LINEのトーク履歴を削除、復元する方法とは?相手側の表示や通知も解説!

LINEのトークや自分・相手のアカウントを間違えて削除してしまった時の復元方法 / ブロックや復活させた相手には通知がいく?など、トーク削除・メッセージ削除に関する基本を解説。 iPhone ・AndroidのLINEで浮気を暴く方法も掲載中。

この記事の目次

LINEのトークのバックアップ&削除&復元する方法

LINEは、私たちの生活に広く浸透したツールで、ユーザーは2億人を超えていると言われています。

キャリアのメールと違って、LINEはやりとりの履歴が自動的に削除されないので、さかのぼって見ることができるのが便利な特徴です。

LINEのやりとりの履歴を、削除&復元する方法を以下で紹介していきます。

【準備】iCloudでLINEのトークのバックアップを取る方法

LINEのトークを削除する前に、念のためバックアップを取っておきたいと考える人もいるかもしれません。万が一、消したくなかったLINEのトークを間違えて消したときでも、iCloudバックアップがあれば復元することができます。

  1. 『友だち』画面左上の歯車マークをタップします。
    歯車アイコンをタップ
  2. 『トーク』をタップします。
    トークをタップ
  3. 『トークをバックアップ』をタップします。
    トークをバックアップ
  4. 『今すぐバックアップ』をタップします。
    今すぐバックアップ

LINEのトーク履歴を削除する方法

LINEのトーク履歴を消す方法は、「削除」と「送信取り消し」の2つがあります。

2つの違いを知った上で、LINEのトーク履歴を「削除」するか「送信取り消し」するか、以下の方法を参考にしてください。

「削除」と「送信取り消し」の違いとは?

LINEのトークでの「削除」と「送信取り消し」の違いは、相手側のトークからメッセージが削除されるかされないかです。

LINEのトーク画面で「削除」を選んだ場合、自分のトーク画面からはメッセージが削除されますが、相手側のトーク画面からはメッセージが削除されません。

一方、LINEのトーク画面で「送信取り消し」を選んだ場合は、自分と相手の両方のトーク画面からメッセージが削除されることになります。

一部のトークの発言を「削除」「取り消し」する方法

LINEのメッセージの『削除』とは、自分の端末上からそのメッセージを削除するだけで相手の端末からは消えません。

LINEメッセージの削除の仕方

  1. 削除したいメッセージを長押しします。(自分のメッセージでも相手のメッセージでも可)
  2. 『削除』をタップします。
    削除を選択
  3. 削除したいメッセージを選択します。
  4. 警告画面で削除をタップします。
    メッセージを削除

 

しかし、誤爆する人が多いなど多くの問題があったため、LINEはユーザビリティを高めるためLINEメッセージの『送信取り消し』機能を過去のアップデートで実装されました。

LINEメッセージの「送信取り消し」をする方法

  1. 削除したいメッセージを長押しします。
  2. 『送信取り消し』をタップします。
    送信取り消しを選択
  3. 警告画面で送信取り消しをタップします。
    送信取り消しをタップ
  4. 『メッセージの送信を取り消しました』が表示されているか確認します。
    取り消し後メッセージが表示される

【注意】LINEでメッセージの「送信取り消し」ができないケース3つ

このように送信してしまったLINEメッセージを取り消せるような仕様になりましたが、LINEメッセージの送信取り消しができないケースがあります。

相手もしくは自分のLINEのバージョンが古い

LINEのインストール

自分、もしくはLINEでトークをしている相手のLINEのバージョンが古いと、「送信取り消し」の機能が使えない場合があります。

お使いのLINEで「送信取り消し」ができないことに気づいたら、アップデートしてみましょう。

「送信取り消し」が使用できる OS ごとのバージョン

ちなみに、「送信取り消し」ができるLINEのバージョンは下記のとおりです。
もし、送信取り消しができない場合、アップデートをしてみてください。

  • iPhone・iPad:7.17.0以上
  • Android:7.16.0以上
  • Windows/Mac:5.4.0以上

メッセージ送信から24時間が経過している

送信取り消しが表示されない

24時間以上経過したメッセージが取り消せないことは、案外忘れがちなので注意して欲しいところです。

メッセージ送信から24時間以上が経過すると、メッセージを長押ししても、この画像のように「送信取り消し」の項目が選べないようになってしまいます。

公式LINEアカウントへ送信したメッセージ

公式のLINEアカウントに送信したメッセージは、取り消すことができません。

しかし、システムが自動で送信している可能性が高いので読まれている心配もそれほどありません。そのため、わざわざ送信取り消しをする必要もさほどないように感じます。

トークルーム全体をまとめて削除する方法

「トークルームを削除したい」と思ったとき、個別のLINEのトークルームを消したいのか、すべてのLINEのトークルームを一括削除したいのかでやり方が変わります。

個別トークルームの履歴を一括削除する方法

  1. 個別トークルーム上部に表示されている『下矢印アイコン』をタップします。
    下矢印アイコンをタップ
  2. 『設定』をタップします。
    設定をタップ
  3. 『トーク履歴をすべて削除』します。
    トーク履歴をすべて削除
  4. 『削除する』をタップします。
    削除するを選択

