【TikTok】足跡機能で動画視聴はバレる?履歴の作り方も紹介

SNSを使っていると、投稿した写真や動画などを見た場合に足跡が残っているのかどうか気になるユーザーも多いと思います。今人気のアプリ、TikTokでも同様です。この記事では、TikTok動画を見た際に足跡が残るかどうかや閲覧履歴の確認方法を紹介します。

【TikTok】動画を見ると足跡は残る?

まずは、TikTokの動画を見た場合に、相手に足跡が残るかどうかを解説していきます。

TikTokには足跡機能無し

結論から言うと、TikTokには足跡機能はありません。足跡機能がないので、投稿者は誰が何回見ているのかは知ることができません。

動画を見てもバレない

TikTokには足跡機能がないので、動画を見ても投稿者にバレることはありません。同じ投稿者の動画を繰り返し見てもわからないので、気にすることなく動画を視聴することができます。

動画の閲覧数は見ることができる

TikTokには足跡機能はありませんが、投稿者は対象の動画の閲覧数を見ることはできます。閲覧数は合計なので、誰が何回見ているかはわかりません。

再生回数が増えるのは投稿者としては嬉しいことなので、お気に入りの動画があれば足跡を気にすることなくどんどん視聴しましょう。

【TikTok】動画を視聴したことがバレる場面

TikTokには足跡機能がないので投稿者にはバレないことを紹介しました。ただ、様々なアクションを起こすことで動画を見ていることが投稿者にバレることがあります。ここからは動画を視聴したことがバレる場面について紹介をしていきます。

①コメントをつける

お気に入りの投稿者を見つけて、動画を見ていることを投稿者に覚えてもらいたいと思うと、動画にコメントをするのがおすすめです。

ただ、コメントをすると当然ですが、相手に動画を見ていることが伝わります。動画を見ていることがバレたくないならコメントを残すのはやめましょう。

②「いいね(ハート)」をつける