【TikTok】重い原因と対処法!データ量を抑える方法も紹介

人気の動画アプリ「TikTok」。短い動画がたくさん投稿され、見ていると次から次へ見てしまうような中毒性のあるアプリです。ただ、まれにアプリが重い場合があります。この記事では、TikTokのアプリが重い場合の原因や対処法を紹介します。

【TikTok】アプリが重い原因

まずは、TikTokのアプリが重い4つの原因を見ていきましょう。

原因①スマホに空きストレージがない

TikTokのアプリだけではありませんが、スマホのアプリが重い原因の1つに、スマホの空きストレージが少ないことが原因になる場合があります。最近では大容量のストレージを備えているスマホが増えてきています。

写真や動画、ゲームなど多くの用途でストレージを圧迫するためアプリの動作にも影響を及ぼします。

原因②TikTokへのアクセスが集中している

TikTokへのアクセスが集中することが原因でアプリが重い場合があります。有名な投稿者が動画を配信したすぐなどだとTikTokへのアクセスが集中することが考えられます。

アプリが重いというのとは少し違いますが、アクセス集中によって繋がらなくなる可能性はあるので覚えておきましょう。

原因③メモリに負荷がかかっている

スマホやPCはメモリに負荷がかかっているとアプリが重い原因につながります。スマホで言うと、たくさんのアプリを同時に動かしている場合や、動作の重いアプリを同時に起動させている場合はメモリに負荷がかかります。

原因④通信速度が遅い(速度制限含む)

通信速度が遅いとTikTokが重いと感じる場合があります。TikTok動画を見るには通信環境が必要です。一部の動画はスマホに直接保存することができますが、保存するのにも通信を使用します。

通信速度が遅いと動画が重いということになるので通信が不安定な場所やスマホの速度制限がかかっている場合はTikTokも重い場合があります。

TikTokで消費するデータ量の目安

TikTokの動画は短い動画がほとんどですが、その分多くの動画を見たくなるような仕組みになっているので気付いたら多くのデータ量を使ってしまっているということが考えられます。

モバイルデータ通信化で多くの動画を見ると通信制限になり結果動画視聴が重い状況になります。TikTok動画は1本5〜10MB程度と言われています。

1時間程度TikTokの動画を視聴し続けると500MB程度のデータ量を使うので利用できるデータに限りがあるプランを契約している方だとすぐに通信制限になってしまう危険性があります。

【TikTok】アプリが重い時の対処法

前項ではTikTokのアプリが重い時の4つの原因を紹介してきました。ここからはTikTokのアプリが重い時の5つの対処法を紹介していきます。

対処法①空きストレージを増やす