7zipの使い方を解説!ファイルを圧縮・解凍する方法

7zipとはファイルを圧縮・解凍するためのフリーソフトです。特徴は、日本語で利用できる点や、さまざまな形式に対応している点があります。操作も簡単なため多くの人に愛用されているソフトです。今回は7zipの使い方を詳しく解説していきます。

7zipのインストール

インストールは7zipの公式サイトから可能です。ダウンロードページの上部にある最新バージョンの32bitまたは64bitを選択し、インストーラーをダウンロードします。ファイルの種類は「.exe形式」を選択します。

ダウンロードが完了したらインストーラーを開き、「この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか」のメッセージが出たら「はい」を選択します。
そのあと「install」をクリックしたらインストールが始まります。最後に「close」をクリックしたらインストール完了となります。

7zipの基本操作

7zipは基本的には選んだファイルを圧縮設定で指定した内容で圧縮ファイルを生成します。そして圧縮されたファイルは7zipを用いることで解凍することができます。

よほどサイズが大きいファイルでない限り、特に圧縮設定をしなくても簡単に圧縮ファイルを作ることができます。

7zipの使い方

ここでは7zipの主な使い方を紹介します。使いやすい圧縮・解凍ソフトなので使い方はどれもシンプルです。

1.ファイルの圧縮

ファイルの圧縮手順は以下の通りです。

  1. ファイルを選択し、右クリックします。
  2. 「7-Zip」の項目にカーソルをあて、展開されたメニューにある「圧縮…」をクリックします。
  3. 「OK」をクリックすると、圧縮されたファイルが作成されます。

圧縮されたファイルは「”ファイル名”.7z」というファイル名で作られます。

2.ファイルの解凍

ファイルの解凍手順は以下の通りです。

  1. ファイルを選択し、右クリックします。
  2. 「7-Zip」の項目にカーソルをあて、展開されたメニューにある「展開…」をクリックします。
  3. 「OK」をクリックすると、選択した圧縮ファイルが解凍されます。

3.圧縮ファイルにパスワードを設定

ファイルを圧縮する際に、パスワードをかけられます。パスワードをかけておけば万が一漏洩しても安全なため、大事なファイルを送るときにおすすめです。
使い方は、「暗号化」の項目にパスワードを入力するとかけられます。

4.ファイルを分割して圧縮

もしファイルのサイズが非常に大きいと、圧縮してもサイズがあまり縮小せず、ファイルが転送できない場合があります。その場合はファイル分割して圧縮するのがおすすめです。

使い方は圧縮設定で「分割ボリュームのサイズ」に分割したいサイズを入力します。たとえば10MBずつに分割した圧縮ファイルを作成したい場合は「10M」と入力します。
入力後に「OK」をクリックすると、指定したサイズごとに分割された圧縮ファイルが生成されます。

圧縮されたファイルの名前は「”ファイル名”.7z.001」と分割された分の番号が7z拡張子の後につきます。