【iPhone/iPad】VPNを徹底比較!無料と有料おすすめランキング3選!

またアクセス制限のあるサイトやウエブページにもアクセスして閲覧することができることがあります。特に海外サイトの場合は、サイト閲覧制限がある場合もありますが、VPN機能を利用することにより安全にインターネットのサイトにアクセスすることができます。

接続元をわからないようにできる

外で仕事をしていたりWIFIにアクセスしたりするとインターネットでどこからアクセスしているかがバレてしまうことがあります。しかしVPN機能を利用するとインターネットアクセスをどこから行っているかをごまかすこともできます。なのでVPN機能を利用することによりハッキングやウイルス感染などの危険性も隠すことができます。

iPhoneでVPNを使うデメリット

iPhoneのVPN機能を利用することにより様々なメリットがあることを紹介してきましたが、iPhoneのVPN機能を利用することによりマイナスになってしまうこともあります。ここではiPhoneのVPN機能を利用することにより発生するデメリットについて紹介していきます。

設定を間違えるとセキュリティが低くなる

まずiPhoneのVPN機能を利用することによりセキュリティ面が危ないことになる可能性があることを知っていますか。先程はVPN機能を利用することによりセキュリティ面がアップすることを紹介しましたが、設定が誤っていると逆にVPN機能を利用することにより自分のデバイスが危険な目に遭う可能性もあります。

サイトが見れなくなる場合がある

またiPhoneのVPN機能には、セキュリティ面がアップすることでいつもは閲覧できていたサイトが表示できなくなってしまう場合もあります。VPN機能には危険性があるサイトをブロックする機能があり、そのブロックフィルターに引っかかてしまうといつも閲覧していたサイトが見れなくなってしまうこともありますので、注意してください。

通信速度が落ちる可能性がある

VPN機能を利用することでセキュリティ面がアップする一方でパフォーマンスが悪化してしまうこともあります。インターネットアクセスが通常よりも速度が落ちてしまい、サイトの画面表示や動画の再生が遅れてしまうことがあります。もちろん全てのインターネットアクセスが通信速度が遅くなるわけではないので、まずはVPNを活用してみるのもいいかもしれません。

バッテリー消費が早くなる

またVPN機能は通常のインターネットアクセスよりもリソースを利用するとiPhoneのバッテリー消費も早くなってしまうことがあります。特に古いiPhoneを利用している場合は、VPN機能によってバッテリー消費が早くなってしまい、バッテリーを充電しながらではないのでVPN機能が利用できないこともあるので注意しましょう。

VPNでよくある問題Q&A

コメントを残す




CAPTCHA