iPhone着信拒否の相手側アナウンスやメッセージの内容は?

ドコモの『迷惑電話ストップサービス』

ドコモを利用しているユーザーは、「迷惑電話ストップサービス」を利用することができます。

料金は無料で、指定した番号や最後に通話した番号からの着信をできなくするサービスです。

圏外や電源を切っている時でも大丈夫で、非通知番号にも対応しています。

設定した番号からの着信は履歴に残りません。

ただし最大30件のみ拒否できます。

サービスを利用するには「144」に電話し連絡するか、「お客さまサポート」で設定する必要があります。

解除する時も同様に「144」に電話し連絡します。

ドコモの迷惑電話ストップサービス

ソフトバンクの『ナンバーブロック』

ソフトバンクを利用しているユーザーは、『ナンバーブロック』サービスが利用でき『iPhone基本パック』ユーザーは無料です。

しかし、加入していなければ月額100円の利用料金が必要となります。ナンバーブロックに加入するには、マイソフトバンクからアクセスします。

電話番号の登録は「144」に電話し、拒否したい電話番号をキーパッドで入力し行います。

ただし登録可能な電話番号は最大20件となります。

また拒否するためには電話番号の把握が必要なので、迷惑電話を一旦受信し通話するか、応答保留などで履歴に残す必要があります。注意して欲しいのは「留守番電話サービス」の接続は、応答したことにはならないということ。

解除する時も同様に「144」に電話し、案内に従ってください。

ソフトバンクのナンバーブロック

auの『迷惑電話撃退サービス』

auユーザーは『迷惑電話撃退サービス』を利用することができます。

『電話きほんパック』に加入していれば無料ですが、それ以外のユーザーは月額100円の利用料金がかかります。

迷惑電話撃退サービスに加入するには、auお客さまサポートから申し込みます。

電話番号を登録は、電話を着信した後「1412」に電話し行います。

次回から着信後「1412」に発信した電話からかかってくると、着信しません。

iPhoneでは、電話に出なくても直前の着信電話番号を登録できます。

ただし『設定』アプリのモバイル通信設定で、音声通話およびデータを選択しているときのみ可能です。

このとき電話番号は30件まで登録できます。

モバイル通信設定で『オフまたはデータ通信時のみ』を選択している場合は、着信した電話に一度出てる必要があります。

このときは、登録可能な電話番号は10件だけになります。

auの迷惑電話撃退サービス

着信拒否設定で相手に流されるアナウンス(docomo・ソフトバンク・au)

docomoの場合

「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」

「お客様のご要望により、お繋ぎすることができません」

ソフトバンクの場合

以下のフレーズのいずれかを選ぶことができます。

「こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。」

「この電話はお受けできません。」

「せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。」

「こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。」

「この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。」

「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。」

「この電話はお繋ぎすることができません。」

「電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。」

「This is SoftBank. By the customer’s request, this call can not be completed.」

auの場合

コメントを残す