【iPhone】LINEスタンプの作り方!販売しないで使う方法も解説!

iPhone で LINE スタンプを作成する手順から LINE で使うまでの手順が分かります。登録方法から販売、売らずに自分だけで使う手順も詳しく解説!写真や手書き風に加工できる無料おすすめアプリも紹介しています。

まずは確認! LINE スタンプの作り方から利用までの流れ

自作のラインスタンプを作成する方法は、簡単にまとめると

チェックポイント!

  1. LINE クリエイターズに登録
  2. LINE スタンプを作る
  3. LINE スタンプのダウンロード

のようになります。
つずつ注意点や操作方法などを確認していきましょう。

LINE クリエイターズに登録

LINE スタンプを作成し、登録するためには LINE クリエイターズと呼ばれるサービスに登録する必要があります。

とはいうものの、登録自体はとても簡単で無料です。

iOS版では「App Store」から LINE Creators Studioをダウンロードします。

LINE,スタンプ自作

ダウンロードした後に、アカウント登録を行います。

LINE のアカウントがあれば簡単に登録できます。

LINE,スタンプ自作

右上の歯車マークをタップして、ログインをタップ。

LINE が開くので利用規約に同意してください。

LINE Creators Marketにメールアドレスなどのユーザー情報を登録後、メールアドレスに届く認証メールに記載されているURLをタップして登録完了です。

登録が完了した後に LINE Creators Studioアプリに戻り、マイページを開きます。

クリエイター名を登録して、準備完了です。

ただしこのクリエイター名は英名必須となっています。

LINE スタンプを作る

次に実際に使用するスタンプを作成していきます。

アプリを開いて最初の画面に表示されている「新しいスタンプをつくる」をタップします。

表示された画面に使用する画像を追加していきます。

LINE,スタンプ自作

使用する画像のトリミングや透過処理などはこのアプリでできるので、非常に簡単にアプリを作れます。

ただし使用する画像の編集は事前に済ませておいたほうが、簡単ですし後で編集するときもスムーズです。

他アプリなどを使って編集してから、 LINE Creators Studioアプリに登録することをオススメします。

iPhoneの無料アプリで簡単作成!LINEスタンプの作り方をご紹介。

LINE スタンプのダウンロード

スタンプができたら、次に販売申請を行います。

この販売申請には最低でもスタンプが8つ必要なので、注意してください。

8つ以上登録すると、販売申請がタップできるようになります。

販売するすべてのスタンプにチェックを入れ、メイン画像を選択すれば完了です。

最後に販売情報の入力画面に記入をしていきます。

LINE スタンプの申請をするときのチェックポイント

  • タイトル
  • 説明文
  • 写真が使用されているスタンプかどうか
  • 販売価格
  • プライベート設定
  • コピーライト
  • 販売エリア
  • テイストカテゴリ
  • キャラクターカテゴリ

を入力します。

ただし注意して欲しいのは最低120円(50コイン)からしか販売できないという点です。

現時点では無料で販売できないので、友達や家族間のみで使用するスタンプだとしても購入する必要があります。

すると「審査待ち」と表示されますが、しばらく経つと「審査中」に変わり、通常そこからおよそ1週間程度で結果が出ます。

LINE のスタンプが承認されるとリリース!

申請が許可された LINE スタンプは、申請済みリストに「承認」と表示されています。

そのスタンプをタップして、『リリース』を押して注意事項を確認すれば販売されます。

プライベート設定で『ショップ非公開』を選択したとしても、あくまで販売になることは注意しておきましょう。

もちろん販売申請した LINE スタンプを、自分で使うことも可能です。

ただし作成者が自分でも、購入する必要があります。

友人間でシェアする場合は、スタンプ販売ページのURLを送ることで『ショップ非公開』でもシェアできるようになります。

iPhone で LINE スタンプ作成できるおすすめアプリ

ラインスタンプを作成するにあたって、使用する写真や画像の編集・加工ができる便利なアプリをご紹介したいと思います。

Phonto

コメントを残す




CAPTCHA