iPadでLINE通話の手順を解説!声が聞こえない時の対処法

ども、Apple Geekです!今回は iPad / iPhone で LINE 通話する方法と相手や自分の声が聞こえない不具合の対処法をご紹介していきます。

本来iPadは通話に対応していませんが、アプリを使えば通話ができるようになります。

⇒iPad一般回線と通話する方法はこちら

iPhone で LINE 通話ができるのはご存知だと思いますが、 iPad で LINE 通話ができることをご存知の方は少ないと思います。

現在は iPad でも LINE をインストールしてアカウント登録できていれば LINE 通話はできるので、ぜひ実践してみましょう!

iPadでLINEにログインする方法

そもそもiPadでLINEにログインする方法がよく分からない!という人のためにiPadでLINEにログインする方法を簡潔にお伝えします。

まず事前準備として、iPhoneで使用しているLINEアカウントにメールアドレスとログインパスワードを設定するところから始めます。

1.iPhoneでLINEの設定を開き「アカウント」をタップ

2.アカウントを開いたら、「メールアドレス」と「パスワード」の項目に任意のメールアドレスとログインパスワードを設定する。

3.iPadでLINEを開き先ほど設定した「メールアドレス」と「パスワード」でログインできます。

 

iPad / iPhone /iPod Touchで LINE 通話する方法

iPad も iPhone もiPod TOUCHも LINE 通話する方法は表示は若干異なるものの、ほとんど同じですので一緒に説明していきます。

iPadにLINEをインストールしてアカウント登録する方法はこちら

LINEの初期設定方法はこちら

自分から通話する(電話をかける)場合

1. LINE アプリを起動し、友達リストから通話したい相手をタップします。

2.音声通話のアイコンをタップします。

3.相手を呼び出しています。相手が応答すれば通話が繋がります。

iPad やiPod Touchの場合、スピーカーでの通話になるため音質はあまり良くないため、マイク付きイヤホンの使用をおすすめします。

相手の通話に応答する(電話がかかってきた)場合

1.相手から着信があった場合は「スライドで応答」で受話器をとることができます。

2.通話を終了する場合は「バツ証」をタップします。

iPad の LINE 通話で自分や相手の声が聞こえない時の対処法

LINE 通話の際に自分や相手の声が聞こえない不具合は iPad だけでなく iPhone やスマホ端末などでも起こっています。

その要因は、iOS7以降のアップデートで追加されたプライバシー項目が関係しています。

実は、 iOS 7からアプリがマイクを使用するためにアクセスを許可する設定が必要になったのです。つまりバグではなくて、単にセキュリティレベルがあがっただけですね。

LINE 通話で声が聞こえない問題が起きている場合は以下の対処方法を試してみましょう。

プライバシー設定でアクセスを許可する

1.ホーム画面から設定をタップし「プライバシー」をタップし「マイク」をタップ。

2. LINE の表示をオンにする。

 

この設定がオフになっているとマイクへのアクセスができないので、オンにして灰色から緑の状態にしておきましょう。

iPad やiPod touchの通話にはマイク付きイヤホンが便利!

iPad やiPod touchに関しては、元々通話機能に対応していないためスピーカーでの通話になってしまうので、通話するためにはマイク付きイヤホンが必要になります。

そこでおススメするのが、PLANTRONICSのBluetoothワイヤレスヘッドセットです。

非常に高い評価を得ていて、周囲の雑音を気にせず快適に通話することが可能です。価格はAmazonにて4000円代からあります。

品番:Marque2 M165

Amazonはこちら

まとめ

関連する記事

コメントを残す