iTunesバックアップの場所の変更方法【Mac/Windows】

皆さんはiTunesバックアップの場所の変更方法をご存じでしょうか。

バックアップしたのはいいけど保存した場所を忘れてしまっては意味がないですよね。

そこで今回はMacとWindowsのiTunesバックアップの場所の変更方法を見ていきます。

iTunesバックアップの保管場所を変更する際に必要なもの

ではiTunesバックアップの保管場所を変更する際に必要なものを見ていきます。

このようなエラーが出る場合は用意すべきものが用意できていない場合がありますので注意。

Cドライブ以外のドライブ

まずはCドライブ以外のドライブです。

iTunesのバックアップは基本的にCドライブに保存されます。

ただCドライブの容量が圧迫されておりバックアップ分の容量が入らない場合があります。

その場合はCドライブ以外のドライブに移動させてからバックアップデータを保存する必要があります。

外付けのSSDもしくはHDD

次は外付けのSSDもしくはHDDです。

外付けのSSDもしくはHDDはもしバックアップデータが消えてしまった場合の応急措置として残しておきましょう。

バックアップデータを外付けのSSDもしくはHDDへ移動させ保管しておくんですね。

この場合はHDDなどがおすすめですね。

iTunesバックアップの保存場所

ではiTunesバックアップの保存場所を見ていきましょう。

このようにならないために覚えておきましょう。

Macの場合

まずはMacの場合です。

Macの場合はメニューバーの虫眼鏡アイコンをクリック。

次に「~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/」と入力するかコピーアンドペーストしましょう。

これで「return」キーを押しましょう。

これでMacの場合はOKです。

Windowsの場合

次はWindowsの場合です。

Windowsの場合は「\ユーザー\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\」に保存されています。

他の方法もありスタートボタンをクリックし検索バーに「%appdata%」または「%USERPROFILE%」と入力しましょう。

これで「return」キーを押しましょう。

次に「Apple」か「Apple Computer」>「MobileSync」>「Backup」の順にフォルダをダブルクリックしていきましょう。

iTunesバックアップの保存場所を変更する方法