LINEのオープンチャットで怖い思いをしないための対処法

オープンチャットは怖いのではと言うイメージが抱かれています。安全に参加することができるのか、特定のアカウントを通報することができるのかという疑問を解消するべく、様々なことを調べてきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

オープンチャットで怖いと思う理由

LINEアプリには、オープンチャットという機能があります。オープンチャットとは、通常のLINEのトークはID検索や電話番号検索した友達を追加することでトークをすることができますが、オープンチャットとはそのルームの中に入るだけで、アカウントを追加することなく、不特定多数の人と会話できるというトークルームのことなのです。オープンチャットには様々なトークルームがあり、色々な話を楽しむことができるのです。

自分と同じ考えの人と話せる

オープンチャットではアカウントを知られることなく自分の好きな趣味の話をたくさんの人と話すことができたり、自分と同じような悩みを抱えている人と話すことができます。アカウントを知られないオープンチャットで話した方が自分の話したいことをすらすら話せると言う人も多いので、オープンチャット機能はとても人気な機能なのです。しかし、そんな人気な機能であるオープンチャットは怖いというイメージも持たれているのです。

安全に使用できるの?

オープンチャットはアカウントを他人に知らせることなく安全に参加できるルームですが、オープンチャットは他人にアカウントを教えることがないからこそ信用できないし、安全に参加できるかどうか分からないから怖いと考えている人も多いです。オープンチャットを怖いと思う理由はなんなのか、オープンチャットは本当に怖い場所なのかを解説していくので、アカウントを知られずに会話できるオープンチャットをチェックしましょう。

アカウントがバレるかもしれないのが怖い

オープンチャットが怖いと思われている理由の1つに、アカウントが相手にバレてしまうのではないかという可能性があるからオープンチャットは怖いと言うイメージがついてしまっているのです。しかしアカウントがバレるから怖いと考えている人は安心してください。アカウントがバレて怖い思いをする可能性は、よほどの使い方をしない限りゼロに近いのです。オープンチャットは様々な人が利用する場所なので安心して参加しましょう。

不審なアカウントは通報できる

不特定多数の人がいてその中の1人がアカウントを特定してくるかもしれないから怖いと言う人もたくさんいますが、オープンチャットは怖い人ばかりではなく、優しい人もたくさんいるので怖いと思う必要はありません。オープンチャットでは不審な動きをしたアカウントを通報できる機能もありますので、怖い人がいた場合は通報をしましょう。通報の仕方は後ほど紹介しますので、通報したいと言う人は通報の手順をチェックしましょう。

怖い人が多いかもしれないので怖い

オープンチャットはどうしても不特定多数の人と会話できる場所なので、怖い人も中にはいるのではと心配してしまうと言う人もいるのではないでしょうか。オープンチャットのみならず不特定多数の人と会話ができるというSNSなどのサービスでは、匿名ということを利用して他人に嫌な思いをさせるというアカウントがあるのも事実です。そんな怖い人を少しでも少なくするために、通報という機能があるのでぜひ活用してみてください。

自衛する術を身につけよう

オープンチャット含めたSNSでは、怖い人も少人数いることは確かです。そのような人と関わらないようにするために、事前に自衛することが大事です。しかし、オープンチャットにはそのような人ばかりではないので、オープンチャットでたくさんの人と意見交換をしたいと考えている人は、オープンチャットを利用する際の注意をよく確認してからオープンチャットを正しく利用して、様々な人と意見交換をしてみてはいかがでしょうか。

乗っ取りが怖い

オープンチャットを利用する際に皆が思うのは、アカウントが乗っ取られないかということです。結論から言うと、アカウントが乗っ取られる可能性は低いです。アカウントが乗っ取られると言うことは、アカウントを特定されないと不可能ですが、しかし先ほども述べた通り、オープンチャットを利用しているアカウントが特定される可能性はほぼゼロに近いです。だからこそアカウントが乗っ取られるという可能性もほぼゼロに近いのです。

自分から色々話さない

アカウントが特定される可能性はほぼゼロですが、完全なゼロというわけではありません。オープンチャットは安全に使えば被害を最小限に抑えることができますが、しかしオープンチャットで話している人たちが自分を知らない人だからと個人情報、及び個人が特定されるようなことを話してしまうとアカウントが特定されてしまう可能性がありますので注意してください。不用意に特定されるような情報を話さないように意識してください。

オープンチャットではアカウントがバレない理由

オープンチャットでは、自分から個人情報を話すなどの余程のことが起こらない限りアカウントを特定されることがありません。何故アカウントを特定される可能性がほぼゼロなのかの理由を解説していきますので、オープンチャットを利用してみたいけど本当にオープンチャットではアカウントを特定されることはないのか心配だと考えている人は、オープンチャットでアカウントが特定される可能性がほぼゼロな理由をチェックしましょう。

特定されるようなことは言わない

オープンチャットには不特定多数の人がいるため、気楽に自分のことを話しやすいというメリットがあるという一方で、自分が住んでいる県なども安心して話してしまうというデメリットがあります。安心して気が緩んでいる時こそ危ないので、オープンチャットではあまり必要以上に自分の情報を話さないようにしてください。悩みがあるときも自分が特定されてしまうような情報はなるべくぼやかしてオープンチャットで話してみましょう。

匿名でプロフィールを変えられる

オープンチャットでアカウントがバレるという可能性がほぼゼロなのは、匿名でプロフィールを変えることが出来るからです。LINEは本来自分の名前とアイコンを設定して自分のアカウントとなりますが、オープンチャットでは普段LINEで使っているアカウントとは別のアカウントを作って会話をすることが出来るのです。オープンチャットで使うアカウントは普段使っているアカウントとは異なり、即席で簡単に作ることができます。

名前に注意する

普段のLINEでは自分の本名、あるいはニックネームで友達とトークをしますが、オープンチャットのアカウントでは即席で適当な名前をつけてすぐにオープンチャットに参加することができます。ただし、オープンチャットに参加する時の名前は、個人が特定できるような名前ではなく、個人が特定されないような自分の名前とはかけ離れた名前をつけてオープンチャットに参加してください。そうすることで特定の可能性が低くなります。

トークルームを作成しても友人に通知がいかない