グループLINEでも同様の手順で削除することができます。

LINEトークすべての履歴(キャッシュ)を削除する

では、個別トークルームだけを削除するのではなく、LINEのトーク履歴を全て削除する方法をご紹介します。

すべてのLINEトーク履歴を削除する方法

  1. 『友だち』画面左上の歯車マークをタップします。
    歯車アイコンをタップ
  2. 『トーク』をタップします。
    トークをタップ
  3. 表示画面最下部の『データの削除』をタップします。
    データの削除をタップ
  4. 『すべてのトーク履歴』をタップして『選択したデータを削除』をタップします。ちなみに、『キャッシュデータ』をタップすると、一時的に保存されている写真やボイスメッセージなども削除することができます。
    すべてのトークを削除

削除したLINEのトークを復元する方法

削除したLINEのトークを iPhone で復元させる方法

iPhone のLINEでトーク履歴を復元するには、一度LINEアプリをアンインストールする必要があります。

トーク履歴復元方法( iPhone )

  1. アンインストール後、AppStoreからアプリをダウンロードします。
  2. LINEアプリを起動後、『ログイン』をタップします。
    LINEログイン画面
  3. メールアドレスの入力・電話番号の認証・年齢確認を経て認証が終了すると、トーク履歴の復元画面が表示されますので、『トーク履歴をバックアップから復元』をタップします。
    トーク履歴を復元

 

iPhone でLINEのトークを復元させる時の注意点!バックアップがないと復元できない?

iPhone でLINEのトークを復元させる時は、以下のようなことに注意しなければなりません。

  1. iCloudバックアップが作成されていないといけない。
  2. バックアップがない状態でやると、すべてのトーク履歴も、アカウントも消えかねない。
  3. やる前には必ずもしもの時のために電話番号登録・メールアドレス認証を済ませておく。

特に最後の電話番号・メール認証をしていないと失敗した時にアカウントを取り戻すことが難しくなってしまいますので、忘れずに行いましょう。

ここを怠ると最悪の場合、アカウント削除という事態にまで追い込まれます。

削除したLINEのトークをAndroidで復元させる方法

アンドロイドの場合は、 iPhone の時とは違い、アンインストールの必要がありません。

トーク履歴復元方法(Android)

  1. 『友だち』項目をタップ、『設定アイコン』をタップします。
  2. 『トーク項目』をタップ、『トーク履歴のバックアップ&復元』をタップします。
    トーク復元
  3. 復元をタップします。

【注意】アカウントの引き継ぎだけではトーク履歴は復元されない

LINEを消してしまった、機種変した、など様々な理由でトーク履歴を復元したい場合があるでしょう。

しかしここで重要なのは、アカウントの引き継ぎだけではトーク履歴は復元されないということです。

アカウント引き継ぎの際、移されるデータは以下の通りです。

  • [友だち]リスト(グループを含む)
  • [ノート][アルバム]に投稿した内容
  • プロフィール設定(プロフィール画像/名前/ステータスメッセージ/ID)
  • タイムLINE/ホーム
  • [Keep]で保存したデータ(画像や動画/テキスト/ファイル)
  • LINEスタンプと着せかえをご利用する権利(プレゼントスタンプを含む)
  • 課金アイテムの購入履歴やコイン/LINE ポイント残高
  • LINE関連タイトル(LINE ゲーム・LINE PLAYなど)のアプリ連動に関するデータ

トーク履歴を復元したのであれば、必ずバックアップをiCloud(Androidはグーグルドライブ)に取っておくということを忘れないようにしておきましょう。

【注意】バックアップをこまめにとるようにしよう

現在のLINEの仕様上、バックアップは自動的には取られません。

すべて手動で実施する必要があります。

特に iPhone の場合、iCloudで簡単にバックアップすることができるため、手間がかかることはないでしょう。

そのため、定期的にバックアップするために、毎月同じ日に手動で実施するようカレンダーを入れておくなどして、習慣づけるとよいかもしてません。

この習慣があるだけで、いざ間違えて消してしまっても、復元できるようになります。

【裏技】相手からLINEのトーク履歴を送信してもらう

バックアップをしていないけれども、どうしても過去の会話で確認したいところがあるというときに、テキストファイルやスクリーンショットで送ってもらうという手段があります。

下記のような手順を踏むことで、トーク履歴を相手からもらえることでしょう。

  1. トークの相手がPCにLINEをインストールしていることを確認します。
  2. もらいたいトークの内容をすべてテキストファイルにコピペしてもらいます。
  3. ファイルをLINEで送ってもらいます。

