Amazonの配達業者ADPの追跡方法、対策まで徹底解説!

今回はAmazonデリバリープロバイダについて、追跡や再配達の依頼方法などについて、詳しく説明していきます。また、ADPについて、ネット上で配送のしかたや荷物の取り扱いなどの意見が散見されますが、その実態についても触れますので、ぜひ最後までお読みください。

 

Amazonデリバリープロバイダとは

Amazonデリバリープロバイダ(ADP)とは、Amazonが業務提携している、地域限定の配送業者の総称のことです。

現時点では、これに該当するのは、「SBS即配サポート」、「TMG」、「遠州トラック」、「ギオンデリバリーサービス」、「札幌通運」、「ヒップスタイル」、「丸和運輸機関」、「ロジネットジャパン西日本」、「若葉ネットワーク」の9社です。

詳しい条件については、公式情報としてAmazonから発表されているものはなく、ADPが担当なのか、どの会社なのかは指定できません。これらの9社の配送地域に住んでいて、特別な配送サービスを指定しないときに、ADPが配送を担うことがあるようです。以下、各社公式ホームページより、配送地域をまとめましたので、参考にしてください。

社名営業所・配送センター所在地など社名営業所・配送センター所在地など
SBS即配サポート東京、埼玉、千葉、神奈川 等TMG仙台、東京、茨城、大阪、京都、滋賀、神戸、岡山、福岡、佐賀、大分、熊本、長崎、宮崎、鹿児島 等
遠州トラック東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、富山、大阪 等ギオンデリバリーサービス東京、神奈川 等
札幌通運北海道、宮城、東京、埼玉、神奈川、群馬、栃木 等ヒップスタイル東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、三重、大阪、広島 等
丸和運輸機関全国展開ロジネットジャパン西日本大阪、兵庫を拠点に中部地域
若葉ネットワーク全国展開

ADPが配送になった場合、配送に関する問い合わせについて、総じて「Amazon」という表示で、Amazonカスタマーセンターが担当になりますので、そちらに連絡を取るようにしましょう。

電話番号:0120-999-373
チャット:Amazonカスタマーサービス

また、荷物の追跡や不在時の置き配も可能ですので、そちらについて説明していきます。

ADPの追跡方法を解説!

ここから、ADPでの配送の際の荷物追跡の方法について説明していきます。

会社ごとで追跡方法が異なる部分がありあますので、それぞれご説明します。

方法1:TMG・SBS即配サポート・札幌通運はWEBから

TMG、SBS配送サポート、札幌通運は
「配送中お荷物の状態照会(https://track-a.tmg-tms.com/cts/TmgCargoSearchAction.do?method_id=INIT)
から追跡可能です。

こちらを開いたら、注文した時に発行される「お問い合わせ番号」を入力し、「照会する」をクリックしてください。これで照会ができます。3社共通のものですので、3社であれば、会社に関係なくここから追跡いただけます。

ただし、実際の状態がきちんと反映されていないことがありますので、要注意です。

方法2:その他の会社は電話から

その他の会社については、公式サイトでのバナーをクリックすると、次のアマゾンの電話番号に案内されますので、それを見て発信するか、Amazonのヘルプページの「配送業者の連絡先」の配送業者のうち、Amazonの欄の番号 0120-899-068 に連絡をしてください。

上記の3社も含めて、この番号で確認することが可能です。

また、Amazonカスタマーサービスへの問い合わせも可能です。トラブルが起きた際にも、対応が早いカスタマーサービスにチャット・メール・電話のいずれかの方法で問い合わせが可能です。

方法3:追跡番号が「DA」か「99」から始まる荷物はAmazonで

追跡番号が「DA」か「99から始まる荷物に関しては、追跡ページ、お問い合わせページがありませんので、Amazonの注文履歴のページから確認をしてください。
Amazonにログインして、「○○さん アカウント」のところを選択して、「注文履歴」から表示することができます。

ADPに再配達を依頼する!

次に、ADPに再配達を依頼する方法を説明していきます。方法に関して、追跡のときと同じ部分もありますが、追加して不在時置き配サービスも紹介しています。同じ部分に関しても今一度解説いたしますので、ぜひ参考にしてください。

方法1:TMG・SBS即配サポート・札幌通運はWEBから

荷物の追跡と同じで、TMG、SBS配送サポート、札幌通運の3社は、
「再配達依頼サービス(https://track-a.tmg-tms.com/cts/Redelivery.do?method_id=INIT)」からWEB上で依頼することができます。

