アプリケーション

LINEで送信取り消しされたメッセージを見る方法【アプリ4選】

2022年9月7日

LINEアプリの送信取り消し機能は便利である反面、受信相手のトークルームには『○○がメッセージの送信を取り消しました』と表示されるため、メッセージ内容が気になるもの。そこで今回は、LINEで送信取り消しされたメッセージを見る方法はあるのか調べてみました。

LINEで送信取り消しされたメッセージを見る方法はある?

送信取り消しされたLINEメッセージを見る方法はあるのでしょうか?

実際に調べたところ、LINEで送信取り消しされたメッセージを見られるかどうかは、iPhoneやAndroid、PCによって異なることが分かりました。

Androidの場合

Androidの場合、LINEアプリそのものに送信取り消しされたメッセージを見る機能は付いていません。ただし、「既読回避アプリ」というサードパーティー製アプリなら、LINEで送信取り消しされたメッセージを見ることができます。

既読回避アプリとは、名前の通り、LINEのメッセージを既読を付けずに確認するスマホアプリです。通常は未読のままLINEにメッセージを残したいという時に利用しますが、設定次第ではトークルームの相手が送信取り消ししたメッセージを見る方法としても使えます。

おすすめの既読回避アプリは「LINEで送信取り消しされたメッセージを見るためのアプリ4選」でご紹介します。

iPhoneの場合

iPhoneの場合も、LINEで送信取り消しされたメッセージは復元したり確認したりできない仕様になっています。Androidスマホのように、サードパーティー製の既読回避アプリも配信されていません。

ただし、通知ロック画面に通知が来るように設定していたら、相手がメッセージを送信した時にすぐにメッセージを見る方法が使えます。

このLINEメッセージを見る方法を使う注意点は2つです。相手が送信取り消しすると通知自体が消えてしまうので、リアルタイムで通知内容を確認する必要があること。また、事前にLINEの通知設定を変更しておかなければメッセージ内容が確認できないことです。

具体的な設定方法は以下の手順を参考にしてください。

  1. iPhoneで設定アプリを開く
  2. 「LINE」をタップする
  3. 「通知」をタップする
  4. 「通知を許可」をONにする
  5. オプションの「プレビューを表示」をタップする
  6. 「常に」に設定する

これで通知ロック画面にLINEの通知が来た時、すぐにメッセージを確認することができます。

PCの場合

PCの場合も、残念ながらサードパーティー製アプリで見る方法は使えません。LINEアプリ自体にも、送信取り消しされたメッセージを復元したり確認したりできないようになっています。

もし送信取り消しされたLINEメッセージを見る方法が使いたい場合は、Android版の既読回避アプリを利用するか、LINEの通知設定を変更する必要があります。

LINEで送信取り消しされたメッセージを見る時の注意点

ここまで、LINEで送信取り消しされたメッセージを見る方法をご紹介しました。

次は、Android版既読回避アプリで送信取り消しされたLINEメッセージを見る方法を使う時の注意点をご紹介します。

既読回避アプリ使用前のメッセージは見ることができない

既読回避アプリは、LINEのメッセージを復元するためのアプリではありません。既読回避アプリは、LINEメッセージの通知をすべて記録してくれるので、送信取り消しされたメッセージも見ることができるというだけです。

そのため、Androidスマホに既読回避アプリをインストールする前のLINEメッセージは復元や確認はできないので注意しましょう。

既読回避アプリで写真や動画は見ることができない

Android™11以降のOSを使っている方は、OS側の制限によって既読回避アプリで写真や動画を見ることができないようになっています。写真や動画が送られてきたログのみ確認可能です。

ボイスメッセージやLINE MUSICの楽曲、ファイル、位置情報、連絡先なども同様に、既読回避アプリで見る方法が使えません。

既読回避アプリには、LINEのメッセージとスタンプのみが正常に反映されると理解しておきましょう。

既読回避アプリの通知設定次第ではメッセージが反映されない

既読回避アプリは、インストールしただけで送信取り消しされたLINEメッセージを見られるわけではありません。通知設定が適切にされていないと、既読回避アプリ側にLINEメッセージが反映されないのです。

また、前述していますが、既読回避アプリはLINEメッセージの通知を記録するという仕組みのアプリです。トークルーム画面を開いたままだったりPC側でLINEメッセージの優先受信設定を行ったりしていると、Androidスマホに通知が来ないため既読回避アプリでもLINEメッセージが反映されません。

既読回避アプリで送信取り消しされたLINEメッセージを確認したいなら、事前にスマホに通知が表示されるよう設定しましょう。設定方法については、利用する既読回避アプリごとに異なるので、次の章で解説しています。

