Lineでブロックをした場合とされた場合の確認方法を解説

Leでトークや電話などを辞めたい場合は、Lineのブロック機能を使います。ブロックしたことは相手には通知されませんがいろいろ動作が変わります。今回は、ブロックする側とされる側に、Line上で何が起こるのかを解説します。きちんと理解しておけば、何かあっても安心です。

Lineで相手をブロックする方法

友だちをブロックするには、以下の2つの方法があります。

  • 友だちリストから相手をブロックする
  • トークルームで相手をブロックする

①友だちリストから相手をブロックする

  1. Lineを起動し[ホーム]をタップする。
  2. [友だち]をタップする。
  3. ブロックしたい相手の名前を長押しし、[ブロック] > [OK] の順にタップする。

②トークルームで相手をブロックする

  1. トークルームをひらく
  2. 右上のメニューボタンをタップ
  3. 上部の「ブロック」をタップ

Lineで相手のブロックを解除する方法

ブロックする方法には、以下の2つの方法があります。

  • ブロックリストからブロック解除する
  • トークルームでブロック解除する

ブロックリストからブロック解除する手順

  1. 「ホーム」タブの設定ボタンから友だちをタップする。
  2. ブロックリストを選択しブロックリストを表示する。
  3. 解除したい相手を選ぶ。
  4. ブロック解除をタップする。

トークルームでブロック解除する手順

  1. トークルームをひらく。
  2. 画面右上のからメニュー画面に進む。
  3. ブロック解除ボタンを押す。

なお、Android版では、トークルーム上部のブロック解除ボタンを押すことでも解除できます。

Lineで相手をブロックした場合に起こる現象

Lineで相手をブロックした場合でも、相手にブロックしたことは通知されないので、すぐにブロックしたことがばれる心配はありません。

しかし、ブロックした相手とは、Line上ではコミュの機会が大幅に減ります。まず、友だちリストから相手が消えます。そして、1対1トークでのメッセージ送受信は不可となります。さらには、以下のような機能が使えなくなります。

  • ブロック相手とのトークルームでノートやアルバムの新規投稿ができなくなる
  • ブロック相手に無料通話を発着信できなくなる
  • ブロック相手の投稿がタイムラインに流れなくなる
  • ブロック相手にLINEスタンプがプレゼントできなくなる
  • ブロック相手がLINEゲームのランキングから消える
  • LI Payでブロック相手に送金できなくなる

なお、Lineで相手をブロックしても、グループトークや複数人トークはブロック前と同じように交流できます。

Lineで相手にブロックされた時に起こる現象

Lineでブロックした場合でも、ブロックされた相手側では画面の変化はほぼありません。そのため、相手はすぐにはブロックされていることに気付かないことがほとんどです。

ブロックされると、メッセージや無料通話を何回しても既読が付かなかったり、以下に示すような現象が発生します。

  • メッセージが相手に届かず、既読もつかなくなる
  • LINEの無料通話を発信しても相手が応答しない
  • グループトークに招待しても承認されない
  • ブロックされた後に新規作成した複数人トークでは相手にメッセージが届かない
  • タイムラインの投稿が見えなくなる
  • 相手のホーム画面の「全体公開」以外の投稿が見られなくなる
  • LINEスタンプのプレゼントができなくなる

Lineで相手にブロックされているかを確認する方法

Lineで相手にブロックされているかを確認するには、以下のような方法があります。

①スタンプをプレゼントする