ゼペットは危ないアプリ?使い方や利用する際の注意点を解説

人気のアバター作成アプリ「ゼペット」。アプリ内でユーザー同士がコミュニケーションをするアプリは危ないことが隣り合わせにあると言われています。この記事では、ゼペットが危ないアプリなのかゼペットでできること、使い方などを紹介します。

ゼペットは危ない?利用する場合の注意点

まずはゼペットが危ないかどうかを解説していきます。結論から言うと、ゼペットは危ないアプリではありません。ただ、使い方によっては危ない目に遭うこともあるので注意して使うようにしましょう。

注意点①DMなどのやりとりには注意

ゼペットは危ないアプリではありませんが、DMなどのやりとりには注意が必要です。中にはDMで変なリンクを送ってきたり、攻撃的なメッセージを送ってくる場合があります。

直接危ない目には遭う危険性は低いですが、嫌な気分になってしまうかもしれません。危ないと感じるユーザーからDMが来た場合はブロックができるので危ない場合はしっかりと自衛するようにしましょう。

注意点②住所やSNSのIDなどの個人情報の取り扱いには注意

ゼペットに限ったことではありませんが、住所や他のSNSのIDなどの個人情報の取り扱いには注意が必要です。ゼペット内でしか繋がっていないのなら危ないことが起こる前に最悪ゼペットのアカウントを削除すれば対処できます。

住所は伝えないまでも、他のSNSのIDなどを伝えてしまってそこからネットストーカーなどの被害に遭う危険性もあります。SNSのIDなどは簡単に伝えないように注意しましょう。

ゼペットでできること

最初にゼペットが危ないアプリなのかどうかの紹介をしてきました。ここからはゼペットでできることを紹介していいます。

ゼペットとは?

そもそもゼペットとは、自分の似たアバターを作ってアプリ内のユーザーとコミュニケーションをして遊ぶことができるアプリです。

できること①アバターの作成

ゼペットでできるのことの1つ目は、アバターの作成です。自分の写真を撮影すれば自分にそっくりのアバターを自動で作成してくれます。アバターをカスタマイズする有料のアイテムもありますが、無料でも細かな設定ができるので十分に楽しむことができます。

できること②作成したアバターのシェア

関連する記事