アプリケーション

カカオトークで送信取り消しの手順は?注意点や細かい点も解説

皆さんはカカオトークで送信取り消しをしたいと思ったことはありますか?

間違って送信してしまった場合は消したくなりますよね。

そこで今回はカカオトークで送信取り消しの手順について見ていきます。

また注意点や細かい点も解説していきます。

カカオトークでメッセージ送信取り消し手順

ではカカオトークでメッセージ送信取り消し手順を見ていきます。

カカオトークでメッセージ送信取り消し手順はまず「カカオトーク」を起動しましょう。

次の手順はトークルームを表示させ取り消したいメッセージを長押ししましょう。

次の手順は「削除」→「全員から削除する」をタップ。

手順はこれでOKです。

カカオトークでメッセージ送信取り消しの注意点

ではカカオトークでメッセージ送信取り消しの注意点を見ていきます。

このように嬉しい機能なのですが注意点があります。

①送信取り消しは5分以上経過するとできない

カカオトークでのメッセージ送信取り消しは、5分以上の時間が経過するとできない点に注意しましょう。

カカオトークでは、5分間というかなり短い時間制限が設けられています。

ですから誤送信してしまったことに気付いて、5分という短い時間が過ぎた場合には、送信取り消しはできずそのままとなります。

LINEにも取り消し機能がありますが、そちらは24時間という余裕のある仕様となっています。

LINEで慣れている方などは、同じような意識で使っていますと、痛い目に遭うことがあります。

上記引用のように、Twitterにおいても注意喚起されています。

それほど間違えられやすい点なので気を付けましょう。

②送信取り消しには2種類のパターンがある

次の、カカオトークでのメッセージ送信取り消しの注意点は、送信取り消しには2種類のパターンがある点です。

この2種類のパターンを、それぞれ見ていきます。

「自分のみ削除する」

1つ目は「自分のみ削除する」です。

「自分のみ削除する」とは、その名の通り自分の端末だけ削除する形になります。

なので相手側からメッセージが削除されているわけではありません。

「全員から削除する」

2つ目は「全員から削除する」です。

「全員から削除する」は、自分と相手両方のメッセージを取り消すことができます。

なので基本的に使うのは「全員から削除する」だけですね。

カカオトークで写真や動画の送信取り消しはできる?

ではカカオトークで写真や動画の送信取り消しはできるのでしょうか。

カカオトークで写真や動画の送信取り消しについてはカカオトークでは写真や動画などのメディアファイルを送信することができます。

ただ一度相手が受け取ってしまった写真などのファイルは相手側の端末で削除してもらう限り消えることはありません。

なので消してほしい旨を伝えることしかできなくなるんです。

送信する際には十分気を付けましょう。

カカオトークでメッセージ送信取り消しはバレる?

ではカカオトークでメッセージ送信取り消しはバレるのでしょうか。

カカオトークではメッセージの削除が成功したとしても必ず相手にも削除したことはばれてしまいます。

相手のトーク履歴には「削除されたメッセージ」と表示が出てしまうんです。

なので間違って削除してしまったときは相手にばれていることだけは承知しておきましょう。

カカオトークでトークルームを退室した場合

次のページへ >