QuicktimeはWindows10でも使える?代替ソフトも紹介!

windowsでQuicktimeを利用している人はいますでしょうか。windowsのユーザであれば、今までQuicktimeを利用している人が多くいるかもしれませんが、Quicktimeを利用することは危険があるので、ここでは注意点について紹介します。

Windows用Quicktimeはサポート終了

そもそもwindows10パソコンのQuicktimeとはどのようなツールなのでしょうか。Quicktimeとは、かつてアップルが開発していたマルチメディア技術であり、動画や音声の記録や再生を行うためのソフトウェアとなっています。このQuicktimeを利用することで様々な動画や画像を視聴することができていましたが、実はQuicktimeはサポート終了していることを知っていましたか。ここではwindowsパソコンのQuicktimeがサポート終了していることについて紹介していきます。

Windows用Quicktimeのサポート状況

windows10パソコン用のQuicktimeのサポート状況としては、現在「QuickTime 7 for Windows」のサポート終了が公表されています。なのでもし今までwindows10パソコンで「QuickTime 7 for Windows」を利用していた人はもう「QuickTime 7 for Windows」のソフトウェアに関するサポートを受けることができなくなってしまっています。

Windows用Quicktimeはサポート終了でも使える?

サポート終了した「QuickTime 7 for Windows」のWindows10用のQuicktimeをこれからも利用し続けることはできるのでしょうか。サポート終了している「QuickTime 7 for Windows」は既にWindowsパソコンにインストールしている場合やインストールメディアがある場合は、これからもソフトウェア事態を利用し続けることができます。しかし「QuickTime 7 for Windows」にトラブルがあった際にサポート終了しているので、問い合わせしたりすることができなくなっています。

Windows用Quicktimeを使用するメリットとデメリット

Windows10用のQuicktimeである「QuickTime 7 for Windows」はサポート終了していますが、ソフトウェア自体はこれからも利用し続けることはできます。それではここではWindows10用のQuicktimeである「QuickTime 7 for Windows」をこれからも利用し続けることによるメリット・デメリットについてチェックしてみましょう。サポート終了しているソフトウェアを利用し続けることはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

Windows用Quicktimeを使うメリット

まずはサポート終了しているWindows用のQuicktimeである「QuickTime 7 for Windows」をこれからも利用するメリットとはどのような点なのでしょうか。ずっと「QuickTime 7 for Windows」を利用しているため、これからも利用を検討している人は、是非参考にしてみてください。

使えるコーデックが増える

まずサポート終了しているWindows10用のQuicktimeをこれからも利用し続けるメリットは、使えるコーデックが多い点です。コーデックとは、符号化方式を使ってデータのエンコードとデコードを双方向にできる装置やソフトウェアのことであり、コーデックができる対象が多いと様々ンメディアをQuicktimeを利用して視聴したり、確認することができます。

再生できる動画形式が増える

またWindows10用のQuicktimeが多くの人に利用されている最大の特徴としては、再生できる動画形式がたくさんあるメリットがあるためです。元々はWindows10用のQuicktimeは、動画の視聴用としてwindows10パソコンでも利用されるようになりました。そのため再生できる動画形式(拡張子)が多く、様々なソフトウェアで作成された動画データを視聴することができます。

Windows用Quicktimeを使うデメリット

ここまではWindows10用のQuicktimeである「QuickTime 7 for Windows」のメリットについて紹介してきましたが、サポート終了しているのに様々なメリットがあることはわかって頂けましたでしょうか。しかし一方で「QuickTime 7 for Windows」にはいくつかデメリットもあります。ここでは「QuickTime 7 for Windows」を利用し続けるデメリットについてもチェックしていきます。

インストーラのDLL読み込みに関する脆弱性

サポート終了している「QuickTime 7 for Windows」を利用し続けるデメリットとしては、セキュリティ面で危険がある点です。「QuickTime 7 for Windows」のインストーラのDLL読み込みで脆弱性があると発表されています。この脆弱性が原因で自分のパソコンがウィルス感染したり個人情報が流出する可能性もあり大変危険です。

2件のゼロデイ脆弱性

またインストーラのDLL読み込み以外にもサポート終了している「QuickTime 7 for Windows」には、2件のゼロデイ脆弱性があることもわかっています。この2つの脆弱性を含めて「QuickTime 7 for Windows」はサポート終了していることから修正も行われていないため、デメリットが大きすぎるから「QuickTime 7 for Windows」を使い続けることはおすすめできません。

サポート終了のWindows用Quicktimeの導入方法