LINEで送信取り消しされたメッセージを見るためのアプリ4選

次に、LINEで送信取り消しされたメッセージを見るためのおすすめアプリをご紹介します。

のぞきみ

のぞきみはダウンロード数が90万を突破した既読回避アプリです。Android10以前のOSであれば、問題なく写真の表示もしてくれます。

実際に利用する際の設定方法は以下を参考にしてください。

①「のぞきみ」をインストール
②ご利用には設定が必要ですの画面で「設定する」をタップ
③「のぞきみ」をタップ
④通知へのアクセスを「許可」する

これでLINEで送信取り消しされたメッセージを見ることができるようになります。

既読回避サポーター

既読回避サポーターは、これ1つでLINEやFacebook Messenger(メッセンジャー)、Telegram、カカオトークなどのメッセージを未読のまま確認できるアプリです。

写真や動画などの表示はできませんが、広告表示がなく直感的な操作で閲覧できますよ。

実際に利用する際の設定方法はこちら。

①「既読回避サポーター」をインストール
②アプリの通知の読み取り画面に進む
③「既読回避サポーター」をオンにする

あんりーど

あんりーどはLINEの既読回避に特化したアプリです。LINEのアイコン画像が表示されていたり、トークごとの未読数を確認できたりと、サイトデザインは限りなくLINEに近づけられています。

実際に利用する際の設定方法は以下の通りです。

①アプリストアで「あんりーど」をインストール
②「設定する」をタップ
③通知へのアクセス画面で「のぞきみ」をONにする

Dr.Fone -データ & 写真復元

送信取り消しされたLINEメッセージを見る方法としては、Dr.Fone -データ & 写真復元アプリを利用するのもおすすめです。

Dr.Fone -データ & 写真復元は、Androidで削除してしまった写真やファイルを復元できるアプリ。LINEなど複数のSNSでもメッセージや写真を復元することができます。

アプリの利用手順は以下の通りです。

①「Dr.Fone -データ & 写真復元」をインストール
②アプリの許可設定を有効にする
③LINEアプリをタップする
④通知をタップする

LINEメッセージを送信取り消しする手順

ここからは、LINEメッセージを送信取り消しする手順について見ていきましょう。

①LINEで送信取り消ししたいメッセージを長押しする
②「送信取消」をタップする
③LINEの注意事項を確認後に「送信取消」をタップする

手順はたったのこれだけです。

「送信取消」をタップすると、自分のトークルーム画面には『メッセージの送信を取り消しました』と表示されます。

LINEメッセージを送信取り消しする時の注意点

最後に、LINEメッセージを送信取り消しする時の注意点をご紹介します。実際に自分が送信取り消しする側になったら、以下5つのことに注意してください。

LINEで何か送信したことは相手に分かる

LINEアプリは、「送信取消」をタップすると、相手のトークルーム画面に『◯◯がメッセージの送信を取り消しました』と表示される仕組みです。

そのため、LINEで何か送信したことは相手に知られてしまいます。

送信して24時間以上経ったメッセージは送信取り消しできない

LINEアプリでは、送信して24時間以上経過したメッセージを取り消すことができません。送信取り消ししたい場合は、必ず24時間以内に操作を行ってください。

LINEギフトやLINE Payの送金は取り消しできない

LINEでは、送信取り消しできるデータとできないデータがあるので注意が必要です。

送信取り消しできるデータは、メッセージやスタンプ、画像、URL、連絡先、位置情報などがあります。一方、送信取り消しできないデータは、LINEギフトやLINE Payの送金、日程調整、投票の4つです。

LINEのバージョンが古いと送信取り消しできない

LINEアプリのバージョンが古い場合、送信取り消し機能が使えません。また、相手が使用しているLINEアプリのバージョンが古い場合でも、送信取り消し機能がうまく反映しないこともあります。

必ずメッセージを消すことができるわけではないのでご注意ください。

相手が既読回避アプリを使っていると可能性もある

相手が既読回避アプリを利用している場合もあります。

既読回避アプリは通常、既読を付けずにSNSを見る方法として有効なアプリですが、送信取り消しされたLINEメッセージを見る方法としてインストールしている方もいます。

そのため、既読回避アプリで自分が送信したLINEメッセージを見られる可能性もあると理解しておきましょう。

まとめ

今回は、LINEで送信取り消しされたメッセージを見る方法をiPhoneやAndroid、PCごとに調べてみました。

送信取り消しされたLINEメッセージをiPhoneやPCで見る方法は、残念ながらありません。ただし、Androidスマホであれば、既読回避アプリを利用することで、既読を回避しつつ送信取り消しされたメッセージの確認が可能です。

送信取り消しされたメッセージの内容が気になるという場合は、ぜひ今回ご紹介したアプリを活用してみてください。