしまうこともあります。その場合は自分だけではなく家族や会社の人にも迷惑掛かるので注意が必要です。

⑦動画を投稿することにより黒歴史になる

そしてtiktokアプリ等のSNSを活用する際に覚えて欲しいのが、一度アップロードしてしまうとインターネット上には半永久的に残ってしまうということです。恥ずかしい投稿も知らない人が拡散したり、ダウンロードしたりして、黒歴史としてずっと残る可能性があることをしっかり覚えておきましょう。

tiktokを安全に使って危険性を排除しよう

tiktokアプリの危険性についてはわかって頂けましたでしょうか。それではそんな危険性があるtiktokアプリを安全に活用するにはどうすればいいのでしょうか。ここではtiktokを安全に活用する際に危険性と除去する方法について紹介していきます。

①アカウントを非公開にする

まずtiktokアプリを安全に活用するにはtiktokのアカウントを非公開にしておきましょう。tiktokアカウントを非公開しておくとフォローしていない相手からは自分の動画投稿をみることができないので危険性をさげることができます。なので心配の場合は非公開にすることをおすすめします。

②顔出し動画を出すときは慎重に行う

またなるべく顔を出すtiktok動画の配信は慎重に行うようにしましょう。やはり個人情報や誹謗中傷の原因になるのは顔を出すことが原因で発生することがほとんどです。特に高校生や中学生といった未成年の場合は犯罪に巻き込まれる可能性もあるので是非注意してください。

③個人情報が流出するような動画は出さない

Tiktokを利用する場合は、個人情報が流出しやすい動画は簡単に配信しないようにしましょう。Tiktokは動画配信サービスなので、自分が気づかないうちに個人情報が乗った動画を配信してしまっている場合もありますので、家や地元での撮影では特に気を付けるようにしましょう。

④コメント入力と動画のダウンロードを禁止にする

SNSではコメントやDMを拒否できる設定もあります。なのでtiktokを始めた当初はコメントの入力や動画のダウンロードを禁止にして置くといいかもしれません。そうすることで第三者や不特定多数の人に自分の投稿をダウンロードされたり、コメントされることを防ぐことができます。

⑤撮影する時は周囲の状況や禁止事項を確認しておく

Tiktokで撮影する場合はかならず撮影するもの以外にも周囲の状況を確認しておきましょう。映ってはいけないものや個人を特定されるようなものがないことを確認するようにしましょう。またtiktokは最近規制も厳しくなっているのでTiktokの禁止事項も確認しておくことおすすめします。

⑥ペアレンタルコントロールを使用する

そしてtiktokアプリを安全に活用するにはペアレンタルコントロールを使用するようにしましょう。ペアレンタルコントロールとは、子供によるスマートフォンやパソコンの利用を制限することで子供が危ないサイトや人の関りを防ぐことができる機能です。なので子供にスマートフォンやパソコンを買った場合は、ペアレンタルコントロールの設定を忘れないようにしてください。

tiktokの危険性を感じた各国の対応

Tiktokは日本だけではなく世界中にで活用されているアプリです。しかし中国発のアプリであることが原因で今様々な国ではtiktokの利用に関して制限や禁止を法律化する事態が発生しています。ここでは中国のTiktokに対して危険性を感じた各国に対応状況について紹介していきます。

インドは政府はtiktokを含む59の中国製アプリを使用禁止とした

まずインドではTiktokを含む中国のアプリを完全使用禁止とする法律を政府が発表しました。これはインドと中国の中がコロナウイルスが原因で悪化したことでインドが対策として発表した政策の一つです。中国のアプリがインドの政府情報を盗んでいるとインドが発表したことで使用禁止になりました。

アメリカもインド同様ににtiktokの利用禁止とした

またインド同様にアメリカでも中国のアプリやtiktokアプリの利用を禁止するといった政策が発表されました。実際はOracleやMicrosoftがtiktokアプリの買収することでダウンロード禁止することがなくなりましたが、これからどうなるかはまだわかりません。実際に中国のスマートフォンやアプリの利用制限をしている国や検討している国も多くあります。

今後日本でもtiktokが利用禁止になる可能性がある

またtiktokを含む中国アプリの利用禁止は今後日本にも訪れる可能性があります。現在はmmあだTiktokを含む中国アプリの制限はされていませんが、もしアメリカやヨーロッパでそのような禁止が発生した場合は恐らく日本にも影響があるでしょう。

tiktokは危険性が高い?tiktokによって起きた事件

Tiktokは他のSNSと違って動画だけが配信できるアプリになっています。その結果他のアプリよりもトラブルになることが多いです。ここではtiktokアプリがどのようなことで危険性が高まり、事件となってしまっているかをチェックしていきましょう。

中国でtiktok配信中に元夫にガソリンで火を付けられ死亡した

中国ではTiktokの配信中に元夫がガソリンを付けられて死んでしまう事件がありました。これは男女間のトラブルが発達して殺人事件にまでなってしまった例の1つです。しかしこのように事件になってしまうことは中国では意外と多く発生しています。

tiktokで知り合った小学5年生の女児にわいせつな行為をした

Tiktokの事件としてはTiktokを通して知り合った小学5年生がわいせつ行為を受けたという事件も日本で発生しました。これはTiktokを含むSNSであれば誰でもあり得る事件の1つです。特に子供や中・高校生は興味本位や軽い気持ちで相手と会ってしまうので、親が注意する必要があります。

女性児童の下半身を写した動画をアップデートし書類送検された

またtiktokに直接アダルトな動画を配信する人もいます。特に盗撮や子供の身体を撮影してTiktokに配信している犯罪者も多くいますので、自分がTiktokのアプリを活用していなくても周りでtiktokを利用している人がいる場合は注意するようにしましょう。