iPhone・androidのカメラシャッター音を消す方法とは?

iPhoneのシャッター音を消す対処法・シャッター音を小さくする設定方法・無音で写真撮影ができるアプリを紹介。iOS11、iOS12でも使える無音シャッターアプリも。リモコンやイヤホンを使って無音にする方法は今使えるのか、音が「ピコ」に変わった時の対処も掲載。

iPhoneのシャッター音を消す方法

ここからは、基本的にシャッター音を消す機能が無い「日本版iPhone」で、シャッター音を消す方法を解説していきます。

方法は主に6つ。

  1. 「Live Photos」を有効にして使う
  2. カメラアプリを使用する
  3. 手でスピーカーをふさぐ
  4. 動画撮影で「静止画撮影ボタン」を使う
  5. 「ショートカットアプリ」でシャッター音を消す(iOS13.6/7)
  6. オーディオ音量設定でシャッター音を減らす

①「Live Photos」を有効にして使う

「Live Photos」は、シャッターを切った前後の1.5秒ずつの映像を記録してくれる機能です。
iPhone6s以降ではデフォルトで搭載されている機能になります。

Live Photosはシャッター音ではなく、撮影終わりに「ピコンッ」という音が鳴るだけなので、周りには聞こえづらくなっています。

カメラを起動し、「写真モード」の状態で、画面上の「Live Photosアイコン」をタップすることでLive Photos撮影が可能となります。

ただし、Live Photosは通常の写真撮影よりも「ストレージ容量」を必要とするので注意です。

Live Photos

②カメラアプリを使用する

iPhoneでスマホカメラのシャッター音を消す方法としては、カメラアプリを活用する方法があります。

スマホカメラのシャッター音を消すこと画できるアプリとしては、「Microsoft Pix カメラ」や「StageCameraHD」、「シンプルカメラ高画質」など種類はたくさんあるので、自分に合ったスマホカメラアプリを探してみてください。

③手でスピーカーをふさぐ

非常に原始的な方法ですが、自分の手でiPhoneのスピーカーをふさげば、シャッター音をものすごく小さくすることができます。

シャッター音は通常通りなってしまいますが、手で抑え込んで周りに響かなくさせることは可能です。

この方法のメリットは、面倒な機能設定は一切必要ないという点です。
一方、シャッター音は鳴っている状態なので、うまくスピーカーを抑えきれていないと、周りにシャッター音が響いてしまうという欠点があります。

スピーカーを手で押さえる 音をおえながら撮影

④動画撮影で「静止画撮影ボタン」を使う

写真撮影時のシャッター音を、Appleの公式機能で消す方法としては、「動画撮影モードで『静止画撮影ボタン』を使う」ことです。

静止画撮影ボタンとは、動画撮影中に静止画を撮るための機能で、動画撮影モードの場合にのみ表示されるボタンです。

動画撮影モードで使う機能であるため、シャッター音はなりません
動画内にシャッター音が録画されるのを防ぐためです。

そのため、シャッター音を消して写真撮影をする際に使える機能と言えます。

この方法のメリットは、シャッター音を物理的に消すことができる点です。
デメリットは、静止画と同時に、余計な動画も保存されてしまう点です。
また、画像解像度は通常の写真モードよりも下がってしまうので注意です。

静止画撮影ボタン

⑤「ショートカットアプリ」でシャッター音をなしに(iOS13.6/7)

またiPhoneのスマホカメラのシャッター音を消す方法としては、iPhone標準機能を利用することでシャッター音を消すこともできます。

しかしこの方法は、iOSのバージョンによっては利用できません。ここで紹介するショートカットアプリでiPhoneのスマホカメラのシャッター音を消す方法は、iOS13.6と13.7のみで利用できる方法のため、最新のiOSバージョンである14の場合は利用できないので注意が必要です。

シャッター音を消す手順

①ショートカットアプリを開く

②オートメーションの「個人用オートメーション作成」を選択

③Appを選択し、次へを押す

④カメラを選択して、完了を押す

⑤アクションを追加→音量の設定を選択

⑥音量50%に設定を0%に変更する

上記の手順で設定すると音を消すことができるようになります!

⑥オーディオ音量設定でシャッター音を減らす

コメントを残す




CAPTCHA