このページに行くと、お問い合わせ番号の入力フォームがありますので、番号を入力して「再配達の依頼を開始する」をクリックすることで、再配達の依頼ができます。

方法2:その他の会社は電話から

上記の3社以外は、追跡同様、再配達依頼サイトはありませんので、電話での依頼になります。

連絡先は、Amazonヘルプページに記載されている「配送業者の連絡先」のうち、Amazonの欄に書かれている番号の 0120-899-068 です。追跡と同じ番号で、追跡と同様ADPであればどの配送業者でも依頼が可能です。

方法3:追跡番号が「DA」から始まる荷物はAmazonで

追跡番号が「DA」から始まる荷物に関しては、不在であったことを知らせる不在連絡票に記載されている電話番号からの依頼になります。

不在連絡票に載っている再配達依頼等用の電話番号に連絡してください。電話は自動音声で、24時間受付しています。不在連絡票にも詳しい説明がのっていると思いますので、合わせてそちらも見るようにしましょう。

また、不在連絡票が投函されている場合には必ずそこに電話番号が記載されていますので、追跡番号が「DA」から始まる荷物の場合と同様、そこから依頼するようにしてください。会社によって多少対応が違うかもしれませんが、不在連絡票の説明を読めばわかると思いますので、そちらに従うようにしましょう。

方法4:置き配サービスを利用する!

ADPによっては、不在時置き配サービスを利用できるものもあります。

対象となる商品には、注文確定後、注文履歴に「不在時置き配を指定」というボタンが表示されます。それをクリックし、希望の置き配場所を指定し、保存をクリックすることで設定完了です。

ただし、置き配には、荷物の盗難や破損等のリスクが多少なりとも存在します。最近では玄関先に置く宅配バックやケースなどが流通していますので、そちらを利用することで、より安心・快適に置き配サービスを利用できるでしょう。

ADPは質が悪い? 悪評や対策方法を紹介!

インターネットの情報を見てみると、ADPが配達担当のときに色々とトラブルが多いようで、評判は良くないのが現状のようです。

ここでは、トラブルなどの例の紹介やADP忌避の方法についてご紹介していきます。

ADPで起こったトラブルや困ったこと

ここでは、トラブルの実例をご紹介します。それぞれ、そのトラブルに出会ってしまった時の対処法にも触れていきますので、参考にしてください。

例1:ADP追跡の精度が低い

先ほどご説明した方法で、荷物の追跡は可能です。しかし、配達状況が正しく反映されていないことがあり、精度の低いものとなっているのです。追跡を行っても、実際の配達状況と異なる場合が多くあります。

WEBで追跡できる会社も、Amazonの番号に電話をかけて確認するのが良いかもしれません。複数追跡可能な場合は、それぞれを見比べることでより正確な情報になるでしょう。

ヤマト運輸やゆうパックなどの、ADP以外の会社の追跡ほど正確でないことは事前に知っておきましょう。

例2:時間通りに荷物が届かない

追跡の精度が低いことからも推測できますが、荷物が指定時刻、予定時刻通りに届かないことが多いようです。再配達依頼で時間指定をしなおしても、会社によってはその指定時間外の配達がなされることもあるようです。

この後、ADP回避の方法も解説しますが、はやく欲しい荷物(確実にその日に届かなくてはいけない荷物)の場合は、確実に日時指定しましょう。また、特に急ぎではない荷物などは、少し気長に待つのも良いかもしれません。

例3:宅配ボックスの暗証番号が残されない

通常、宅配ボックスを利用した配達の際には、不在連絡票に暗証番号が記載されます。しかしながら、記載漏れ等の理由によって暗証番号が分からないために、宅配ボックスが開けられないというケースがあるようです。結果的に荷物を手に取ることができない、というトラブルにつながっていきます。

例4:連絡がつかない

ドライバーや各社の問い合わせの連絡がつながりにくいことが多いようです。荷物に関しては、まずはAmazonに連絡することをお勧めします。

例5:配達員の愛想が良くない

これは、担当になった配達員にもより、すべての方が、というわけではありませんが、無言でサインを促してきたり、荷物の扱い方が雑だったりと、愛想が悪い配達員も目立っているのが現状のようです。

例6:荷物の放置

マンションや集合住宅の場合、部屋番号や住所を間違い、近くの他の家に配達、放置されているケースがあるようです。この場合、なかなか配達されていることに気が付かない可能性がありますので、予定を過ぎても届かない場合は確認の連絡をするようにしましょう。

例7:不在扱いにされる

配達せず、不在扱いにして荷物が持ち帰られてしますことが在るようです。住宅街など住所が分かりにくいところだと、受け取りのために時間通りに在宅していても、配達員が家を見つけられずにあきらめて持ち帰ってしまったり、配送の時間がおくれていることから不在表だけ入れられていたり、というケースが見受けられます。

ADPの回避方法は?

