gpedit.mscの導入方法から見つけ方・使い方まで徹底解説!

Windowsの管理用ツールであるgpedit.msc。

「ローカルグループポリシーエディター」に格納されていますが、無い場合はgpedit.mscを導入する必要があります。

そこで今回はgpedit.mscの導入方法から見つけ方・使い方をご紹介します。

gpedit.mscをインストール/導入する方法〜Windows10 64bit〜

ではgpedit.mscをインストールしていきましょう。

手順①ファイルをダウンロードしインストールする

まずgpedit.mscには

  • 32bit
  • 64bit

の2つがあります。

ただWindows 10についてはgpedit.msc64bitを導入したほうがいいのでgpedit.msc64bitを導入するていで進めていきます。

そしてgpedit.mscのファイルをダウンロードしていくにはこちらのサイトにアクセスしてください。

続いて

  1. add_gpedit_msc_by_jwils876-d3kh6vm」を解凍する
  2. setup.exeをダブルクリック
  3. インストール画面が表示されるので「Next」→「Install」→「Finish」をクリック
  4. .NET Framework3.5(.NET2.0)のインストール画面が表示されれば「はい」をクリック
  5. PCの再起動

でOK。

手順②GroupPolicyをsystem32に貼り付ける

次にGroupPolicyをSystem32に貼り付けましょう。

手順は

  1. C:\Windows\SysWOW64を開く
  2. GroupPolicy」をコピーする
  3. C:\Windows\System32に貼り付ける

でOK。

GroupPolicyUserも一緒にsystem32に貼り付ける

ここでGroupPolicyUserも一緒にSystem32に貼り付ける必要があります。

手順は

  1. C:\Windows\SysWOW64を開く
  2. GroupPolicyUser」をコピーする
  3. C:\Windows\System32に貼り付ける

でOK。

手順③ローカルグループポリシーが起動するか確認する

次にローカルグループポリシーがしっかりと起動するかどうかを確認しましょう。

手順は

  1. Windows + Rキーを同時押し
  2. 「ファイル名を指定して実行」で「gpedit.msc」を実行
  3. 「スナップインを作成できませんでした」が表示される

でOK。

エラーが表示されてしまいますがこのまま進めていきましょう。

手順④ユーザーIDを書き換える

このままだとファイルが動作しないのでユーザーIDを書き換える必要があります。

書き換える手順としては

  1. 「C:\Windows\Temp\gpedit\」を開く
  2. 「x64.bat」を編集画面で開く

でOK。

%username%をPCのユーザー名に書き換える

続いて

  1. x64.batのメモ帳が開く
  2. %username%」をPCの名前に書き換える
  3. 「ファイル」→「上書き保存」をクリック

でOK。

手順⑤ユーザーIDを確認する

ここでPCのユーザーIDが不明の場合は、ユーザーIDを確認しましょう。

手順は

  1. Windows + Rキーを同時押し
  2. 「ファイル名を指定して実行」でcmdと入力し実行
  3. コマンドプロンプトを開く
  4. ユーザーID」を確認する

でOK。

手順⑥x64.batファイルを管理者として実行する