twitterの動画時間は最大何秒?便利な動画編集アプリもご紹介

Twitterは、若者を中心としてますます利用者が増えてきていることと思います。Twitterでの投稿は動画時間が140秒という制限があります。ここではTwitterで動画時間が140秒を超えた動画を投稿するための方法等について説明していきます。

Twitterの動画時間には140秒と時間制限がある 

Twitterで投稿することの出来る動画時間については、140秒までと時間制限があります。
この140秒という時間を短いと感じるのかまたは充分だと思うのか、捉え方は人それぞれあると思います。

Twitterに動画投稿の機能が当初追加された時点では動画時間は30秒までとなっておりました。それが現在では動画時間が140秒までとなっていますが、Twitterでは投稿できる文字数についても上限が140字と決められており、その文字数と合わせているためです。

制限と聞くと通常わずらわしく感じることが多いと思いますが、この制限があってこそ、趣があり、工夫されたものが生まれるということも充分にありえることだと思います。では、この140秒を超えた場合ですが、トリミングの編集が必要となります。140秒を超えたすべての部分が切り取られるわけではなく、トリミング箇所については自由に決めることは可能です。

トリミングする箇所を選べるという点では嬉しいのですが、いずれにしても140秒という制限は残ります。それでは140秒という動画時間制限は超えることはできないのかというとそうではありません。今回は140秒という動画時間の制限を超えて動画を投稿する方法を解説していきますのでご確認ください。

Twitterで140秒以上の動画を投稿する方法

Twitterで動画時間が140秒以上の動画を投稿する方法はいくつかあります。

それでは以下に制限以上の動画を投稿する方法について解説いたします。

動画サイトに投稿した動画をシェアする

まず一つ目の方法として動画サイトに投稿した動画をシェアすることで動画時間が140秒以上の動画を投稿することができます。

YouTubeへ投稿した動画をTwitterでシェアした場合、動画時間が15分の動画を投稿することが可能です。Youtubeの埋め込みコードを用いることで動画の長さを気にしないで、Twitterへ投稿することができるのです。

埋め込みコードを使用する際は、いったんYoutube側に動画を保存する必要がありますが動画を保存しているため、Twitterに投稿することは必要ありません。140秒という時間制限を気にすることなく、投稿出来るのでおすすめとなっています。

携帯のSMSを使用し、Googleアカウントの確認をするということで、15分以上のアップロードが可能となります。1本につき時間・サイズの上限は128GBもしくは12時間以内に決められており、パソコン版またはモバイル版でそれぞれGoogleアカウントの確認方法はことなります。

YouTubeにアップロードした後の手順

Youtubeアップロード後の手順はとても簡単です。次の方法でスマホとパソコンの両方に対応可能となります。

1.Youtubeにアクセスをし、投稿する動画を選択してください。

2.投稿する動画を表示後、画面右下にある「共有」をクリックし、Twitterを選択するとURLが貼り付けられてツイート可能の状態になります。

以上がYoutubeを活用し、動画時間制限を気にせずに動画を投稿する方法となります。

動画広告として投稿する

LINE 復元方法

Twitterのタイムラインで、広告が出てきたという見覚えのある方は多いと思います。
Twitter上においても動画広告であり、かつ企業の広告主のアカウントであれば、動画時間が140秒以上の動画を投稿することが許可されています。Twitterの動画の広告については、タイムライン上でそのまま再生されますので、別のサイトへのリンクをユーザーがクリックするという必要はありません。何気なく視聴をしてもらえるということが多く、ユーザーに対して不快感を与えにくいと思います。

それでは広告主としてTwitterに動画を投稿することについてのメリットを確認していきましょう。

10〜20代の世代のユーザーに対してアプローチができる

Twitterは、10〜20代の若い世代ユーザーに人気のあるSNSです。そのため動画広告をTwitterに出すということで、新たなユーザーに対してアプローチをすることが可能となるでしょう。

リツイートにより、認知度アップを期待できる

Twitterの投稿については、リツイートにより拡散されることが可能です。
拡散がされると数十万人に投稿が届くようなこともあり、商品・サービスの認知度アップを期待することができます。

広告費用が低価格であるため、広告を出しやすい

Twitterでの広告の費用はキャンペーンなどで異なりますが、基本的には、「いいね」または「フォロー」などのアクションに課金がされます。
ひとつのアクションが40〜100円となっているため、それほど広告費用はかかりません。

出稿に対しての金額が低いので、予算が限られている中でも広告を出しやすいです。

詰め込みすぎない表現がTwitterの魅力でもある 

twitterには投稿できる動画時間の制限はありますが、ユーザーの中にはtwitterには制限があるからこそ使いたいという意見も多くあるようです。詰め込みすぎない表現というものがtwitterの魅力の一つであるといえるでしょう。

限られた中で表現するのも楽しい

twitterは、その投稿できる動画時間が短いからこそ創意工夫が必要となり、限られた時間の中で視聴をされる内容を考えるからこそよりよい表現ができるということはあるのではないでしょうか。制限があり、限られた中で表現するということを是非楽しみましょう。

投稿できる文字数の制限もある