CravingExplorerで動画取得失敗した時の原因と対処法

動画ダウンロードの注意点

①保存先の容量を確認する

動画を保存するハードディスクやメモリなどに十分な容量がない場合、取得失敗になりダウンロードに失敗したり不完全な破損ファイルとなり読み込めなかったりすることがあります。動画データは他のデータと比べて比較的サイズが大きいです。長い動画だと数GBになることもあるため、保存先には十分な容量を確保するようにしましょう。

②元サイトからウイルス感染の危険性

これは特に注意した方がいいポイントです。サイトから動画をダウンロードする途中の処理で、開発者が意図的に組み込んだ機能で動画ファイルをウイルスに感染させている場合があります。この処理は裏で行われるもので、通常利用者は気づくことができません。また先程のClipConverter.ccのように、悪意のあるサイトにリダイレクトしてしまう場合もあります。ウイルス対策ソフトなどをオンにしておきましょう。

広告にはご用心!

こうしたツールの多くはリダイレクトなどが行われます。リダイレクトされる広告の中には、音声つきでニセのウイルス感染警告メッセージを出しウイルス駆除と謳いクレジットカード入力が必要なソフトをダウンロードさせたり、「動画のダウンロードはこちら」などと表示し全く関係ないものをダウンロードさせたりするものがあります。ブラウザでリダイレクト設定をオフにしたり広告ブロック機能を利用したりすることで対策できます。

③違法ダウンロード

YouTubeに限らずインターネット上には製作会社や権利者の許可を得ずに無断でアップロードされているアニメなどのTV番組や映画、音楽などが多く存在します。第三者が無断で公開していると知りながらダウンロードすることは著作権法違反となり、「違法ダウンロード」になってしまいます。おかしいな?と思ったらダウンロードする前にアップロード者などの名前を確認するようにしましょう。

【まとめ】

今回はCravingExplorerで動画配信サイト(YouTubeやニコニコ動画)からの動画取得に失敗し、ダウンロードできない場合の原因と取得失敗の対処方法や代替ツール、ダウンロードの際に気をつけるべき点などを解説しました。ウイルス感染対策や違法ダウンロードには十分気をつけてくださいね。快適なYouTubeライフをお過しいただければ幸いです。