【TikTok】動画の早送り/スキップ機能の操作方法を解説

TikTokの動画には早送りやスキップなどの機能やシークバー、スライダーなどはあるのでしょうか。またどのように使えばいいのかを解説していきますので、TikTokを使ってみたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

早送りやスキップは動画画面の下にあるシークバー上のスライダーを右にドラッグ

TikTokというショート動画サイトがあります。TikTokは2018年ごろよりサービスが開始されたショート動画サイトで、YouTubeなどと同じように誰でも登録をすればTikTokに動画を投稿することができるのです。TikTokは具体的にどのようなことができるのかを紹介していきますので、TikTokに動画を投稿してTikTokの早送りやスキップの機能を使いこなしたい人は、ぜひ参考にしてください。

TikTokでアップロードできるのは1分の動画

YouTubeなどの動画サイトでは、何時間という長尺の動画を投稿することができますが、TikTokでアップロードできる動画は最高1分間という短さです。その1分間という動画に、TikTokの様々な機能を使えば短い動画でも人に強烈な印象を与えることができるのです。TikTokで使える機能を覚えて、短い動画を投稿したいというときはぜひTikTokの機能を存分に活用してTikTokに動画を投稿しましょう。

早送り機能を使って動画を充実させてみよう

TikTokにアップロードできる動画は、最高1分間と決まっています。その1分間のTikTokの動画は無編集でアップロードしてももちろんいいですが、1分間という短い時間の中で強烈な印象を残したいという時はTikTokの早送り機能を使いましょう。TikTokの早送り機能を使うことで、1分間という短い尺の中でも自分が何をアピールしたいか、そしてそのアピールしたいことを、視聴者に見せることができるのです。

2分の動画は倍速を使って1分に収めてみよう

TikTokの早送り機能とはどういうものなのでしょうか。TikTokに動画を投稿するときは1分間に収めないといけないので、例えば2分間の動画を投稿したいと思ってもできません。1分間に分割した2つの動画をアップロードするしかないのです。そんなときに役立つ機能が早送り機能となります。どのように早送り機能を使えばいいのかを紹介していきますので、早送り機能を使いたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

早送り機能で動画を充実させて流行らせよう

TikTokの早送り機能とは、例えば2分間の動画を投稿しようと思ってもできないので、動画を倍速して早送りにして投稿することでできるようになります。2分間の動画を1分にしたいというときは2倍速という早送り機能を使えば、動画を2分から1分にすることができます。1分までの動画を投稿できるTikTokで、2分ぶんの情報がある動画を投稿したいと考えている人はぜひ早送り機能を使って動画を編集してみてください。

TikTokは様々な種類の音楽が用意されている

早送り機能の他にも、TikTokには音楽がたくさん用意されています。その音楽を使って、ダンス動画を撮ることも可能なのです。その音楽をわざとゆっくりにして、それを聞きながらダンスをしている様子を撮影します。そして早送り機能を使うと、音楽とぴったり合うようにダンスが早く再生できるのです。TikTokの音楽と、TikTokにある早送り機能を使って、自分が皆に見せたいダンスの動画をぜひ作ってみてください。

TikTokでは今何が流行っているか分かる

またTikTokでは、一度流行ったことを皆が真似しやすいという自由さがあります。例えばTikTokで2018年ごろに、倖田來未さんがカバーした「め組のひと」という歌がLINEミュージックで1位を取るということがありました。この歌が発売されたのは2010年です。8年の時を経て、何故この歌がLINEミュージックで1位を取ったのかというと、TikTokでこの歌にのせてダンスを踊る動画が流行ったからです。

TikTokは3年経っても人気が衰えないアプリ

TikTokは、手軽さや音楽の豊富さ、早送り機能を使って2分の動画を1分にするなどのユニークさから、2018年には世界一ダウンロードされたアプリ部門で1位を取りました。TikTokは2021年現在もその勢いが衰えることなく、若者に大人気のアプリとして人気を獲得しています。TikTokから人気が出てテレビなどに出演するという人たちもいますので、TikTokを使って知名度を上げたい人は試してください。

自分にとってあまり見たくない動画がある

TikTokはその時人気の動画を表示してくれます。1本の動画を1分という短時間で見ることができるため、次々に楽しい動画を見ることができます。しかし自分にとって楽しい動画ばかりが見られるというわけではありません。自分にとって不快に感じるような動画も表示されることがあります。そのようなときは早送り機能を使ってその動画を早送りできます。また、スライダーやシークバーを使ってスキップすることも可能なのです。

見たくない動画は早送りやスキップができる

早送りやスキップをしたいときは、TikTokの動画の画面下部に、シークバーというものがあります。そのシークバーにあるスライダーを右にドラッグすることでスキップをすることができますので試してみてください。TikTokの早送りやスキップをしたいという人はこれから紹介する様々なやり方を参照して、不快な動画は早送りしてTikTokの動画を楽しみましょう。

iPhoneとAndroid共に表示や操作方法は同じ

TikTokで見たくない動画があるというときは基本的にiPhoneとAndroid共に表示や操作方法は同じです。シークバー上にあるスライダーを右にドラッグすることで早送りやスキップができるのです。

2021年初夏ころからTikTok動画の早送り機能が順次搭載

2021年初夏ころからTikTok動画の早送り機能が順次搭載されたというニュースが出回りましたが、しかしTikTokの公式の発表に早送り機能が搭載されたというものは一切ありませんでした。

一部のアカウントから徐々に搭載が開始されている模様

動画の早送りが全てのユーザーに搭載されるようになったというわけではなく、一部のアカウントから徐々に搭載が開始されている模様です。自分はまだだという人はこれから搭載される可能性があります。

早送り機能が反映されていれば動画画面の下にシークバーとスライダーが表示

早送り機能が反映されていれば動画画面の下にシークバーとスライダーが表示されるので、飛ばしたい動画があったときには動画の画面の下にシークバーやスライダーが表示されるかを確認しましょう。

全ての動画で早送り機能が使える訳ではない

全ての動画で早送り機能が使える訳ではありません。TikTokでは1分以下の動画を投稿することができます。例えば30秒以下の動画ではスキップや早送り機能を使えないので注意しましょう。

公式未発表だが長さ30秒以上の動画で早送り機能が使える模様

公式では未発表ですが、動画の長さが30秒以上の動画で早送り機能が使えるという情報があります。しかし確実に早送り機能が使えるということはまだ確定はしていないので、注意をしてください。

プロモーション動画も早送りやスキップができない模様

関連する記事