iPhone着信拒否の相手側アナウンスやメッセージの内容は?

着信拒否されている場合、iPhoneの機能を使用しての着信拒否以外は必ずアナウンスが流れます。

拒否メッセージの種類で判断する

iPhoneで着信拒否している場合のアナウンス

iPhoneで着信拒否されている場合、相手が通話中に電話をかけたときと同じ様に、コール音がかからずに「プー、プー」と鳴ります。

キャリアによる料金も発生しないため、多くの人がこの方法を採用しています。

そのため大体の場合、タイミングを分けてかけてもコール音がかからずに「プー、プー」となる場合は着信拒否されていると考えていいでしょう。

キャリア別着信拒否設定のアナウンス

電話口からのアナウンスで下のメッセージが聞こえた場合は「拒否されている」ことが確定と考えてよいでしょう。

au・ソフトバンクは有料設定となり、アナウンスも耳馴染みがあまりなく拒否感に溢れているので、これが流れた場合はしばらく相手とは距離を取ったほうがよいかもしれません (;’∀’)

docomoの着信拒否設定アナウンス
  • 「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」
  • 「お客様のご要望により、お繋ぎすることができません」
SoftBankの着信拒否設定アナウンス
  • 「こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。」
  • 「この電話はお受けできません。」
  • 「せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。」
  • 「こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。」
  • 「この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。」
  • 「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。」
  • 「この電話はお繋ぎすることができません。」
  • 「電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。」
  • 「This is SoftBank. By the customer’s request, this call can not be completed.」
auの着信拒否設定アナウンス
  • 「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりおつなぎできません。」
  • 「おかけになった電話をお呼びしましたが、お繋ぎできませんでした」

電源が入っていないときのアナウンス

電源が入っていないときのアナウンスは耳馴染みですね。

「おかけになった電話は、電波の届かない場所にある、または電源が入っていないためかかりません。」

おやすみモードのときのアナウンス

iPhoneがおやすみモード☽の場合、通話中に電話をかけたときと同じ様に、コール音がかからずに「プー、プー」と鳴ります。

着信拒否のときと同じなので、相手がおやすみモードなのか、着信拒否しているのか、もしくは本当に話し中なのかはわかりません。 

圏外のときのアナウンス

圏外の時のアナウンスは電源が入っていない(または充電器れ)の時と同じアナウンスです。

「おかけになった電話は、電波の届かない場所にある、または電源が入っていないためかかりません。」

まとめ

いかがでしたか?

着信拒否の設定を行う際は、必ず解除の仕方も踏まえて覚えておく様にしましょう。

キャリア別着信拒否のやり方は、正直めんどくさいしキャリアによっては利用料金が発生してしまいます。

またキャリアの着信拒否サービスを利用すれば、相手がかけてきた際に受け取るメッセージから「着信拒否されているんだな」とあからさまです。

ますます人間関係を悪化させてしまう危険性もあるので、iPhoneの着信拒否機能がオススメです。

話し中のときとアナウンスが変わりませんし、何より無料かつ簡単に設定できます。

やり方に困っている方がいたら、ぜひ教えてあげてください!😊😊😊

【関連記事】

コメントを残す