WSresetの使い方とWindowsストアが開かない時の対処法

WindowsストアはWindows用のアプリストア。WSresetはWindowsストアをリセットするためにMicrosoftから提供されているツールです。その使い方やWindowsストアが開かないときの対処法を紹介します。

「WSreset」の使い方

Windowsにも、GoogleのPlayストアやAppleのAppleストアと同じようにアプリストアがあります。従来はWinodwsストアの名前で親しまれていましたが、Winodws8以降はMicrosoft Store(マイクロソフト ストア)に改称されました。ここでは、Windowsストアと呼ぶことにします。

WSresetはWindowsストアの設定やキャッシュの状態などを初期化するなどしてWindowsストアをリセットしてくれるツールです。Windowsストアがうまく動作しないときに使います。

WSresetはアプリの一覧にもスタートメニューにも見つかりません。どのように起動したらよいのでしょうか。ここでは、WSresetの使い方を説明します。

スタートメニューから起動

スタートメニューを表示した状態で、WSresetと入力します。検索結果一覧に「WSresetの実行」が表示されるので、クリックします。

WSresetのコマンドプロンプトの実行ウィンドウが表示されるので、エンターキーを押し下げます。WSresetが実行され、実行が完了すると、Windowsストアの画面が表示されます。

ファイル名を指定して実行

スタートメニューを右クリックして表示されるメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択するか、Rキーとウインドウズキーを同時にキーインして、「ファイル名を指定して実行」の入力画面を表示します。WSreset.exeと入力し、OKをクリックします。

WSresetのコマンドプロンプトの実行ウィンドウが表示されるので、エンターキーを押し下げます。WSresetが実行され、実行が完了すると、Windowsストアの画面が表示されます。

「WSreset」が動かない時

WSresetを実行しても、コマンドプロンプトのウインドウが表示されたままとなり、いつまで経っても終了しないなど、WSreset自体がうまく動作しないことがあり得ます。以下では、WSresetの復旧方法を紹介します。

対処法1.Windows Updateの実行

Windowsのバージョンが古いと、WindowsストアやWSresetとの相性の問題などが原因でWSresetが正常に動作しないことがあり得ます。

Windows Updateを実行して、Winodwsを最新の状態にしてみてください。

対処法2.SFC(システムファイルチェッカー)を実行

Windowsには、システムファイルの破損をチェックし、破損を検出した場合は復旧してくれるツールであるSFCがインストールされています。

WSreset.exeのファイルが破損している場合などは、このツールで復旧することが可能です。

コマンドプロンプトを起動して、コマンド「sfc /scannow」を入力して完了を待ちます。

対処法3.エラー発生前の復元ポイント作成

関連する記事