Twittercの使い方とは?アプリを使わない録音方法も

Twitterの音声ライブ配信機能スペースで、ホスト(スペースの配信者)が録音機能を使えるようになりました。

今回は、Twitterスペースの録音機能の使い方をご紹介します。また、Twitterアプリを使わないスペースの録音方法も紹介します。

アプリ標準搭載Twitterスペース録音機能の使い方まとめ

Twitterのスペースを録音したい場合、スペースの配信者であるホストは、アプリ標準搭載の録音機能を使って音声データを聞くことが可能です。

ここではTwitterスペースの録音機能の使い方を解説します。

Twitterスペースの音声データを録音する方法

ホストがTwitterのスペースを録音したい場合、スペースを開始する際に以下の手順を踏めばOKです。

 

①スペースの投稿画面を開く

②画面右下の「+」ボタンを長押し

③スペースのアイコンをタップ

④「スペースを録音する」をオンにする

⑤注意事項を読みOKをタップ

⑥スペースを開始する

 

スペースの画面右上に「●REC」と表示されていたら録音されている状態なので、そのままスペースの配信を続けてOKです。他のユーザーにスペースを共有しましょう。

録音したTwitterスペースのアーカイブを聞く方法

録音した音声データは、終了したスペースのツイートで[録音を再生]ボタンを押すことで聞くことができます。また、通知タブからも録音再生が可能です。

音声データの編集、他ユーザーへのシェア、再生速度の変更、15秒送り等の機能も録音再生時に使うことができます。

Twitterスペースを録音し忘れたらどうする?

ホストがTwitterのスペースを録音し忘れた場合、Twitterのアーカイブデータをダウンロードすることで過去のスペースの音声データを再生することができます。

ただし、録音データのダウンロードにはTwitterにリクエストを送る必要があり、時間と手間がかかります。リクエストが承認されるまでに1日~数日かかるので、録音データが必要な時は余裕を持ってダウンロードしてください。

Twitterスペースの録音データ(アーカイブ)をダウンロードする方法