AppleMusicでファミリー共有できないときの対処法5つ!デメリットも

AppleMusicにはファミリー共有という使い方ができるのをしていますか。お得にサブスクを利用できるので使っている人も多いのですが、ファミリー共有がうまくいかないということがあるようです。今回はその対処法と登録方法をご紹介します。

AppleMusicのファミリー共有とは?

AppleMusicは複数人でAppleMusicを使うことができるプランです。月額1480円で六人まで使うことができます。普通に一人でアカウントを使用する場合、月額980円なので、二人以上で使う場合にはお得ということになります。AppleMusic以外の音楽アプリにも同じようなプランがありますAppleMusicのファミリー共有は簡単に設定できますので、後ほどその方法は紹介します。

AppleMusicでファミリー共有ができないときの対処法|その①

AppleMusicでファミリー共有をしてみたとして、ファミリー共有ができないときがあるかもしれません。その対処法についてご紹介します。AppleMusicでファミリー共有ができない時の対処法としてまず考えられるのがiCloudからのサインアウトです。ファミリー共有を設定しているAppleIDから全ての端末でサインアウトします。その状態でファミリー共有に登録作業を進めたいデバイスを再起動して、もう一度iCloudにサインインします。こうすることでAppleID関連で起きているエラーがリセットされて登録できることがあります。

AppleMusicでファミリー共有ができないときの対処法|その②

次に考えられるAppleMusicでファミリー共有ができない時の対処法として、共有したい相手がファミリーメンバーとしてメンバー登録されているか確認する、があります。ファミリープランを他の人と共有して利用するためには、ファミリープランを購入している人が、共有したい人をファミリーメンバーとして登録する必要があります。それが行われているか必ず確認してください。

ファミリーメンバーへの登録方法

ファミリーメンバーへの登録方法がそもそもわからないという方もいるかもしれません。ここでは登録の方法を説明します。iPhoneの「設定」マークをタッチすると自分の名前が書いてある欄があります。そこを選択してください。「ファミリー共有」を選択して、「ファミリーメンバーを追加」から既にAppleIDを持っている人を追加するには「iMessageで登録を依頼」あるいは「直接会って登録を依頼」を選択します。ファミリープランを利用したい人に自身のAppleIDとパスワードを入力してもらい本人確認をしたら完了です。

Applemusicでファミリー共有ができないときの対処法|その③

AppleMusicでファミリー共有ができない時の対処法3つ目がファミリー共有の設定でAppleMusicがONになっているかどうかの確認です。AppleMusicをファミリー共有で使うためには共有機能をオンにする必要があります。上で紹介した「ファミリー共有」画面からAppleMusicをタッチしてください。「オン」に変わります。ファミリー共有ができない人はこの欄がきちんと「オン」になっているか確認してみてください。

Applemusicでファミリー共有ができないときの対処法|その④

AppleMusicでファミリー共有ができない時の対処法四つ目が、ファミリー共有ができる内容を共有しようとしているのかどうかの確認です。

共有できるかどうか確認する方法

あるアプリが共有できるのかどうか、を確認する方法は次の通りです。まずApp Storeを開きます。目的のアプリを探します。下にスクロールして「サポート」を表示させ、「ファミリー共有」と表示されているかを確認します。これが表示されていれば共有できますし、表示されていなければ共有できません。