こうすれば、何時に誰が何をトークで話したのかがすべてテキストに書かれることになります。

これはトークの相手がPCを持っていることが前提である方法ではありますが、試してみてはいかがでしょうか。

LINEで「浮気トーク」を完全に削除する方法【復元不可】

誰かに見られてはまずいというLINEのトークを、完全に削除する方法を紹介します。

ただし、この方法を使うと、トークを復元することは確実に不可能になりますので、ご注意ください。

1.LINEアプリから「トーク履歴(キャッシュ)の削除」

  1. 『友だち』画面左上の歯車マークをタップします。
    歯車アイコンをタップ
  2. 『トーク』をタップします。
    トークをタップ
  3. 表示画面最下部の『データの削除』をタップします。データの削除をタップ
  4. 『すべてのトーク履歴』をタップして『選択したデータを削除』をタップします。ちなみに、『キャッシュデータ』をタップすると、一時的に保存されている写真やボイスメッセージなども削除することができます。
    すべてのトークを削除

2. LINEアプリの個別トークルームで「トーク履歴を全て削除」

  1. 個別トークルーム上部に表示されている『下矢印アイコン』をタップします。
    下矢印アイコンをタップ
  2. 『設定』をタップします。
    設定をタップ
  3. 『トーク履歴をすべて削除』します。
    トーク履歴をすべて削除
  4. 『削除する』をタップします。
    削除するを選択

3. LINEアプリで、浮気相手のトークルームも念のため削除

浮気相手のトークルームを削除したい場合は、浮気相手とのトークルームを開き、『2.個別トークルームで削除』と同様の手順を踏めば、トークルームを削除することができます。

削除したトークルームは、バックアップから復元しない限り復元することはできません。

そのため、第3者が削除したトークルームを閲覧することはほぼ不可能でしょう。

4. バックアップをとっていた場合、そちらも削除(更新)

  1. 『友だち』画面左上の歯車マークをタップします。
    歯車アイコンをタップ
  2. 『トーク』をタップします。
    トークをタップ
  3. 『トークをバックアップ』をタップします。
    トークをバックアップ
  4. 『今すぐバックアップ(更新)』もしくは『バックアップしたトーク履歴を削除』をタップします。
    バックアップの更新、削除

LINEでの削除・復元でのあるある事例&対処法

一度削除したLINEトークは見られて『浮気がバレる』ことはある?

ここまででご紹介した通り、削除したトーク履歴は基本的に第3者がみることは難しい仕様になっています。

見るためには

  1. iCloudバックアップから復元する
  2. LINEトーク履歴をメールで転送する

などの方法がありますが、どちらも iPhone とLINEのパスコードを知っている必要があるためセキュリティ的に厳しい制約があると思います。

特に最新の iPhone X以降の機種はFace IDを搭載しており、本人以外の顔では認証が通りません。

寝ているときの顔で認証することもできないため、使わないときは常にスリープモードにさえしておけば安心と思っていいでしょう。

LINEで削除したはずの人からメッセージ・LINEゲームの正体が届くのを防ぎたい

LINEで削除したはずの人からメッセージ・LINEゲームの正体が届く、というのにストレスを感じる人がいるかもしれません。

このような場合、相手を削除するときに『ブロックしてから削除』することをオススメします。

相手のLINEアカウントを削除するには

  • 非表示にしてから削除
  • ブロックしてから削除

の2パターンがあります。

基本的には後者がメジャーなのですが、相手を非表示にしてから削除する人もいます。『非表示にしてから削除』と、『ブロックしてから削除』ではメッセージが受信できるか否かの違いがあります。

『ブロックしてから削除』は相手のアカウントを削除後もブロックした状態と同様の状態が続くのでメッセージが受信されません。

一方で、『非表示にしてから削除』はブロックではないためメッセージが受信されてしまうのです。

一度ブロックした相手を、バレずに再追加したい

ただブロックしただけであれば、以下の方法でブロックを解除することができます。

  1. 『友だち』の画面左上の設定アイコンをタップします。
  2. 友だちをタップします。
    友だちをタップ
  3. ブロックリストをタップします。ブロックリスト
  4. ブロックしているユーザーの右に表示されている『編集』をタップします。
    編集をタップ
  5. ブロック解除をタップします。
    ブロック解除

ブロックをしても、解除しても、相手にはそのことが通知されないのでブロックしたこと、していたことがバレる心配はありません。

まとめ

今回はLINEのブロックする方法やされたときの見え方、復元方法などをご紹介しました。

特にトーク履歴を削除するときはiCloudでのバックアップを忘れず行うようにしてください。

「バックアップすることで誰かに見られるのでは?」と不安に思う方もいると思いますが、これまでのトーク履歴はバックアップなしだと復元することができません。

それで困らないのであれば大丈夫ですが、もし困るようであれば iPhone のセキュリティとLINEのセキュリティ(2段階認証など)を突破しない限り復元した内容を誰かに見られることはありませんので、安心してバックアップを作成してくださいね!

【関連記事】

1件のコメント

  • 下田泰之

    ラインの履歴が消えてしまった場合

コメントを残す