Privatter(プライベッター)の投稿と機能の使い方をご紹介

プライベッターの使い方や文章や画像の投稿の仕方が知りたいという人は多いのではないでしょうか。プライベッターではどのような機能が使えるのか、使うときはどのような準備が必要なのか、また画像や文章が投稿できないときの対処法を紹介します。

Privatter(プライベッター)を使用する前の準備

プライベッターというものを知っていますか?プライベッターとはツイッター上に載せるのは抵抗があるものを載せられるサービスです。プライベッターでは通常のツイッターと同じように、画像や文章を投稿できる機能があります。そんなプライベッターの使い方を紹介していきますので、使い方を知って文章や画像を投稿したり、どんな機能がプライベッターにあるのか知りたいという人はぜひプライベッターの使い方を学んでみましょう。

IDとパスワードを忘れずに

プライベッターの使い方を学んで文章や画像を投稿する前に、アカウントIDやパスワードを準備しておきましょう。準備が整っていないと、プライベッターの使い方を知ることができないので、アカウントIDとパスワードはメモをして準備を整えましょう。その際IDとパスワードは人目に触れないような場所に保管しましょう。

【プライベッターを使用する前の準備】①ホームページにアクセス

使い方を学んで文章や画像を投稿する前に、ホームページにアクセスしましょう。プライベッターと検索すると、検索結果の一番上にプライベッターの公式サイトが表示されます。まずはこのホームページにアクセスしないことには、使い方を知ることはできません。使い方は、公式ホームページを見るとだいたい知ることができますが、より詳しい使い方を知りたい人は、これから紹介する使い方をぜひ参考にしてみてください。

スムーズに使えるようにする

プライベッターに画像や文章を投稿するために、使い方を知って、ホームページをスムーズに使いましょう。ホームページにアクセスすると、様々な表示が出てきますが、安心してください。プライベッターの使い方を学べば、スムーズにプライベッターに画像や文章を投稿することができるので、プライベッターの詳しい使い方を学びましょう。

【プライベッターを使用する前の準備】②Twitterの連携を行う

プライベッターの使い方を学ぶ前に、まずはプライベッターとツイッターアカウントを連携させてください。プライベッターのサイトにアクセスすると、連携アプリを認証という青いボタンがあります。その上に、ユーザー名、メールアドレスを入力するボックスとツイッターのパスワードを打ち込むボックスがあります。そこに自分のID、またはメールアドレス、そして下のボックスにパスワードを打ち込んでください。

連携できないときは確認

プライベッターの使い方を学ぶ前にまず連携させることが第一です。IDとパスワードを正確に打ち込んでから、連携アプリを認証するボタンを押すと、プライベッターとツイッターを連携することができます。連携できないときの対処法として、ID、またはメールアドレスやパスワードが正確かどうかを確認するという対処法を試してみてください。

Privatter(プライベッター)の使い方【テキストを投稿する】

いよいよプライベッターの使い方を、本格的に学んでいきましょう。まずはテキストの投稿の仕方です。プライベッターでは、ツイッター上に載せるには抵抗がある、自分が思ったことを書いて載せることができます。例えば今自分が考えている物語のプロットだったり、日々の愚痴だったり、表で呟いたら少し波紋を呼びそうなものだったりと様々なことを書くことができますが、特定の人を貶めるようなことを書くのは絶対にやめましょう。

誰かを故意に傷つける書き込みはやめる

テキストを投稿するときは難しいことはないので、プライベッターで気軽に文章を投稿してみましょう。誰かを傷つけたりする可能性がある場合は、公開範囲を指定することができます。しかし、名指しでの誹謗中傷をするのは相手も自分も傷つくことになりますのでやめてください。書く内容をきちんと確認して、投稿しましょう。

【文章を投稿する場合】①”文章投稿”をクリック

まず書きたい内容をきっちりと決めてから、文章投稿をクリックしてください。文章投稿をクリックすることで、プライベッターに書き込むことができるので、内容を確認してから投稿してください。

【文章を投稿する場合】②タイトル、説明、本文、を追加

文章を投稿したい場合は、まず書いた内容を表すタイトル、説明、そして本文を追加してください。本文は最高でなんと10000文字書くことができるのでたっぷり本文内容を書くことができます。

【文章を投稿する場合】③公開範囲を選択