2020年ビジターアンケートの正体とは?どんな詐欺なのかを解説

また2020年間ビジターアンケートの画面が表示されてしまい、ウェブブラウザの画面を閉じることができなければパソコンやスマートフォンを再起動するのもいいかもしれません。しかしパソコンやスマートフォンを再起動する際にデータは正常に保存できていないとデータが破損したり、削除されてしまう場合もあるので注意してください。

また2020年間ビジターアンケートが表示された場合は、もしかしたら他のソフトウェアを同時にインストールや処理が実行されてしまっている場合もあるので、もし不安な場合はデバイスを再起動するとリフレッシュできるためおすすめです。

答えてしまっても焦らない

2020年間ビジターアンケートの画面が表示されてしまった場合の対処法を紹介してきましたが、基本2020年間ビジターアンケートが表示されてしまっても焦らないで対処することが大事になってきます。焦らず2020年間ビジターアンケートの画面を閉じてしまえば、個人情報を盗まれてり、クレジットカード情報を悪用されることも少ないです。

そして万が一2020年間ビジターアンケートを答えてしまっても、焦らないことが大切です。しかし2020年間ビジターアンケートの場合一度表示されて二度は表示されないので、キャンセル手続きなどができないシステムになっているのでどのように対処すればいいのでしょうか。

答えてしまった時の対処法

焦ってしまい2020年間ビジターアンケートを答えてしまわないことが一番ですが、万が一答えてしまった場合は、どのような対処法があるのでしょうか。ちゃんと対処法をすることでフィッシング詐欺に遭わなくて済む場合もあります。また事前に自分のパソコンにフィッシング詐欺やネット詐欺に合わないようにウィルス対策ソフトやインターネット設定をしておくと2020年間ビジターアンケートのようなネット詐欺画面の表示を事前に防ぐこともできます。

まずはウィルス対策ソフトをデバイスにインストールして、不明なサイトや悪用されているURLにはアクセスしないようにすることも大切です。

すぐクレジットカード会社に連絡すること

また万が一2020年間ビジターアンケートに答えてしまい送信してしまった場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡しましょう。クレジットカードの利用をストップさせることで2020年間ビジターアンケートで答えてしまったクレジットカードを悪用されるのを防ぐことができます。まずは自分のクレジットカードの公式会社に電話をして、理由を話してクレジットカードの停止依頼をしましょう。

このように2020年間ビジターアンケートに答えてしまっても対処することができますが色々とやることが増えてしまいます。なのでできる限り答えないようにすることをおすすめします。

増え続けるネット詐欺の手口

2020年間ビジターアンケートのようなフィッシング詐欺やネット詐欺は現在どんどん増えてきています。2020年間ビジターアンケートのように流行ることで世間に広まり、被害者を減らすことができますが、なかなかフィッシング詐欺やネット詐欺を見つけることは困難になっています。

理由としては、フィッシング詐欺やネット詐欺は対策されて進化を繰り返しており、さらに日常生活に溶け込んでいることからなかなか見分けるのが難しくなっています。一番の対策としては、自分が被害者になることもあるという危機感を持つことが大切です。

普段から気を張っておくことが大切

スマートフォンやパソコンが復旧したことでインターネットという便利なツールが現在当たり前のように利用できますが、その結果フィッシング詐欺やネット詐欺といった新しい詐欺や犯罪も増えてきています。このようなネット詐欺を事前に警戒して気を張っておくことだけでも対策に繋がる場合もあります。

なのでよくニュースやウェブサイトに掲載されているフィッシング詐欺やネット詐欺の情報をチェックしておき、もしかしたら次は自分も詐欺にあうかもしれないと思ってくことが一番よいでしょう。

ネット詐欺で被害が大きくならないうちに警察へ

またもしフィッシング詐欺やネット詐欺に合ってしまっても慌てないで対処することも大事になってきます。よく詐欺に合ってしまって慌ててしまい、2次被害にあってしまう被害者が多くいます。一度詐欺に合ってしまうと、簡単に引っかかる人なんだなと気づかれて、他の詐欺にあることもあるからです。

万が一フィッシング詐欺やネット詐欺に合ってしまって、落ち着いてまずは警察署や信頼ができる家族などに相談するようにしましょう。ネット詐欺は特にインターネット情報で頻繁にあるためついつい自己解決しようとおもってしまいますが、しっかり警察に連絡することも大事になってきます。

まとめ