GameGuardianとは?使い方やわかりにくい用語を解説

データを合法的に改ざんすることができるアプリGameGuardian。GameGuardianを使えばオフラインゲーム限定ではありますがデータを改ざんすることができます。そこで今回はGameGuardianの使い方わかりにくい用語を解説します。

GameGuardianって何?

まずはGameGuardianについて解説します。

GameGuardianはAndroidのゲームコンテンツを合法的に改ざんし、数値などを変更することができるアプリです。

一般的に改ざんアプリは違法なものが多いですが、GameGuardianは合法的に運営されています。

GameGuardianはデータ改ざんアプリ

ゲームアプリの中で、様々なシーンでGameGuardianは役立ちます。

例えば、ガチャを引くための課金アイテムをGameGuardianを使って改ざんし、無限まで増やすことも可能です。

そのため、課金をせずにステージを進めることができたりレアアイテムを入手することができます。

公式YouTubeチャンネルから使い方も解説されていますのでわからない場合はこちらをご覧ください。

【注意1】オンラインゲームをいじることはできない

ただGameGuardianの注意点として、オンラインゲームをいじることはできません。

オンラインゲームの場合、

  • MMO
  • MOBA
  • BR
  • AAA FPS

などの独自サーバーで計算管理されていますのでGameGuardianを使って数値を改ざんすることはできません。

あくまでGameGuardianで改ざんできるのはオフラインゲームのみです。

【注意2】アンドロイドでしか使用できない

GameGuardianの公式アプリページにもありますが、データ改ざんできるのはAndroidのみです。

iPhoneでGameGuardianを利用することはできません。

【注意3】ゲームはチート対策されている場合がある

またGameGuardianは全てのオフラインゲームの数値を改ざんできるわけではありません。

オフラインゲームサイドでGameGuardianなどのチート対策を講じている場合、GameGuardianを使ってもチートをすることができませんので数値を改ざんすることはできません。

最近のオフラインゲームはGameGuardianのようなチーとアプリの対策をしっかりとしているものが多く、GameGuardianが通用するゲームは少なくなりつつあります。

GameGuardianの使用は完全に自己責任で

さて、ここまでみてGameGuardianを使いたい!と思った方も多いのではないでしょうか。

しかしGameGuardianの使用は完全に自己責任のスタンスです。

ゲーム内容をいじるとBANされることも