Macのタスクマネージャはどこ?再起動やCPU・メモリの確認方法について解説

WindowsからMacに乗り換えた人の場合、タスクマネージャーが見つからず、アプリケーションの再起動や、CPU・メモリなどの使用状況を確認する方法がわからないことがあります。本記事では、Macでタスクマネージャーの各種機能を使用する方法を紹介・解説します。

Macにはタスクマネージャーがない

WindowsではCPUやメモリなどの使用状況、実行している作業などを確認・管理する際、またはアプリケーションを再起動する際などに「タスクマネージャー」を使用します。

しかしMacに、タスクマネージャーはありません。では、Macで使用状況の確認・管理、再起動などはどこから行えばよいのでしょうか。

実は、Macの場合、Windowsのタスクマネージャーにあたる機能が、各種アプリケーション・設定に分散されて存在しています。

次の項目からは、Windowaのタスクマネージャーの各種機能に照らし合わせ、Macの機能を紹介していきます。

プロセスを強制終了させる時は「アプリケーションの終了ダイアログ」

Windowsでは、応答しなくなったアプリケーションを再起動する際、タスクマネージャーを使用します。

一方、Macでアプリケーションがフリーズしてしまった場合、「アプリケーションの強制終了」のダイアログから強制終了することができます。

強制終了の手順は、後の項目で解説をします。

CPUやメモリの使用状況をみるときは「アクティビティモニタ」

CPUやメモリの使用率を確認する機能は、Windowsのタスクマネージャーの主要機能です。

Macの場合、CPUやメモリの使用状況などの細部の情報を確認する際には「アクティビティモニタ」を使用します。

起動方法、使用方法については、後の項目で解説しています。

スタートアップ項目は「環境設定」の「ログイン項目」から

Windows8・Windows10のタスクマネージャーは、スタートアップ項目を管理する役割も持っており、システム起動時に自動起動するアプリケーションの管理などができました。

一方Macでは、スタートアップ項目を管理する場合、システム環境設定から行います。

手順については、後の項目を参照してください。

「アプリケーションの終了ダイアログ」の起動方法

Windowsでは、タスクマネージャーで行っていたアプリケーションの強制終了ですが、Macの場合は、「アプリケーションの強制終了ダイアログ」を使用します。この項目では「アプリケーションの強制終了ダイアログ」の起動方法・ショートカットを紹介します。

起動方法

「アプリケーションの強制終了」ダイアログを起動するには、Macの画面上部にあるメニューバーから、Appleマークをクリックし、「強制終了」を選択します。

 

「アプリケーションの強制終了」ダイアログには、現在起動しているアプリケーションの一覧が表示されます。フリーズしてしまったアプリケーションを選択して、右下の「強制終了」をクリックしましょう。

ショートカットキーは「Command+Option+Esc」