TikTokでオリジナル音源を使いたい場合の作り方を解説

TikTokのオリジナル音源の作り方やアップロードの仕方、そして著作権に違反してしまった場合、凍結されてしまうのか、シャドウバンとはなんなのか、自作の曲はTikTokで流行るのかどうかも解説しますので参考にしてください。

TikTokでオリジナル音源を使いたい場合はアップロード

TikTokのオリジナル音源の作り方はどうすれば良いのでしょうか。TikTokのオリジナル音源の作り方を学ぶことで、TikTokのオリジナル音源の作り方を実践して自作の曲を作ることができますし、自作の曲をアップロードすることもできます。

自作の曲をアップロードすることで技術をアピールすることも可能です。TikTokのオリジナル音源の作り方を学んでTikTokのオリジナル音源の作り方を実践しましょう。

オリジナル音源を作る時は著作権違反に気をつける

TikTokのオリジナル音源の作り方や、アップロードの仕方を学ぶ前にTikTokのオリジナル音源の作り方についての注意点が1つあります。それは著作権のことです。

著作権は違反をしてしまうと、重い刑罰に科されることがありますので、著作権のことを学んでからTikTokのオリジナル音源の作り方を学んで、著作権に違反しない曲をアップロードしてください。TikTokのオリジナル音源の作り方の際注意しましょう。

著作権に違反してしまうとアカウント凍結の可能性

TikTokのオリジナル音源の作り方には注意しなくてはなりません。著作権に違反してしまう可能性があるからです。著作権に違反した曲をアップロードしてしまうと、著作権法違反として、アカウントが凍結してしまう可能性があります。

アカウントが凍結してしまうならまだいいですが、TikTokのオリジナル音源の作り方には気をつけないと、著作権法違反になってしまう可能性が高いので、曲を作る際は規約を確認しましょう。

著作権法違反にならないような音源の作り方を紹介

TikTokのオリジナル音源の作り方やアップロードに注意しないと、著作権法違反として通報されてしまう可能性があるのです。著作権法違反になってしまうTikTokのオリジナル音源の作り方を解説していきますので参考にしてください。

また、違反になってしまうTikTokのオリジナル音源の作り方を参考にすると共に、著作権法に違反してしまうと、どのようなペナルティがあるのかを紹介しますので、参考にしてください。

シャドウバンという対処より怖い著作権法違反詳細

著作権法に違反してしまうTikTokのオリジナル音源の作り方をしてしまうと、シャドウバンになってしまう可能性があります。シャドウバンになってしまうならまだしも、実際に著作権違反になってしまったら、重い刑罰を科されてしまう可能性がありますので、注意をしてください。

著作権違反になってしまったら、罰金刑、懲役刑のどちらかの罪が科されてしまう可能性が高いのです。著作権違反場合の罰を詳しく解説していきます。

著作権違反になってしまうと罰金刑や懲役刑になる

著作権違反を犯してしまうと、罰金刑、懲役刑のどちらか、あるいはどちらも科されてしまう可能性があります。罰金刑だと、最高で1000万ほどの罰金を科される可能性が高いです。懲役刑の場合だと10年以下の懲役に科されてしまうのです。

罰金刑、懲役刑はどちらもとても重いですが、場合によってはそのどちらも科されてしまう可能性があるのです。著作権違反者には重い罰が科されてしまうので、音源を作る際は注意しましょう。

著作権の親告罪と非親告罪の違いというものを紹介

著作権には親告罪と非親告罪というものがあります。親告罪と非親告罪についても解説していきますので、親告罪と非親告罪について知ってからTikTokのオリジナル音源の作り方を学びたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

TikTokのオリジナル音源の作り方を学ぶ前に著作権についてから学ぶと、TikTokのオリジナル音源も著作権に違反しない形で、オリジナルの音源をアップロードすることができるのです。

著作権の親告罪は著作物当事者が訴えることで成立

著作権の親告罪というのは著作権を違反している人を第三者が確認したとき、その著作権に違反している人を第三者が告発できるというのが親告罪にあたります。あるいは著作権が冒された人が違反した人に対して損害賠償を請求することができるのです。

著作権が冒された人が損害賠償を請求しない限り、著作権違反をしてしまった人は罪に問われることがないのです。これが著作権の親告罪となります。では非親告罪とは何なのでしょうか。

非親告罪は著作物の当事者が訴えなくても罪になる

著作権の非親告罪というのは、たとえ著作物を真似されてしまった側の人が著作権違反の人を黙認していても、問答無用で著作権違反の人を罪に問うのです。これが非親告罪となります。

非親告罪は誰かが親告するまで罪に問えないというものではなく、著作権違反をしてしまった人を、罪に問うことができるという制度なのです。TikTokのオリジナル音源の作り方を学ぶことも大事ですが、著作権違反にならない作り方も学びましょう。

著作権違反にならない音源の作り方など詳しく紹介

TikTokのオリジナル音源の作り方や、著作権違反になってしまうTikTokのオリジナル音源の作り方の紹介をしていきますので、TikTokのオリジナル音源の作り方が知りたいと考えている人はぜひTikTokのオリジナル音源の作り方を参考にしましょう。

実際に自分でTikTokのオリジナル音源の作り方を実践してみてください。そうすることで、沢山のTikTokのオリジナル音源を作ってアップロードできます。

オリジナル音源の作り方は複数存在する

TikTokのオリジナル音源の作り方は複数ありますので、自分に適した、TikTokのオリジナル音源の作り方を見つけて作ってみましょう。そしてアップロードして、成果を人に見せることができるので試しましょう。

気に入った音源がTikTokにない場合はアップロードが必要

TikTokでオリジナル音源を使いたい場合のアップロードのやり方1つ目は、気に入った音源がTikTokにない場合はアップロードが必要というものですので、ぜひアップロードしましょう。

楽曲のタイトルに注意

TikTokでオリジナル音源を使いたい場合のアップロードのやり方2つ目は楽曲のタイトルに注意するというものです。違反にならないように楽曲のタイトルに注意してアップロードしましょう。

15秒〜60秒尺の動画でアップロード

TikTokでオリジナル音源を使いたい場合のアップロードのやり方3つ目は15秒〜60秒尺の動画でアップロードするというものです。ぜひ15秒〜60秒尺の動画でアップロードしましょう。

TikTokで使うオリジナル音源の作り方

TikTokで使うオリジナル音源の作り方を紹介しますのでTikTokで使うオリジナル音源の作り方が知りたいと考えている人はTikTokで使うオリジナル音源の作り方を確認しましょう。

とても簡単なオリジナル音源の作り方

TikTokで使うオリジナル音源の作り方の1つ目はとても簡単なオリジナル音源の作り方です。とても簡単なオリジナル音源の作り方はサンプリングなどで作ることができるので実践しましょう。

完全オリジナル音源は音楽作成ソフトが必須