Amazon配達業者ADPの追跡方法!追跡番号DA始まりはADP確実?

Amazonデリバリープロバイダの頭文字から「ADP」と呼ばれる配送業者の追跡方法を紹介します。Amazonの荷物で追跡番号がDAか99始まりはADPと見て確かです。再配送の依頼や問合わせなど大手宅配との違い、ADPを避けたい場合の注文方法なども解説します。

 

Amazonデリバリープロバイダとは

Amazonデリバリープロバイダ(ADP)とは、Amazonが業務提携している、地域限定の配送業者の総称のことです。

現時点では、これに該当するのは、「SBS即配サポート」、「TMG」、「遠州トラック」、「ギオンデリバリーサービス」、「札幌通運」、「ヒップスタイル」、「丸和運輸機関」、「ロジネットジャパン西日本」、「若葉ネットワーク」の9社です。

詳しい条件については、公式情報としてAmazonから発表されているものはなく、ADPが担当なのか、どの会社なのかは指定できません。これらの9社の配送地域に住んでいて、特別な配送サービスを指定しないときに、ADPが配送を担うことがあるようです。以下、各社公式ホームページより、配送地域をまとめましたので、参考にしてください。

社名営業所・配送センター所在地など社名営業所・配送センター所在地など
SBS即配サポート東京、埼玉、千葉、神奈川 等TMG仙台、東京、茨城、大阪、京都、滋賀、神戸、岡山、福岡、佐賀、大分、熊本、長崎、宮崎、鹿児島 等
遠州トラック東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、富山、大阪 等ギオンデリバリーサービス東京、神奈川 等
札幌通運北海道、宮城、東京、埼玉、神奈川、群馬、栃木 等ヒップスタイル東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、三重、大阪、広島 等
丸和運輸機関全国展開ロジネットジャパン西日本大阪、兵庫を拠点に中部地域
若葉ネットワーク全国展開

ADPが配送になった場合、配送に関する問い合わせについて、総じて「Amazon」という表示で、Amazonカスタマーセンターが担当になりますので、そちらに連絡を取るようにしましょう。

電話番号:0120-999-373
チャット:Amazonカスタマーサービス

また、荷物の追跡や不在時の置き配も可能ですので、そちらについて説明していきます。

ADPの追跡方法を解説!

ここから、ADPでの配送の際の荷物追跡の方法について説明していきます。

会社ごとで追跡方法が異なる部分がありあますので、それぞれご説明します。

方法1:TMG・SBS即配サポート・札幌通運はWEBから

TMG、SBS配送サポート、札幌通運は
「配送中お荷物の状態照会(https://track-a.tmg-tms.com/cts/TmgCargoSearchAction.do?method_id=INIT)
から追跡可能です。

こちらを開いたら、注文した時に発行される「お問い合わせ番号」を入力し、「照会する」をクリックしてください。これで照会ができます。3社共通のものですので、3社であれば、会社に関係なくここから追跡いただけます。

ただし、実際の状態がきちんと反映されていないことがありますので、要注意です。

方法2:その他の会社は電話から

その他の会社については、公式サイトでのバナーをクリックすると、次のアマゾンの電話番号に案内されますので、それを見て発信するか、Amazonのヘルプページの「配送業者の連絡先」の配送業者のうち、Amazonの欄の番号 0120-899-068 に連絡をしてください。

上記の3社も含めて、この番号で確認することが可能です。

また、Amazonカスタマーサービスへの問い合わせも可能です。トラブルが起きた際にも、対応が早いカスタマーサービスにチャット・メール・電話のいずれかの方法で問い合わせが可能です。

方法3:追跡番号が「DA」か「99」から始まる荷物はAmazonで

追跡番号が「DA」か「99から始まる荷物に関しては、追跡ページ、お問い合わせページがありませんので、Amazonの注文履歴のページから確認をしてください。
Amazonにログインして、「○○さん アカウント」のところを選択して、「注文履歴」から表示することができます。

ADPに再配達を依頼する!

次に、ADPに再配達を依頼する方法を説明していきます。方法に関して、追跡のときと同じ部分もありますが、追加して不在時置き配サービスも紹介しています。同じ部分に関しても今一度解説いたしますので、ぜひ参考にしてください。

方法1:TMG・SBS即配サポート・札幌通運はWEBから