iPhoneアプリのLINEスタンプ作り方と販売しないで使う方法

この記事は約 7 分で読むことができます。

iPhoneでLINEスタンプを作成する手順からLINEで使うまでの手順が分かります。登録方法から販売、売らずに自分だけで使う手順も詳しく解説!写真や手書き風に加工できる無料おすすめアプリも紹介しています。

LINEスタンプの作り方から利用までの流れ

自作のラインスタンプを作成する方法は、簡単にまとめると

チェックポイント!

  1. LINEクリエイターズに登録
  2. LINEスタンプを作る
  3. LINEスタンプのダウンロード

のようになります。
つずつ注意点や操作方法などを確認していきましょう。

LINEクリエイターズに登録

LINEスタンプを作成し、登録するためにはLINEクリエイターズと呼ばれるサービスに登録する必要があります。

とはいうものの、登録自体はとても簡単で無料です。

iOS版では「App Store」からLINE Creators Studioをダウンロードします。

LINE,スタンプ自作

ダウンロードした後に、アカウント登録を行います。

LINEのアカウントがあれば簡単に登録できます。

LINE,スタンプ自作

右上の歯車マークをタップして、ログインをタップ。

LINEが開くので利用規約に同意してください。

LINE Creators Marketにメールアドレスなどのユーザー情報を登録後、メールアドレスに届く認証メールに記載されているURLをタップして登録完了です。

登録が完了した後にLINE Creators Studioアプリに戻り、マイページを開きます。

クリエイター名を登録して、準備完了です。

ただしこのクリエイター名は英名必須となっています。

LINEスタンプを作る

次に実際に使用するスタンプを作成していきます。

アプリを開いて最初の画面に表示されている「新しいスタンプをつくる」をタップします。

表示された画面に使用する画像を追加していきます。

LINE,スタンプ自作

使用する画像のトリミングや透過処理などはこのアプリでできるので、非常に簡単にアプリを作れます。

ただし使用する画像の編集は事前に済ませておいたほうが、簡単ですし後で編集するときもスムーズです。

他アプリなどを使って編集してから、LINE Creators Studioアプリに登録することをオススメします。

iPhoneの無料アプリで簡単作成!LINEスタンプの作り方をご紹介。

LINEスタンプのダウンロード

スタンプができたら、次に販売申請を行います。

この販売申請には最低でもスタンプが8つ必要なので、注意してください。

8つ以上登録すると、販売申請がタップできるようになります。

販売するすべてのスタンプにチェックを入れ、メイン画像を選択すれば完了です。

最後に販売情報の入力画面に記入をしていきます。

チェックポイント!

  • タイトル
  • 説明文
  • 写真が使用されているスタンプかどうか
  • 販売価格
  • プライベート設定
  • コピーライト
  • 販売エリア
  • テイストカテゴリ
  • キャラクターカテゴリ

