Youtubeのあなたへのおすすめとは?基準から非表示まで解説

タイトルやタグを基準とした関連性というのは、動画の内容やタグが視聴者が検索した内容と、どれくらい一致した動画があるのかということです。一致した数が高い動画ほど上に表示されるのです。

3.ユーザーの行動データを基準とした エンゲージメント

ユーザーの行動データを基準とした エンゲージメントというのは、視聴者がどんな動画をどれくらい再生しているのか、そしてその動画をどれくらい視聴しているのかというものですので、参考にしてください。

YouTube動画が検索結果やおすすめで表示される仕組みと基準

YouTube動画が、検索結果やおすすめで表示される仕組みと基準を紹介していきますので、仕組みや基準を知りたいという人はぜひ参考にしてみてください。4つの仕組みと基準があるのです。

視聴者のYouTubeでの行動データ

視聴者のYouTubeでの行動データが、仕組みと基準の大事なポイントです。例えば、コメントを残しているのか、動画を最後まで視聴したか、高評価を押したのかというのが当てはまるのです。

ニュース、医療など信憑性が必要な分野は「信頼性」を重視

ニュース、医療など信憑性が必要な分野は「信頼性」を重視して表示されます。信頼性が一切ないと、医療の情報や、災害の情報が不確かなものになってしまいますので、信頼性が重視されるのです。

エンタメなどの分野では「関連性、鮮度、人気」にもとづいて表示

エンタメなどの分野では「関連性、鮮度、人気」にもとづいて表示されます。関連性や鮮度や人気に基づいて表示されないと動画が再生される確率は低くなるので意味がありません。関連性や鮮度や人気は大事なポイントです。

オススメされた他ユーザーの視聴完了率

オススメされた他ユーザーの視聴完了率も大事なポイントです。視聴完了率というのは動画を最後まで見たかということです。このポイントも反映されますので、仕組みや基準は様々なポイントで反映されています。

「あなたへのおすすめ」からうざい/気持ち悪い動画を消す/非表示にする方法

関連する記事