TwitterのDM動画は保存できるの?保存の方法

TwitterのDMで友達から送られた動画はスマホ内に大切に保存しておきたいですよね。今回はDMで送られた動画をアプリやツールを使って保存する方法を解説します。iPhone・Android・PC別に説明するので、お使いの端末に合わせて試してください。

 

TwitterのDMの動画は保存可能

DMに送られた動画も保存可能です。通常、Twitterのタイムラインに表示される投稿にはリンクが付いています。このリンクををコピーし、アプリやブラウザ上のソフトを用いて動画へ変換することで、タイムライン上の動画は保存することができます。

しかし、DMのメッセージにはリンクが付いていません。それではいったいどのようにして保存すればよいのでしょうか。

アプリやブラウザツールが使える

TwitterのDM動画の場合もアプリやブラウザツールを使用することによって保存することができます。

ただ、通常の方法と異なりリンクを使用しません。

DMの動画の保存の方法

ここからは具体的な動画の保存方法の紹介です。わかりやすくするために、Android、iPhone、PCの3種類のデバイス別に書いていきます。

【保存の方法】スマホの場合

まずはAndroid、iPhoneのどちらでも行うことのできる方法です。とりあえず手っ取り早く保存しておきたいという方におすすめです。この保存方法では、「Dropbox」というアプリと「TwiDropper」というブラウザツールを使用します。

Dropboxはファイルを複数人で共有したい時に使用するアプリです。今回は直接端末に動画を保存できなかったときの仮の保存場所として使用します。

TwiDropperはDMやツイート内の動画・GIF・画像などを保存するためのブラウザツールです。このうち、Dropboxはアカウントを作成する必要があるのでご注意ください。なお、アカウントは無料で作成することができます。

【スマホの場合】①TwiDropperで保存する

それでは順に説明していきます。まずはGoogleやsafariでTwiDropperのページにアクセスします。下記リンクからアクセスが可能です。

TwiDropperのページに飛びます

次に画像のTwitterアカウントとの連携を行います。「ログインする」ボタンを押し、あなたのTwitterアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。入力ができたら、「ログイン」ボタンを押してツールとの連携が完了します。「全てのメッセージを表示しました」のメッセージとともに、DM内の動画が表示されていれば成功です。

次にあなたが保存したい動画を見つけ、保存するときの画質を選びます。画質には「LD(低画質)」「SD(標準画質)」「HD(高画質)」の3種類あります。画像の赤枠内のボタンをタップしてお好みの画質を選んでください。

画質を選んだら「端末に保存」→「ダウンロード」を選択すればスマホ内にダウンロードすることができます。Androidの場合は直接「アルバム」内に、iPhoneの場合は「ファイル」内に保存されます。

 

iPhone使用者の方で「ファイル」ではなく「写真」に保存したい方は以下の手順を試してください。まず「ファイル」を開きます。

次に「最近使った項目」からダウンロードした動画を見つけてください。もし動画が見つからない場合は、「ブラウズ」→「ダウンロード」内にみつけることができると思います。

動画をタップして開くと左下に共有アイコンがあるので、タップして「ビデオを保存」を選ぶと完了です。端末に直接動画の保存ができなかった方は次に説明するDropboxに保存する方法を試してみてください。

【スマホの場合】②Dropboxで保存する

まずはスマホにDropboxをインストールします。インストール完了後アプリを起動し、「登録」または「アカウントを作成」をタップします。

次に、必要事項を入力し「アカウントを作成する」をタップします。利用規約を読み、「同意する」をタップします。

 

 

ここで、有料バージョン30日間無料トライアルの情報が出た場合は「キャンセル」を押してください。その他、すべてスキップすればアカウントの作成が完了です。それではTwiDropperに戻り、保存をしていきましょう。途中までの手順は端末に保存する場合と同じで、最後に「Save to Dropbox」のボタンを押します。これでDropboxへの保存は完了です。端末内へ保存する場合は、Dropbox内の動画の横にある「…」をタップし、「エクスポート」→「動画を保存」を選択すれば完了です。

【保存の方法】Androidの場合

残念ながらAndroidの場合は現状上記のTwiDropperを使う方法でしか動画を保存をすることができません。以前はClipboxというアプリで動画の保存をすることができましたが、現在はアプリ自体が消えてしまいました。また、現在はClipbox̟+というアプリがありますが、2020年8月からサービスが終了しています。(公式サイトに発表あり)

https://clipbox-official.com/infos/index/dd87b

Clipbox̟+のアプリ自体はインストールできますが、動画の保存はできません。後述するKingbox.というアプリもAndroidには対応していません。

【保存の方法】iPhoneの場合

iPhoneの場合はAndroidより保存方法が多く、上記の他に2パターンあります。まず一つ目がKingbox.というアプリで保存する方法です。なお、動画のファイル形式によっては、端末内に保存することができない場合があるのでご了承ください。実際に試したところ、Kingbox.内に保存した動画に「.hls」と表記されたものは端末へ保存できませんでした。「.mp4」というものは保存できたので、参考にしてください。

