自分のツイートの検索方法解説!ツイート検索ツールも紹介します!

twitterでは自分のツイートや他の人のツイートを検索する際に、「高度な検索」ということを行うことができます。この高度な検索をする方法として、キーワードやユーザー、言語、ハッシュタグなどで検索することができます。

「高度な検索」を実施するためには、最初にキーワードを入力します。次にアカウントを入力します。この情報を最低限入力することで「高度な検索」を行うことができます。この検索方法はコマンド入力不要で行うことができます。

「高度な検索」でも過去のツイートを検索する際の注意点として鍵付きアカウントは検索しても表示することができません。また自分のツイートを検索をする際に削除してしまったツイートに関しては検索することができません。

ツイート検索ツールを使う方法もある

 

twitterで過去の自分のツイートを検索する方法として、ツールを使用して自分のツイートを検索することができます。これは外部ツールを活用することで自分のツイートをより容易に行うことができるようになります。

twitterで検索するツールは様々なものが存在いして、「Twilog」や「Social Dog」などのツールが存在しています。この検索ツールを使用するメリットとして、公式の方法でやるより簡略化して自分のツイートを検索することができます。

上記のツールを活用することで簡略化されるだけでなく、コマンドなどの入力を行うことなく検索することができるなどのメリットもあります。このツールの多くはwebアプリケーションの形になっているため、PCでも使用することができます。

ツイート検索ツール① Twilog

twitterの過去の自分のツイートを検索するツールに「Twilog」というツールがあります。これはwebアプリケーションという形で展開されています。「Twilog」ではアカウント名を検索することで最新のツイートを100件分表示することができます。

Twilog」では検索用のテキストボックスが存在しているため、そこにアカウント名を入力することで検索を行うことができます。検索するとアカウント名に入力したアカウントが投稿した直近100件分のツイートを取得することができます。

またメニューアイコンを選択して検索することもでき、ツイート検索を行う際にキーワード検索なども行うことができます。このキーワード検索では、公式の検索方法である「and」や「or」などの演算子も活用することができる使用になっています。

ツイート検索ツール② Social Dog

twitterで過去の自分のツイートを検索するツールに「Social Dog」というツールもあります。このツールはtwitterを運用するためのツールとして展開されています。「Social Dog」は過去の自分ツイートを検索することが可能です。

さらに「Social Dog」は過去のツイートを検索する以外の用途もあります。「Social Dog」は分析やツイートの予約投稿も可能にするための管理ツールになっています。そのためキーワードによる検索以外にもtwitterのアカウント運営も円滑に行うことができるようになります。

そのため「Social Dog」を使用する際には過去の自分のツイートを検索するだけでなく、予約投稿を設定するなど「Social Dog」を使用して包括的にtwitterアカウントを運用してみるのも良いでしょう。

ツイート検索ツール③ ツイセーブ

twitterで過去の自分のツイートを検索するツールに「ツイセーブ」というツールがあります。この「ツイセーブ」もtwitterの過去に投稿した自分のツイートを検索することができます。

さらにこの「ツイセーブ」は過去の自分のツイートを検索する以外にも機能があります。それは、検索した自分のツイート内容を保存することができる機能です。この機能を使うことで後に保存したデータからも検索を行うことができます。

「ツイセーブ」の機能である自分のツイートの内容を保存する機能を使い、ツイート内容を保存してから自分のツイートを削除するなどの運用方法もあります。自分のツイートを削除したいけど内容は保存しておきたいなどという場合には「ツイセーブ」を活用するのが良いです。

ツイート検索ツール④ 簡単検索くんツール

twitterで過去の自分のツイートを検索するツールに「簡単検索くんツール」というものがあります。この「簡単検索くんツール」でも「Social Dog」や「Twilog」のように過去の自分のツイートを検索することができます。

「簡単検索くんツール」は公式のtwitterで行える検索方法である演算子を活用する検索方法をコマンドを打たないでも実施することができるようにするためのツールになっています。そのためコマンドを入力しないで使用することができます。

「簡単検索くんツール」は公式に近いような形で使用することができるツールになっています。そのため公式のtwitterでコマンドを使用して検索を行っている場合は、コマンドを使用せず、簡略化して自分のツイートを検索することができるようになります。

ツイート検索ツール⑤ Frikaetter

twitterで過去の自分のツイートを検索するツールに「Frikaetter」も過去の自分のツイートを確認することができるツールです。「Twilog」と違い「Frikaetter」は過去のツイートを古い順から表示することができます。

「Frikaetter」は過去の自分のツイートを最大3200件までを表示することができます。これは「Twilog」と比較してもかなりの量、過去の自分のツイートをさかのぼって検索することができます。

「Frikaetter」は古い順から自分のツイートを表示することができます。そのため公式のtwitterでの検索では最新のものから表示されてしまうため過去のツイートを見る場合に時間がかかってしまいます。そのため古いものを検索したい場合は「Frikaetter」を活用するのも良いです。

ツイート検索ツール⑥ My Top Tweet

関連する記事