【Twitter】マイナス検索の方法!特定のキーワードを除外しよう

Twitterで邪魔なキーワードが検索に引っかかってしまうことがありますよね。

結構面倒でいちいちスクロールで消す必要があります。

そんな面倒を解決できるTwitterのマイナス検索という機能があります。

今回はTwitterでのマイナス検索について見ていきます。

Twitterで特定のキーワードを除外するマイナス検索(除外検索)のやり方

ではTwitterで特定のキーワードを除外するマイナス検索(除外検索)のやり方を見ていきましょう。

Twitterで特定のキーワードを除外するマイナス検索(除外検索)のやり方については詳しく述べているのでじっくり見ていきます。

マイナス検索とは?

まずマイナス検索とはいったい何なのかを見ていきましょう。

 

Twitterの公式がマイナス検索についての説明のツイートをしていました。

必要のない検索したくないキーワードに-をつけて検索するとそのキーワードが除外されます。

「-”除外したいキーワード”」で除外が可能

例を挙げますと「あいうえお」と検索したいとします。

ただ「かきくけこ」は検索に含みたくないとしましょう。

すると検索は「あいうえお -かきくけこ」と検索するとOkです。

これで「かきくけこ」が表示されないようになります。

 

このように-をつけて除外するキーワードを決めることができる機能がマイナス検索なんです。

マイナス検索を有効活用できればなお良しです。

 

このように意外とマイナス検索は知られていないんです。

Twitterが大々的に公開していなかったことも要因に挙げられます。

PCからであれば「高度な検索」機能でもマイナス検索が可能

またPCからであれば「高度な検索」機能でもマイナス検索が可能なんです。

これが高度な検索です→https://twitter.com/search-advanced?lang=ja

 

「高度な検索」では検索結果を特定の期間や特定のアカウントなどで絞りこむことができ探しているツイートを見つけやすくなります。

使い方は以下の通りです。

 

まずTwitterの検索バーに検索語句を入力します。

次に「高度な検索」をクリックし検索結果を絞り込むため必要なフィールドに入力します。

最後は「検索」をクリックし結果を表示させましょう。

 

これで完了です。

Twitterでマイナス検索ができない時に考えられる理由

ではTwitterでマイナス検索ができない時に考えられる理由を見ていきましょう。

検索ができない場合はこういった理由が考えられますね。

除外したいキーワードがダブルクォーテーション(””)で囲われていない

除外したいキーワードがダブルクォーテーション(””)で囲われていないことが理由です。

-をつけただけでは除外はされません。

-をつけてダブルクォーテーション(””)で囲む必要があります。

ダブルクォーテーション(””)が抜けていないかチェックしましょう。

マイナス検索が使えるTwitter以外のツールやサイトの一例