ファミリー共有をAppleMusicだけにする方法は?

AppleMusicはアプリ内でダウンロードした曲以外にもiCloudに同期した曲も聴くことができます。他の音楽アプリではアプリ内でダウンロードした曲しか聴くことができませんが、手持ちのCDから取り込んだアプリではダウンロードできない曲も聴くことができます。

AppleMusic ファミリープランのデメリット

今度は逆にAppleMusicファミリープランを使うことのデメリットを紹介します。三つのデメリットを紹介します。一つ目はアプリや位置情報が共有されてしまうこと、二つ目は各プランの無料トライアルが使えないこと、三つ目は有料コンテンツの請求が全て管理者に行ってしまうことです。

【デメリット】①アプリや位置情報が共有されてしまう

先ほど説明したようにファミリープランを使う場合には、ファミリー共有を使用します。ファミリー共有グループを作成したときには位置情報やアプリの利用状況などのプライバシー情報も共有されてしまいます。ただし、これは設定で変えることができますので、プライバシーが気になる人は必ず設定を忘れないようにしましょう。

【デメリット】②各プランの無料トライアル期間が使えない

当たり前ですがファミリープランとしてAppleMusicを使い始めると、AppleMusicを使用したことがあるユーザーになりますので他のプランの無料トライアル期間の対象からは外れてしまいます。トライアルが使えると勘違いして予想外のお金を払ってしまわないように注意しましょう。

【デメリット】③有料コンテンツの請求が全て管理者にいってしまう

App Storeで使った有料コンテンツの請求は全てファミリーオーガナイザーに課せられてしまいます。有料アプリを使用した時や、アプリ内課金の請求も全てファミリーオーガナイザーに行きます。そのため生計を同一としている場合には問題がないですが、そうでない場合にはきちんと話をしておきましょう。また、アプリに課金がばれたくない、と言う場合にも気をつけましょう。ただし、こちらも共有されているアプリに限るので、該当アプリの共有をオフにすれば請求は個人個人にできます。

ストアクレジットが残っていれば個々での支払いが可能

iTunesギフトカードなどでアカウントごとにストアクレジットが残っている場合には別です。残っているストアクレジットが優先して消費されます。なので実質個々人での支払いは可能になります、しかし、支払い内容はファミリーオーガナイザーにメールで知らされますので注意してください。

プライバシーを守るために!OFFにしておきたい項目

ファミリー共有ではプライバシー情報も多く共有されてしまいますが、項目ごとにオフにすることもできます。ここではオフにしておきたい項目を紹介します。オフにしておいた方がいい項目は、位置情報、スクリーンタイム、アプリの購入履歴です。位置情報は共有されているといつどこにいるかが常に監視されているようなもので気が休まりません。スクリーンタイムもいつ携帯を触っているのか、どれくらい携帯をいじっているのかがバレてしまい、よくないこともあるでしょう。アプリの購入履歴も趣味がわかるものですのでプライベートな情報だと感じます。共有してもいい情報だけをオンにしましょう。

ファミリー共有では何ができる?それぞれのメリットとは

ここまではファミリー共有とAppleMusicに関してだけお伝えしていました。しかしファミリー共有の便利な機能はこれらだけではないんです。ファミリー共有では他に何ができるのか、購入したコンテンツ、iCloudストレージ、位置情報、スクリーンタイム、写真、カレンダー、リマインダーについて、それぞれのメリットはなんなのかを紹介します。

購入したコンテンツ

ファミリー共有設定をオンにしていると、アプリや書籍などの購入したコンテンツを家族でシェアすることができます。共有設定のメンバーのうち誰かがアプリや書籍を購入すると、それらをそのメンバーだけでなくみんな利用できるようになります。例えば辞書アプリなどは高価ですが、これも共有できるので安く利用することができます。ただし、アプリ内の課金情報、既に配信や販売が終了しているコンテンツ、アプリ側でファミリー共有が設定されていないコンテンツについては共有することができません。