LINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”現象を解説

皆さんはLINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”なんてことに遭遇したことはありますか?

実はLINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”現象がネット上で今報告されています。

では”名前はある”の現象について解説していきます。

LINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”現象の原因と特徴

ではLINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”現象の原因と特徴を見ていきましょう。

LINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”現象の原因と特徴にはいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

【原因】アカウント削除後に同じ電話番号で別のアカウントを作成した

まずLINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”現象の原因はアカウント削除後に同じ電話番号で別のアカウントを作成したことが考えられます。

機種変更でアカウントを引き継げなかった場合も同様です。

意図的にアカウント削除後に同じ電話番号で登録することですね。

こうなると相手のユーザーのアイコンはデフォルト画像になります。

さらには名前が「メンバーがいません」に変化します。

そして自動的に相手はトークから退出した結果トークの最後に「〇〇さんが退出しました」と表示されます。

LINE IDを変更する裏ワザと変更時の注意点をご紹介!

【特徴】[追加][ブロック][通報]の表示がある

またLINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”現象の原因は

  • 追加
  • ブロック
  • 通報

の表示があることも見ていきましょう。

 

こういった名前はある現象が多々報告されています。

LINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”現象の対処法

ではLINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”現象の対処法を見ていきます。

 

こういったことになるので名前はあることへ対する対処法を見ていきましょう。

【対処法の手順】①トークを削除する

まずLINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”現象の対処法はトークを削除しましょう。

トーク自体を削除すれば退出しましたと表示されているトークを消すことができます。

ただこの方法はエラーが出る場合があるのでトーク削除ができないのであれば一度友達登録をしましょう。

【対処法の手順】②もう一度友達登録する

またLINEで「退出しました」と出ているのに”名前はある”現象の対処法は友達登録をし直すことでバグが治ります。

結果的に「退出しました」との表記が消えるのでリセットされたとみなしても大丈夫でしょう。

【基本】LINEで友達追加できない理由と5つの解決方法とは?

「退出しました」と表示されているのにトークがある場合はスパムの可能性