【NVIDIA】コントロールパネルが開かない時の対処法を解説

NVIDIAコントロールパネルを起動しなかったり開かないトラブルが発生していることを知っていますか。NVIDIAユーザ向けにコントロールパネルが開かない時の対処法について紹介しますので、NVIDIA利用ユーザで悩んでい人は参考にしてみてください。

【NVIDIA】コントロールパネルが開かない時の対処法〜Windows10〜

NVIDIAのコンピュータでWindows10をインストールしている環境でコントロールパネルが起動しない、開かないというトラブルが発生することがあります。ここではNVIDIAパソコンユーザ向けにいWindowsのコントロールパネルが開かない場合の対処法についてチェックしていきましょう。

対処法①パソコンを再起動する

NVIDIAのPCでコントロールパネルが開かないトラブルが発生した場合の対処法としては、Windowsの再起動を試してみてください。Windowsパソコンでトラブルや不具合が発生した場合に一番簡単に試すことができる対処法として、WindowsOSの再起動です。しかしWindowsの再起動をする場合はアプリケーションやファイルを正常に閉じてから実施するようにしましょう。

対処法②NVIDIAを強制終了させて再起動する

単純にWindowsの再起動でコントロールパネルが開かないエラーが改善しない場合は、NVIDIAのサービスやプロセスを一旦強制的終了させてからWindowsOSの再起動を試してみてください。もしかしたらNVIDIAのサービスやプロセスが原因でWindowsOSのリブートが正常に実行されないこともあります。

対処法③NVIDIAの関連サービスを稼働させる

NVIDIAのサービスやプロセスが原因コントロールパネルの開かない不具合が発生している場合は、NVIDIAのサービスやプロセスが起動していないことでトラブルが発生してしまっている場合もあります。NVIDIAのサービスには、Windowsの機能を安定して動作させる役割もあるため、NVIDIAのサービスやプロセスが正常に稼働しているかもチェックしてみるとよいでしょう。

対処法④グラフィックドライバーをアップデートする

NVIDIAが原因コントロールパネルが開かない不具合画多発する場合には、NVIDIAのグラフィックボードやグラフィックドライバーをアップデートすると改善することがあります。グラフィックドライバーやグラフィックボードは、通常自動アップデートですが、制御している場合は自動でアップデートされないので注意してください。

対処法⑤グラフィックドライバーを再インストールする

グラフィックドライバーやグラフィックボードをアップデートしてもコントロールのトラブルが改善しない場合は、NVIDIAのグラフィックドライバーをアンインストールしてから、再インストールしてみましょう。もしかしたらグラフィックドライバーのインストールが正常にできていないことでコントロールパネルが開かないエラーが発生してい舞っていることもあります。

関連コンポーネントの削除も必要

グラフィックドライバーの再インストールする際には関連するコンポーネントも一旦削除したり、アンインストールする必要があります。NVIDIAのグラフィックボードは様々な機器と関連しているためグラフィックドライバーをインストールすると様々な関連コンポーネントもインストールされています。なのでアンインストールする場合はその関連コンポーネントも一緒にアンインストールする必要があるので気をつけてください。

対処法⑥Windowsの高速スタートアップを停止する