【APEX】台湾サーバーは弱い?他のおすすめ海外サーバーも紹介

おすすめ海外サーバー④シドニーサーバー

マッチングが速いサーバーであり、数をこなしたい方にお勧めのサーバーです。なお、台湾サーバーと異なり、ping値が高いため、ダメージの出方にラグが影響するので慣れることが必要です。

【APEX】サーバーの変更方法

サーバーを変更するには、データセンターのサーバー一覧にアクセスするので、メインメニューを開きます。

PC版では、メインメニューは、APEXLegendsの起動画面あるいはロビー⇒設定から開けます。

データセンターを開くとサーバーの一覧が表示されます。サーバーの名称と一緒にping値やパケットロスの割合も表示されます。

サーバー一覧から、サーバーを選択してロビーに戻るとサーバーの変更が適用されます。

PS4版では、ゲームを起動してタイトル画面が表示されたらR3ボタンを押してデータセンターを表示すれば、あとは、PC版と同じです。

【APEX】サーバー変更のメリット

ここでは、サーバーを変更するメリットを説明します。

メリット①東京サーバーに比べると対戦相手が弱い

東京サーバーはそれなりにレベルも高く、動きもスマートなプレーヤーが多いです。そのため、なかなか勝てないことも。

東京サーバー以外の海外サーバは、敵があまり強くないケースが多いです。したがて、ランクマッチで効率よくポイントを稼ぐのには好都合です。

メリット②チーターを回避できる

PC版のAPEXではチーターが非常に多いです。東京サーバーなどでチーターを検知した場合は、サーバーを切り替えることでチーターの被害を回避できます。チーターがおさまったら、元のサーバーに切り替えればよいでしょう。

メリット③サーバーが落ちてもプレイできる可能性がある

不具合などでサーバーに接続できない場合、他のサーバーを切り替えてみることで、サーバーに接続できゲームを楽しむことができる可能性があります。

不具合には、ソフトが原因の場合のほか、サーバー本体やネットワークの不具合の場合もあります。サーバー切り替えは不具合特定の手段としても使える場合もあります。

メリット④世界のプレイヤーと対戦できる

国内でプレイする場合は、東京サーバがメインとなりますが、東京サーバーのユーザーはほとんどはアジア圏のプレーヤーです。

欧米のプレーヤーと対戦してみたい場合は、オレゴンサーバーなど海外のサーバーに接続してみるとよいでしょう。

【APEX】サーバー変更のデメリット

ここでは、APEXのサーバー変更のデメリットをご紹介します。

関連する記事