FaceTimeを複数人で行うには?グループ通話の手順を徹底解説

複数人でFaceTimeを利用していて途中からメンバーを追加する方法としては、まずFaceTimeを実行している画面を開きます。そしてFaceTimeの画面から画面下のエリアを上にスワイプしましょう。するとFaceTimeのメニュー項目が表示されます。すると終了やミュートのアイコンが表示されるので、さらに上にスワイプするとメニュー項目がさらに表示されます。

参加者を追加をタップ

上にスワイプしてメニュー項目が表示されたら、その中から参加者を追加の項目を探してください。基本的にはメッセージをやり取りする項目か参加者を追加する項目しかないので迷わないと思います。「+参加者を追加」をタップすると参加させたいメンバーを入手する画面が表示されます。

宛先に名前を入力し、追加

メンバーを追加する画面が表示されたら、複数人でやっているFaceTimeに途中参加させたいメンバーを連絡先から探します。なので事前に途中参加させたいメンバーを連絡先アプリに登録させておく必要があります。連絡先アプリに登録されていないメンバーはFaceTimeに参加させることができないので注意してください。参加させたいメンバーを入力できたら、「参加者をFaceTimeに追加をタップすれば完了です。

【FaceTimeを複数人で行うには?】FaceTimeでグループ通話に招待された場合

複数人でグループ通話をする際は相手からFaceTimeのグループ通話の申請が送られてくる場合もあります。自分がFaceTimeのグループ通話に招待された場合はどのような手順でさんかすればいいのでしょうか。ここでは複数人でFaceTimeのグループ通話をしているメンバーからグループ通話の招待連絡を受けた際の対応手順についてチェックしていきます。

通知をタップし、開いた画面から参加

FaceTimeのグループ通話の招待連絡が来た場合は、FaceTimeのアプリケーションで通知オンにしているiPhone端末に通知が表示されます。参加される場合はその通知をタップしましょう。するとFaceTimeのアプリケーションが起動されミュートや反転などのアイコンが表示されるので、その中から参加をタップすればFaceTimeにさんかすることができるようになっています。

【FaceTimeを複数人で行うには?】FaceTimeが発信・着信できない原因

複数人でFaceTimeでグループ通話に招待する方法や参加する方法について紹介してきましたが、実際に複数人でグループ通話を開始しても途中で発信が途切れてしまったり、発信できない場合があります。ここでは複数人でFaceTimeをする場合に発信・着信できない原因について紹介していきます。原因がわかれば対処法がわかるので是非試してみてください。

iOS12.1以上でないと通話できない

複数人でFaceTimeをする場合に自分だけが発信・着信できない原因としてはiPhoneのバージョンが古いことが原因のときがあります。iPhoneでFaceTimeを利用するにはiOSを12.1以上にアップデートしておく必要があります。なので特に理由がない限りは、定期的にiPhoneのバックアップをしておくことをおすすめします。iOSをアップデートすることで脆弱性を防ぐこともできるのでウィルス対策にも繋がります。

インターネット接続ができていない・環境が悪い