エクスプローラー内のクイックアクセスの削除、非表示や無効化の手順

Windowsのクイックアクセスを自分向けにチューニングしたいと思うこともあるでしょう。クイックアクセスの履歴などは、誰でも簡単に削除できたりします。また、コマンドプロンプトを使う場合も手順を守れば安全です。しかし、レジストリを扱う際には十分な注意が必要です。

Windowsのクイックアクセスに表示された内容の削除方法

Windowsでファイルやフォルダーを扱うには、ファイルエクスプローラを使います。しかし、フォルダの数や階層が深くなると、目的のファイルやフォルダーにたどり着くのに手間がかかりわずらわしさを感じることもあります。

これを回避する便利機能として、クイックアクセスが搭載されています。クイックアクセス(旧お気に入り)に表示されるアイテムが増えると、かえって邪魔になるため、削除したり、非表示にしたくなることもあるでしょう。

ここでは、クイックアクセスに表示されている項目を削除して非表示にする方法を説明します。

クイックアクセスの内容の項目を個別に削除する

エクスプローラのナビゲーションウインドウには、クイックアクセスの下にピン留めされたフォルダーが表示されています。このフォルダー表示を削除するには、フォルダーのピン留めを解除すればよいのです。

フォルダのピン留めを解除すなわち削除するためには、フォルダーの右クリックメニューから、「クイックアクセスからピン留めを外す」という項目をクリックします。

「よく使用するフォルダー」を削除(非表示)する

アクセス頻度が高いなどよく使用するフォルダーは、デフォルトでクイックアクセスに表示されるように、Windowsでは設定されています。この設定を変更すれば、よく使用するフォルダーはクイックアクセスから削除されて表示されなくなります。

よく使用するフォルダーを削除して非表示とする手順は以下のとおりです。

まず、エクスプローラのフォルダーオプション(エクスプローラメニューの「フォルダーと検索のオプションの変更」をクリック)を開きます。

そして、全般タブの「よく使うフォルダーをクイックアクセスに表示する」のチェックを外します。これで、フォルダーは削除されて表示されなくなります。

「最近使用したファイル」を削除(非表示)する

アクセス頻度が高いなどよく使用するファイルはエクスプローラのトップに固定表示しておくとアクセスが楽です。クイックアクセスでは、直近でアクセスしたファイルを表示するように設定できますが、特定のファイルは指定できないため、意図しないファイルまで表示されてしまいます。これを止めるには、エクスプローラの設定を変更すればよいのです。

最近使用したファイルを削除して非表示とする手順は以下のとおりです。

まず、エクスプローラのフォルダーオプション(エクスプローラメニューの「フォルダーと検索のオプションの変更」をクリック)を開きます。

そして、全般タブの「最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する」のチェックを外します。

Windowsのクイックアクセスを無効化する方法

クイックアクセスには、自分でピン留めしたフォルダーが表示されるだけではなく、フォルダーやファイルが自動的に追加されていきます。あまりにフォルダーやファイルが増えすぎても邪魔になるだけです。削除して非表示としたい場合もあるでしょう。

ここでは、自動追加のやめるなど無効にする方法を説明します。

クイックアクセスへの自動追加を無効化

フォルダーオプションでクイックアクセスに関連する設定がONである場合には、アクセスしたフォルダーやファイルが自動的にクイックアクセスに追加されていきます。

つまり、クイックアクセスへの自動追加を無効にするには、「よく使うフォルダーをクイックアクセスに表示する」「最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する」をオフにすればよいのです。

クイックアクセスの表示の無効化

Windowsの規定値では、エクスプローラのウインドウにはクイックアクセスが表示されます。

フォルダーオプションを変更することでクイックアクセスの表示を無効化し、表示しないようにすることができます。また、注意を要する操作ですが、レジストリを変更することでも無効化して非表示にできます。