アプリケーション お役立ち(情報) 便利なおすすめアプリ

Discordでブロックされている?ブロックの確認方法を解説

オンラインゲーマーがプレイしながら通話やチャットでコミュニケーションをできるDiscord。

コミュニケーションツールですが、中には合わないユーザーがいます。

この記事では、Discordでブロックされているか確認する方法や、ブロックする方法などを紹介します。

Discordでブロックされているか確認する方法とは?

Discordは、オンラインゲーマーなどがゲームをしながらコミュニケーションをするのに使われています。

オンラインのコミュニケーションツールなので、不特定多数の人間が参加でき、自分とは意見が合わないユーザーとも触れ合わざるを得ない場合があります。

そんな時は、SNSのように特定のユーザーをブロックすればコミュニケーションを止められるので安心です。

まずは、Discordでブロックされているか確認する方法を見ていきましょう。

Discordでブロックされているとどうなる?

Discordで特定のユーザーに自分がブロックされると以下の状態になります。

  • フレンド一覧から非表示になる
  • すでにやり取りしたDMは消えない
  • ブロックされたユーザーにはDMを送れない・送られない
  • ブロックしたことは通知されない
  • テキストメッセージが非表示になる
  • 状態は確認できる(オンライン・プレイ中など)

基本的には、多くのSNSと同様にブロックされるとそのユーザーとはやり取りができなくなります。

ブロックをすることで、そのユーザーとの関係性が悪化することも考えられるので、ブロックする前に冷静な状態でジャッジするのを忘れないようにしましょう。

ブロックされた相手と同じサーバーに参加しているとどうなる?

Discordで、特定のユーザーにブロックをされた状態で同じサーバーに参加している時は以下の状態になります。

  • 相手の投稿は見られる
  • 自分の投稿は相手には非表示

DMなどの直接的なやり取りをすることがないのであれば、ブロックをされたユーザーの投稿は見れてしまうので自分にはあまり関係がありません。

今までサーバー内でやり取りをしていて、急にやり取りが減ったら、ブロックされている可能性が高い状態だと判断できます。

基本的にはブロックされているのかは自分で確認しないとわからないので覚えておきましょう。

確認方法①:フレンドリストを見てみる

Discordのフレンドが自分をブロックした場合、フレンドリストから消えます。

ブロックされたか確認する方法としては最も簡単な方法です。

Discordでは、フレンドになっていないユーザーでもブロックできます。

フレンドになっていないユーザーはフレンドリストにはそもそも表示されていないので他の方法で確認する必要があります。

確認方法②:テキストメッセージにリアクションしてみる

テキストメッセージにリアクションをしてみるのもDiscordでブロックをされているか確認する方法として有効です。

Discordでは、サーバー内に投稿したテキストにリアクションができます。

リアクションにはさまざまな絵文字が用意されており、既読したことを簡単に相手に知らせることができます。

相手にブロックをされていると、リアクションが反映されないので覚えておきましょう。

確認方法③:DMを送信してみる

Discordでは相手にブロックされていると、DMを送信時に送信できないとメッセージが表示されます。

システム的にブロックをしたユーザーとはDMのやり取りができない仕組みになっているので、明らかにブロックされていると感じたらDMしてみるのもおすすめです。

ただ、ブロックではなくやり取りが停止してしまっただけの場合もなくはないので送るメッセージの内容には注意して送りましょう。

確認方法④:フレンド申請をしてみる

Discordで、フレンドになっていないユーザーにブロックをされている場合、フレンド申請をするとエラーメッセージが表示されます。

フレンドになっていないユーザーがブロックをしているか確認する方法としては簡単です。

確認方法⑤:プロフィールを見てみる

Discordでブロックをされているか確認する方法で最も簡単な方法は、相手のプロフィールにアクセスすることです。

ブロックをされると、相手のプロフィールが空欄になります。

相手がプロフィールを削除した可能性も0ではないので確実な方法ではありませんが、気になったらまずプロフィールの確認から始めることをおすすめします。

Discordのフレンドを削除・ブロック・ブロック解除する方法とは?

Discordでは、ブロック以外にも特定のユーザーとのコミュニケーションを阻害する方法があります。

フレンドになっているユーザーとはフレンド解除も有効な手段です。

ブロック以外の方法でもDiscord内のやり取りを制限したいと考えている方は参考にしてみてください。

Discordのフレンド削除とブロックの違い

Discordでは、フレンドとのやり取りを制限するのに削除とブロックと似たような仕組みが2つあります。

  • フレンド削除:フレンドではなくなる
  • ブロック:DMやサーバー内でのやり取りも制限される

フレンドから削除しても、コミュニケーション機能の制限はされません。

DMや通話は可能なので、コミュニケーション自体を制限した場合はブロックがおすすめです。

ブロックは、先述したとおり、DMや通話の制限、メッセージへのリアクションの制限などが行われます。

Discord内でやり取りを完全にシャットダウンしたい場合はブロックがおすすめです。

Discordのフレンドを削除する方法

Discordでフレンドを削除する手順は以下のとおりです。

  • PC:フレンド一覧>削除したいユーザーを右クリック>フレンドを削除
  • スマホアプリ:フレンド一覧>削除したいユーザーをタップ>…をタップ>フレンドを削除をタップ

誤ってフレンドを削除してしまった場合は、再度フレンド申請から行う必要があります。

一時的な感情でフレンドを削除してしまうと人間関係の悪化を後押ししてしまうので注意しましょう。

Discordのフレンドをブロックする方法

Discordでフレンドをブロックするのはフレンド削除とほぼ手順は一緒です。

フレンド一覧から「フレンドを削除」ではなく「ブロック」を選ぶだけです。

ブロックをしただけなら、相手が確認してなければ知らない間にブロック/ブロック解除をできます。

少し期間を置いて再びやり取りをしたいと感じたら、ブロックの解除も検討してみましょう。

Discordのブロックを解除する方法

Discordでブロックをしたフレンドを解除する手順は以下のとおりです。

  • PC:フレンド>ブロック中>ブロックを解除
  • スマホ:右下アイコン>アカウント>ブロックしたユーザー>ブロックを解除

ブロックもブロック解除も非常に簡単に行えます。

ただ、ネット上のつながりではありますが、人間関係には変わりありません。

どうしてもコミュニケーションをしたくない理由がないのであれば、ブロックまではせずに、最低限のコミュニケーションに留めておくことをおすすめします。

まとめ

Discordでブロックされているかの確認方法や、フレンドをブロックする方法・解除する方法などを紹介してきました。

Discordは、オンラインゲームでのゲームをしながら通話やチャットができる便利なツールです。

ただ、オンライン上のつながりなので、実際にどんな人なのかは、コミュニケーションをしてみないとわかりません。

どうしても性格が合わないなどがあればブロックできるので、Discordを使ってさまざまな人とコミュニケーションをしていみてください。