アプリケーション

ゼペットは危ないアプリ?使い方や利用する際の注意点を解説

人気のアバター作成アプリ「ゼペット」。アプリ内でユーザー同士がコミュニケーションをするアプリは危ないことが隣り合わせにあると言われています。この記事では、ゼペットが危ないアプリなのかゼペットでできること、使い方などを紹介します。

ゼペットは危ない?利用する場合の注意点

まずはゼペットが危ないかどうかを解説していきます。結論から言うと、ゼペットは危ないアプリではありません。ただ、使い方によっては危ない目に遭うこともあるので注意して使うようにしましょう。

注意点②住所やSNSのIDなどの個人情報の取り扱いには注意

ゼペットに限ったことではありませんが、住所や他のSNSのIDなどの個人情報の取り扱いには注意が必要です。ゼペット内でしか繋がっていないのなら危ないことが起こる前に最悪ゼペットのアカウントを削除すれば対処できます。

住所は伝えないまでも、他のSNSのIDなどを伝えてしまってそこからネットストーカーなどの被害に遭う危険性もあります。SNSのIDなどは簡単に伝えないように注意しましょう。

注意点③怪しいユーザーには注意

あきらさまに怪しいユーザーには注意しましょう。ゼペットは年齢層が幅広いだけではなく、海外ユーザーも使用しています。DMで怪しい勧誘、リンク、暴言など送ってくる場合は、ブロックや通報をして関わらないようにしましょう。

また、ゼペットで年齢性別を偽って登録している人もいるので、注意が必要です。

ゼペットでできること

最初にゼペットが危ないアプリなのかどうかの紹介をしてきました。ここからはゼペットでできることを紹介していいます。

ゼペットとは?

そもそもゼペットとは、自分の似たアバターを作ってアプリ内のユーザーとコミュニケーションをして遊ぶことができるアプリです。

できること①アバターの作成

次のページへ >