「sws1day」のWi-fiとは?接続方法から安全性まで解説!

sws1dayは早いの?

ここまでの説明で、簡単に利用できることが分かっていただけたと思います。

それでは、sws1dayは早いのでしょうか?フリーWi-Fiにせっかくつなげたのに、速度が遅くて全然使えない、、、という経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。それについて説明していきます。

結論から言うと、悪くはない速度が測定されているようです。もちろん、場所によって多くの人が利用している場合があり、そのようなときには速度が遅くなることが十分に考えられます。誰でも接続できるこのWi-fiサービスでは、その場で利用している人が多ければ、速度が遅くなる可能性は十分にあります。また、利用する店舗の室内の状況によっては、席によって電波が届きにくい、ということもあるようです。

しかし、基本的には、特段容量を使う重い動画等を閲覧しなければ、ネットサーフィン、インターネットブラウジングは問題なく楽しめるレベルであると思います。これはフリーwi-fiの中では非常に有益なものだと思います。

sws1dayを利用するときの注意点は?

sws1dayを利用するときに、いくつか注意点がありますので、説明していきます。

①接続が不安定なところもある

先ほどでも述べた通り、接続に不安が残る部分があります。1日500円程度かかる有料のサービスですが、せっかくお金を払ったのにネットが遅い、、、という悲しい状況も起こりうるのが現実ですので、それを踏まえて、接続状態が良くなければ場所をかえるなどして、うまく対応する必要があると思います。

②クレジットカードが必要

sws1dayの料金支払いは、クレジットカード・デビットカードが必要になります。ですので、もしカードをお持ちでなければ、事前に作っておく必要があります。

カード情報が手元にあれば、場所に制限されずに登録できるという利便性は、このサービスの大きなメリットではありますが、必要なものがあるのも覚えておきたいところです。

③毎日利用すると割高になる

もし、毎日sws1dayを利用したとすると、

467円/日(税抜き)×1ヵ月(30日程度)=14,010円(税抜き)

と、結構な額になってしまいます。最近色々なプランのあるポケットwi-fiは、通信料が少し少なめのもので、月額3,000円以下、というのも珍しくありません。WiMAXなどの有名ブランドでは、月間100GBという超大容量プランでも4000円程度で利用できます。

そう考えると、1週間程度の利用でも、場合によってはポケットWi-Fiを契約した方が安い場合もありますので、経済面から考えるとsws1dayを利用する回数は検討した方が良いでしょう。

④第3者による傍受のリスクがある

sws1dayは、利用の際に通信が暗号化されません。そのため、通信内容が第三者に傍受される危険性があります。

ほとんどのサイトは通信が暗号化されますが、すべてがそうであるとは限りませんので、個人情報を取り扱う際には、sws1dayの利用を控えるなど、十分に注意してください。この後の項でも、詳細について詳しくお話しています。

⑤半年間無利用で自動解約

sws1dayは、最後に利用してから半年間(6ヶ月)経つと、自動的に契約が解除される仕組みになっています。登録した個人情報や支払情報などが消えてしまうため、もう一度利用するためには、初めから登録し直す必要があります。登録料や維持費はかかりませんが、ひと手間必要だということだけ覚えておいてください。

sws1dayの安全性は?

注意点について説明してきましたが、そもそも安全なサービスなのでしょうか。上の④にご紹介したものの詳細とあわせて、説明していきます。

WPA/WEPなどの暗号化がされていない

通信が暗号化されていないというのは、先ほどもご説明した通り、お使いのスマートフォン等の通信機器から、sws1dayの電波を利用して接続先のサーバーにつながるまでの道中が保護されていない、ということを表しています。そのため、通信の最中に第三者が横から傍受することが可能になっています。公式の注意事項にも記載されていますが、重要事項に関しては、自宅の保護されたwi-fi環境などでやり取りすることが重要です。

また、自身の通信機器と通信相手先のサーバーの間の通信を保護するSSLやインターネットVPNを使うことが公式からも推奨されていますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

まとめ

ソフトバンクが提供している有料フリーwi-fiサービス、「sws1day(ソフトバンクwi-fiスポット)」について、ご紹介してきました。いかがだったでしょうか。

sws1dayは、1日契約で、たくさんのお店で利用できるサービスでした。登録方法はカードを持っていれば、難しい操作はなく、簡単に利用できるサービスですが、通信の安全性に心配な点があるというところもあります。いざ、というときには非常に助かるサービスなのではないでしょうか。