自分のツイートの検索方法解説!ツイート検索ツールも紹介します!

twitterで過去の自分のツイートを検索するツールに「My Top Tweet」というツールでも検索することができます。これはアカウント名での検索することで過去のツイートを調べることができます。

「My Top Tweet」は「Frikaetter」や「Twilog」と違い、リツイート数が多い投稿を調べることができるツールです。表示される件数はリツイートが多いものが最大10件表示されるようになっています。

「My Top Tweet」は自分のツイートだけでなく、他のアカウントを調べることができます。そのため自分のツイートや他者のツイートを比較してリツイートされやすい投稿の特徴などを分析する際などにも使用することができます。

自分のツイート検索ができない時の原因と対処法

自分のツイートを検索した際に、できないケースが存在しています。検索できないケースでは様々な原因が考えられます。これは検索しているアカウントの設定であったり、自分のツイートの状態であったり様々な要因が考えられます。

具体的にはアカウントが凍結されていたり、アカウントの状態が鍵付きのアカウントである場合は検索しても表示されないケースがあるようです。また、ツイートそのものが削除されており、検索しても出てこない場合もあります。

これら以外にもtwitter内でコマンドを使用して過去の自分のツイートを検索してる場合は検索することができません。これらのようにtwitterから検索しても過去の自分のツイートが出てこないときの原因と対処法を紹介していきます。

①鍵垢になっているとツイート検索ができない

自分のツイートを探す際にアカウントが鍵付きアカウントであるとツイートの検索ができない仕様になっています。これは鍵付きアカウントの設定はツイートが公開されないようにするために鍵付きのアカウントになっています。

鍵付きアカウントでも検索することでツイートが表示されてしまう場合、非公開にしていても見れる状態になってしまいます。そのため鍵付きアカウントになっている場合はそもそも検索しても自分のツイートが出てこないようになっています。

この場合の対処方法は鍵付きアカウントを解除して再度検索をするという方法があります。一度設定で鍵付きアカウントの設定を解除して、検索して再度鍵を付けることで鍵付きアカウントでも検索することができます。

②ツイートが削除されている

自分のツイートをtwitterで検索して出てこない原因として自分のツイートが削除されているというケースがあります。これはtwitter社側の規約に抵触してしまい削除されているというケースと自分自身で削除しているというケースがあります。

この場合はツイートそのものが削除されているため検索することがtwitter上から見つけることもできません。そのため自分のツイートを検索しても見つけることができません。この場合はアカウントで検索しても意味がありません。

このような場合では、twitterでのツイート検索ツールなどを使用して検索しても自分のツイートを発見することは困難です。そのためツイートが削除されている場合は現状では諦めるしかないです。

③検索コマンドが間違っている

自分のツイートを検索しても出てこない場合、コマンドが間違っているケースもあります。これは検索する際にtwitterで使用しているコマンドの入力自体が間違ってしまっているというケースがあります。

このようなコマンド入力ミスで考えられる場合は、検索する際にスペースが入力されていないという場合や日付検索で「2020-01-01」で表記しなければならないものが「2020-1-1」の様に表記されてしまうケースもあります。

このようにコマンド入力でミスが起こってしまっている場合は検索結果がエラーになってしまいます。そのため、自分のツイートを検索した際に削除していない、鍵付きアカウントではないケースでも検索結果が出てこない場合はコマンドが間違っているというケースがあります。

④アカウントが凍結されている

自分のツイートを検索しても出てこない場合、アカウントが凍結されているというケースも考えられます。これは、twitterの利用規約違反をしてしまい、アカウントそのものが利用制限かかけられている場合があります。

もしtwitterのアカウントが凍結された場合に一度目の凍結である場合、凍結解除を自身で行えます。しかし複数回twitterからアカウント凍結が実行されている場合は、twitterに凍結解除の問い合わせを行う必要があります。

twitterのアカウントが凍結されている場合は検索も含む多くの機能に制限を受けてしまうため検索をしても出てこないケースがあります。この場合は検索を行う前にtwitterのアカウントの凍結の解除を行う必要があります。

⑤Twitterの調子が悪い

自分のツイートを検索しても出てこない場合アカウントは鍵付きでなく凍結も行われていなく、ツイートを削除していないが検索しても出てこないという場合はtwitterの調子が悪いというケースがあります。

これはtwitterの生涯が発生しているというケースです。これはtwitterのアプリ自体にデータベースなどが入っているわけでなく、別の場所で大きなサーバーにデータベースなどを保有して、そこですべてのアプリケーションからのツイートなどを管理しています。

これらのサーバーなどに障害が発生してしまい、その影響を受けた結果検索ができないという不具合も発生するケースもあります。そのため、アカウントや自分のツイートにも問題ない場合はtwitterの調子が悪いことが考えられるため、時間をおいて再度検索をするという解決策があります。それでもできない場合はヘルプセンターへ問い合わせましょう。

まとめ

twitterでは自分のツイートを検索することが可能になっています。これはアカウントを凍結されたり、鍵付きアカウントでなければtwitter上でもコマンドを入力することで検索することができるようになります。

またtwitterから検索する方法以外にもツールを活用して検索するという方法もあります。これ等のツールはツールごとに特徴があり、コマンド入力を簡略化したものから自分のアカウントの運用を効率化できるものまで存在します。これらのツールを活用することで検索だけでなく運用まで効率化が可能になります。

自分のツイートを検索する際にうまく検索できない場合はアカウントが鍵付きになっていたり、アカウントが凍結されている場合があります。またツイートを削除してしまったりしていても検索できない状態です。このような状態になっていないかを確認し、外部ツールなどを活用することで自分のツイートを効率的に検索することができます。

関連する記事