を入力します。

ただし注意して欲しいのは最低120円(50コイン)からしか販売できないという点です。

現時点では無料で販売できないので、友達や家族間のみで使用するスタンプだとしても購入する必要があります。

またプライベート設定で『ショップ非公開』を選ばないと、一般に公開されてしまうので友人間のみで使用するようなプライベートな写真を使っている場合は注意してください。

必要事項を記入したら、プレビュー画面が表示されるので希望通りになっているか最終チェックを行います。

その後利用規約に同意するとリクエスト申請が送信されます。

すると「審査待ち」と表示されますが、しばらく経つと「審査中」に変わり、通常そこからおよそ1週間程度で結果が出ます。

審査結果はLINEとメールアドレス両方に届きます。

LINEスタンプを販売しないで自分で使う方法

申請が許可されたLINEスタンプは、申請済みリストに「承認」と表示されています。

そのスタンプをタップして、『リリース』を押して注意事項を確認すれば販売されます。

プライベート設定で『ショップ非公開』を選択したとしても、あくまで販売になることは注意しておきましょう。

もちろん販売申請したLINEスタンプを、自分で使うことも可能です。

ただし作成者が自分でも、購入する必要があります。

友人間でシェアする場合は、スタンプ販売ページのURLを送ることで『ショップ非公開』でもシェアできるようになります。





iPhoneでLINEスタンプ作成できるおすすめアプリ

ラインスタンプを作成するにあたって、使用する写真や画像の編集・加工ができる便利なアプリをご紹介したいと思います。

iPhoneで作る写真LINEスタンプ

iPhoneアプリ『Phonto』を使用すると、簡単にラインスタンプのような写真を作成することができます。

このアプリは指定した画像に文字入れをおこうなもので、400種類以上のフォント&40種類の日本語フォントの中から好きなフォントを写真に入れることができます。

LINE,スタンプ自作

手書きスタンプをiPhoneで作れるおすすめアプリ

iPhoneアプリ『ibis Paint x』は無料で利用できるとは思えないほど、高クオリティーなイラストアプリになります。

スマホ上で直感的に使えるためデジタルイラスト初心者にもオススメです。

しかし今回はこのイラスト作成機能を使うのではなく、実際に手書きしたイラストをスタンプにしていく方法をご紹介いたします。

まずは白い紙に、スタンプにしたいイラストをなるべく濃く書いておきましょう。

完成したらiPhoneで撮影し、iPhoneのカメラロールのなかに保存しておきましょう。

次にアプリを起動して最初に表示される画面で、マイギャラリー>LINEスタンプの順にタップ。

初期設定でLINEスタンプに適切な画像サイズがあるので、非常に取り掛かりやすくなっています。

キャンパスが開けたら、右から2番目にあると書いてあるアイコンをタップ。

レイヤーウィンドウを開いたら左下のカメラマークを押し、フォトライブラリの中から先ほど撮影した手描きイラストの画像を選択してください。

LINE,スタンプ自作

挿入した画像がキャンパスサイズに収まるように調整したら、右下に表示されているチェックマークをタップします。

すると「線画抽出」を行うメッセージが表示されますので、OKをタップして線画抽出を行いましょう。

このときイラストのコントラストや色の濃淡などを編集できます。

黒側の数値はそのままで、白側を下げていくと線がくっきり見えるきれいな白黒のイラストが出来上がるので、モノクロ調のイラストをスタンプにしたい方は覚えておくといいでしょう。

完成したらチェックマークをタップし、消しゴムツール等で細かな点を修正してください。

注意としてはこのキャンパスの背景は透過処理が施され、後ろが透けて保存されます。

そのため白色にしたい部分がある場合は、あらかじめ塗っておきましょう

無料でLINEスタンプが作れるおすすめアプリ

iPhoneアプリ『MomentCam』を使うと、自分の顔をまるでLINEスタンプのようなイラスト調にすることができます。

使い方はとても簡単、起動して写真を選択して、イラストの雰囲気を選ぶだけ。

jpeg形式の静止画やgif形式のアニメーションで保存することができるので、LINEなどのSNSでそのまま使用することができます。

ただし注意点というよりデメリットとして、課金した有料版でないと保存時にロゴマークが記載されてしまいます。

と言ってもロゴが記載されるのは、作成したイラストの下部なのでLINEスタンプを作成する前にトリミングしてしまえば問題はありません。





まとめ

いかがでしたか、今回はiPhoneでラインスタンプを作成する方法についてご紹介しました。

確かにLINEスタンプを作成するのは手間がかかりますが、その分使うたびに愛着が持てるスタンプになることは間違いありません。

また自分好みのイラストが使える点や、使い勝手に合わせたオリジナリティー溢れるスタンプが作れるのでより一層友達や家族とのコミュニケーションが楽しくなることでしょう。

普通の写真をLINEスタンプのサイズに加工するのも悪くはないですが、どうせなら是非画像加工アプリなどを駆使して唯一無二のLINEスタンプを作成してみてください。

以上、「iPhoneでLINEスタンプを作ろう」でした。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す