 

二つ目がiPhoneの端末内の機能である画面収録機能を使う方法です。画面収録機能では、iPhoneの画面自体を録画できるものです。動画の保存をしたいとき、自分の表示しているサイトへのアクセス方法を説明したいときに重宝します。こちらはどんなファイル形式の動画でも保存することができるのでおすすめです。では順に説明していきます。

【iPhoneの場合】①Kingbox.で保存する

まずKingbox.をインストールしてください。インストール完了後、アプリ起動し「ブラウズ」→「ブラウザ」の順にタップします。次に検索をしてTwitterを開きます。このとき「このままKingbox.で開く」を選択してください。

ご自身のアカウントでログインをし、保存したい動画があるDMを開きます。動画の再生ボタンを押して、画面右下にある「+」をタップします。

「Are you ok?」→「OK」の順にタップします。ファイル名を入力し、「OK」を押せばKingbox.内へ保存完了です。アプリ内のホームに戻り「コレクション」を選択すると、保存した動画が入っています。右上の「Actions」をタップすると下の画像のようになります。動画ファイルの右にある「〇」をタップします。画面下の機能一覧を右から左へスワイプさせると「カメラロール」というボタンがありますので、タップして保存完了です。

もし「Kingbox.が写真へのアクセスを求めています」というポップアップが表示されたら「はい」を選択してください。注意点として、端末に保存した動画が一覧の最新の位置にない場合があります。そのときは「動画が作成された日」に保存されている可能性があるので、さかのぼって探してみてください。

【iPhoneの場合】②画面収録機能を使う

まずはiPhoneの「設定」アプリを開いてください。次に「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」の順でタップします。

すると一覧の中に「画面収録」というものがあるので、「+」ボタンをタップして追加します。

iPhoneの画面を一番下から上へスワイプすると、コントロールセンター内に画面収録のアイコンが追加されていれば成功です。画面収録のアイコンをタップすると3秒後に録画が開始されます。DM内の動画を再生して、終了後にもう一度画面収録のアイコンをタップすると録画完了です。録画前後の不要なシーンは編集でカットすることもできます。

【保存の方法】PCの場合

最後にPCを使用する方法です。PCの場合はGoogle  chromeの拡張機能というものを使います。拡張機能とは、Google  chromeの性能を最大限に活かすための後付けアプリのようなものです。実際に「Video DownloadHelper」と「コンパニオンアプリ」というプログラムをインストールして使用します。また、PCの場合も最初に説明したTwiDropperを使う方法が可能です。では説明していきます。

【PCの場合】chrome拡張機能を使う

Video DownloadHelper」と「コンパニオンアプリ」をインストールします。

 

Video DownloadHelperのインストール手順】

まずは下記リンクを開きます。

Video DownloadHelperのインストールはこちら

リンクを開いたら、「chromeに追加」をクリックします。ポップアップが表示されたら「拡張機能を追加」をクリックしてください。

Video DownloadHelperのインストールはこれで完了です。

 

【コンパニオンアプリのインストール手順】

まずは下記リンクを開きます。

コンパニオンアプリのインストールはこちら

リンクを開いたら、「Download」をクリックします。(日本語訳にしている方は「ダウンロード」となっています。)ダウンロードが終了したらアプリをクリックして起動させます。

起動させたら、言語を「English」にして「OK」をクリックしてください。その後、「I accept the agreement」にチェックをいれ、「Next」→「Install」の順にクリックすると完了です。

それでは実際に動画を保存していきます。Google chromeでTwitterを開き、ログインします。ログイン後、保存したい動画のあるDMを開きます。画面右上にあるパズルピースのアイコンをクリックし、Video DownloadHelperを選択します。

するといくつかのファイルが表示されます。「HLS ストリーミング ‐ 〇〇×〇〇 – 〇Mbps – MP4 」と書かれているのが動画ファイルです。「→」マークをクリックし、「クイックダウンロード」もしくは「ダウンロード」を選びます。指定のフォルダに保存したい場合は「ダウンロード」を選択しましょう。

「↑」マークで保存するフォルダを選び、名前を変更します。最後に右下の「保存」ボタンをクリックすると保存完了です。

また、120分経過すると別の動画をダウンロードできます。

TwitterのDM動画を保存してもバレない

ここまで動画の保存方法を説明しましたが、中には「動画を保存したことを相手にバレたくない」という方もいると思います。安心してください。Twitter上に存在する画像や動画を保存したことが相手にバレることはありません。通知されることもないです。