ここまでADP配送でのトラブルを紹介してきました。ものによっては非常に困るものもあり、勘弁していただきたいものばかりです。では、配送業者に関して、ADPを回避し、ヤマト運輸やゆうぱっくなどの名の知れた大手運送会社に担当してもらう方法はあるのでしょうか。

少なくとも、Amazon側は配送がADPになる条件を公表はしておりませんが、いくつかの方法をとることで回避することが可能になりますので、紹介していきます。是非参考にしてください。

方法1:コンビニ・ヤマト営業所受け取り

まず一つの方法として、コンビニ・ヤマト営業所受け取りに指定することが挙げられます。これにすることで、必ず日時指定することになり、ヤマト営業所受け取りでは直接ヤマトから受け取れますので、ADPの関与もなくなりますし、希望する時間での受け取りがほぼ確実に可能です。

また、出先で受け取ることも可能ですので、ADPに関係なく、非常に便利なサービスであると言えます。商品注文の際に、配送方法の指定ができる欄がありますので、そちらから選択するようにしてください。

方法2:Amazonマーケットプレイスを利用

ADPの回避方法として、マーケットプレイスを使うことも考えられます。

マーケットプレイスとは、新品・中古品の出品者から商品を購入できるサービスのことです。Amazonで出品されている商品は、Amazonが直接販売している商品と、それ以外の店舗等が販売している商品とがあり、後者の方をマーケットプレイスと呼びます。

マーケットプレイスでの購入方法は、特に特別なものではなく、普段通り購入のもので代わりありません。しかし、Amazon公式の販売ではないので、商品の状態や出品者の評価はしっかり確認してください。

これを利用すると、ヤマト運輸やゆうパックになる可能性が高いので、場合によってはよりお得に、スムーズに購入・受け取りができます。

方法3:時間指定配送を使う

時間指定が可能なものは、時間指定をすることによって、配送業者がADP以外のヤマトやゆうパックになりやすいので、おすすめです。また、ADP以外の業者になれば、より確実に希望時間に届くでしょう。

方法4:代引き決済を使う

代引き決済でも、ADPを忌避できる可能性が高いようです。こちらは、配達時間に家にいる必要がありますが、確実に手渡しでの配達になりますので、時間指定等他の方法と組み合わせることで、より効率的に、確実な受け取りができそうです。

方法5:Amazonを使わない!

最終的な手段ですが、Amazonを利用せず、楽天、ヤフーなどほかの大手ショッピングサイトを利用することでADPを避けることができます。

ショッピングサイトによって、商品の取り扱い状況はことなり、Amazonにないものがヤフーにあるという場合もありますし、値段が少しずつ違うこともありますので、複数のショッピングサイトを比較しながら、お得な買い物をしてみてください。

「Amazonが配送」は安全?実態を解説!

ここまで、ADPについて、色々とお話してきましたが、安全なのでしょうか。今までお話してきたことを総括して、結局のところどうなのか、考えていきたいと思います。

まず、ADPそのものについてですが、主な業務内容がAmazonの配送の場合もありますが、各社それぞれがADPとしての機能のほかに、倉庫業や運送業を行っている場合もあります。丸和運輸は、「桃太郎便」という名前での配達業務を行っているなど、配達そのものに関しては、専門業者にであることに変わりありません。そのため、輸送時の商品管理等に関しては、他の大手企業と比べても、さほど心配する必要はないと思います。

次に、配達員の対応についてです。ネットでのトラブルについていろいろと体験談が散見されますが、これについては「運」の一言に尽きると思います。大手企業でも、近年荷物の扱いが雑な配達員がいる、というニュースが話題になりました。会社に関係なく、担当になった配達員による部分が大きいようです。ただ、ADPへの良くない評価が多いのは確かです。

追跡、再配達に関してです。これは、ヤマト運輸やゆうパックよりも確実に不便、不明瞭であると思います。現状荷物がどこにあるか分かりにくかったり、不確かであったりしますので、安全とは言いづらいものであるでしょう。Amazonから問い合わせが可能、という点では荷物が届くのは確かでしょうが、その間の安心感は大手企業よりも薄いものであると言えます。

これはを総じて考えると、安全かどうかでいうと、大きく商品の欠損等が起こることは考えにくそうですが、安心感に欠けるのは否めないのが現実です。ADPの配送が当たった場合には、あまり期待しすぎない方が良いかもしれません。

まとめ

ここまで、ADP(Amazonデリバリープロバイダ)について、ADPの概要、追跡・再配達依頼の方法、ADPの評判、安全性についてお話してきました。いかがだったでしょうか。

ADPの配送が気になる方は、紹介した方法で回避を検討してみて下さい。今回紹介した回避方法は、ADPかどうかに関係なく非常に効率よく荷物を受け取ることが可能です。

このご時世、たくさんネットでの買い物をする機会があると思いますので、ぜひ、今回の記事を参考にしてみてください。