『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』エラーの解消手順

Windows10に表示されてしまう『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』。

このエラーが表示されているとWindows10を利用することができません。

そこで今回は『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』について見ていきます。

「リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません」エラー時の対処手順

では『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』の対処手順をご紹介します。

【手順1】ブラウザのキャッシュの削除

まず『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』の対処方法はブラウザのキャッシュを削除する方法です。

InternetExplorer

InternetExplorerの場合は

  1. 「ツール」→「閲覧の履歴」→「削除」をクリック
  2. インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」にチェックを入れる
  3. 「削除」をクリック

でOK。

MicrosoftEdge

MicrosoftEdgeの場合は

  1. 「設定」→「プライバシー、検索、サービス」→「閲覧データをクリア」をクリック
  2. クリアするデータの選択」→「閲覧データをクリア」をクリック
  3. 時間の範囲」→「キャッシュされた画像とファイル」をクリック
  4. 「今すぐクリア」をクリック

でOK。

GoogleChrome

GoogleChromeの場合は

  1. メニューアイコンをクリック
  2. 「設定」→「詳細設定を表示」→「プライバシー」をクリック
  3. 閲覧履歴データの消去」で「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れる
  4. 期間を決める
  5. 閲覧履歴データをクリアする」をクリック

でOK。

Firefox

Firefoxの場合は

  1. メニューアイコンをクリック
  2. 「プライバシーとセキュリティ」→「Cookieとサイトデータ」→「データを消去…」をクリック
  3. ウェブコンテンツのキャッシュ」にチェックを入れる
  4. 「消去」をクリック

でOK。

【手順2】WindowsのIPアドレスの再取得

次はWindowsのIPアドレスの再取得をする方法です。

上記でプロキシ無効を実行しても解決しない場合は、IPアドレスに問題があることがあります。

そのためWindows10に割り当てられているIPアドレスのエラーを解消させる必要があります。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「Windows PowerShell(管理者)」で「ipconfig /release」を実行
  3. ipconfig /renew」を実行
  4. ウィンドウを閉じる
  5. PCの再起動

でOK。

最後にネットワーク診断を行いエラーが解消されたかどうかを判断するようにしてください。

【手順3】プロキシの無効化

次の『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』の対処方法はプロキシの無効化をする方法です。

PCのプロキシに問題がある場合も、表示が出ることがあります。

ブラウザ設定から無効化

まずはブラウザ設定から無効化する方法です。

ブラウザは

  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • IE

の3つがあります。

まずEdgeの場合は

  1. メニューアイコンをクリック
  2. 「設定」→「詳細設定」→「プロキシセットアップを開く」をクリック
  3. Windowsアイコンをクリック
  4. 「ネットワーク接続」→「プロキシ」をクリック
  5. 「手動プロキシセットアップ」→「プロキシサーバを使う」をOFFにする

でOK。

Google Chromeの場合は

  1. メニューアイコンをクリック
  2. 「設定」→「詳細設定」→「システム」をクリック
  3. 「パソコンのプロキシ設定を開く」をクリック
  4. Windowsアイコンをクリック
  5. 「ネットワーク接続」→「プロキシ」をクリック
  6. 「手動プロキシセットアップ」→「プロキシサーバを使う」をOFFにする

でOK。

IEの場合は

  1. メニューアイコンをクリック
  2. 「インターネットオプション」をクリック
  3. Windowsアイコンをクリック
  4. 「ネットワーク接続」→「プロキシ」をクリック
  5. 「手動プロキシセットアップ」→「プロキシサーバを使う」をOFFにする

でOK。

インターネットオプション設定で無効化

次はインターネットオプション設定で無効化する方法です。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「Windowsシステムツール」からコントロールパネルを開く
  3. 「ネットワークとインターネット」→「インターネットオプション」をクリック
  4. 「接続」→「LANの設定」→設定を自動的に検出する」にチェックを入れる
  5. 「LANにプロキシサーバーを使用する(これらの設定はダイアルアップまたはVPN接続には適用されません)」のチェックを外す
  6. 「OK」をクリック

でOK。

Windows設定で無効化

次はWindows設定で無効化をする方法です。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「ネットワーク接続」→「プロキシ」をクリック
  3. 「手動プロキシセットアップ」→「プロキシサーバを使う」をOFFにする

でOK。

【手順4】WindowsのIPv6設定の無効化

次の『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』の対処方法はWindowsのIPv6設定の無効化をする方法です。

Windows10の設定上、IPv6の設定をしていると『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』が表示されてしまうことがあります。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「ネットワーク接続」→「アダプターのオプションを変更する」をクリック
  3. 「ネットワーク接続」→「ネットワークアダプター名」→「プロパティ」をクリック
  4. 「この接続は次の項目を使用します」で「インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」のチェックを外す
  5. 「OK」をクリック

でOK。

最後にネットワーク診断をして『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』が解消されたかどうかを判断しましょう。

【手順5】セキュリティソフトのファイアウォールの停止

次の『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』の対処方法はセキュリティソフトのファイアウォールの停止をする方法です。

ブラウザに導入しているセキュリティソフトが原因で、『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』が表示されてしまうことがあります。

結果、セキュリティソフトを停止する方法もありますがファイアウォールを停止する方法でも『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』を解決することができます。

特にサードパーティー製のソフトを利用している場合は、インジケーターから停止するようにしましょう。

またセキュリティソフトによっては停止方法が異なるため、HPを確認しておくようにしましょう。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windowsセキュリティ」をクリック
  3. 「ファイアウォールとネットワーク保護」→「ドメインネットワーク」をクリック
  4. 「Microsoft Defenderファイアウォール」をOFFにする

  • プライベートネットワーク
  • パブリックネットワーク

の2つの「Microsoft Defenderファイアウォール」をOFFにしましょう。

最後にネットワーク診断を行い『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』が解消されているかどうかを確認するようにしましょう。

またセキュリティソフトをOFFにすることで『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』が解消できた場合は、設定を再度変更しておくようにしましょう。

設定の変更で

  • いらない機能の搭載
  • 制限がかかりすぎている

などが原因で『リモートデバイスまたはリソースが接続を受け付けません』が再発してしまうことがあります。

以上の方法でも解決しない場合は、

  • Windows10の初期化
  • アップデート

などをすることも検討しましょう。

Windowsイベントビューアーの操作方法