ツイッター見るだけで身バレする危険性あるの?回避方法も一緒に解説

ツイッターを見るだけでアカウントにログインしているとバレる危険性があるのでしょうか。リストやツイートの仕方、そしてブラウザの使い方や検索の仕方などを紹介していきますので、ツイッターを使いこなしたいという人は参考にしてください。

ツイッターを見るだけなら相手にバレる危険性なし

ツイッターというSNSは、世界で爆発的に大流行し、今なおユーザー数を伸ばし続けています。そんなツイッターですが、具体的にどう使えばいいのか分からないという人もいるのではないでしょうか。

ツイッターはどう使えばいいのかを解説していきますので、ツイッターの使い方が知りたいと考えている人は、ぜひツイッターの使い方をチェックして実際にツイッターをダウンロードして、ツイッターでアカウントを作ってみてください。

ツイッターは短い日記が書けるブログのようなもの

ツイッターは、主に日常であったことを呟いたり、自分が作った絵などをツイートしたりするというツールです。ツイッターには主にツイート、リツイート、検索などの機能があります。

ツイッターのアカウントを作ってログインして、ツイートやリツイート、検索機能を使ってみてください。そうすることで、ツイッターの使い方を把握しているということになりますので、ツイッターの検索などの機能を使ってツイッターを楽しみましょう。

140文字という制限の中で自分の気持ちを綴るもの

ツイッターの1つ目の機能であるツイートは、140文字までの文字数で、自分が思ったことや日常の出来事を呟くことができます。近年では140文字では足りないという際の処置であるツリー機能という機能が追加されました。

文字数が足りない時、青い+ボタンを押すと、次にツイートするためのボックスが追加されますので、長く呟きたい、文字数が140文字だと足りないというときは、ぜひツリー機能を使って呟いてみてください。

リツイートにはリツイートと引用リツイートがある

2つ目の機能はリツイートです。リツイートには、通常のリツイートと引用リツイートがあります。リツイートは、自分が気に入ったツイートを拡散するための機能です。

引用リツイートとは、拡散したいツイートに対してコメントを残すことができる機能ですので、拡散したいツイートに対して、何か感じてコメントを残したいと考えている人はぜひ引用リツイートをしてみましょう。ただし、相手を傷つけるようなコメントはやめましょう。

検索ではトレンドを見たりアカウントの検索が可能

3つ目の機能である検索ですが、検索機能はその日どのようなことが頻繁に呟かれているかというトレンドなども表示してくれる機能でもあります。

上部に検索ボックスがありますので、気になるユーザーを検索したり自分が好きなゲームやイベントの情報などを検索したりすることができますので、検索機能を使って自分の好きな芸能人のアカウントをチェックしたり、イベントなどの情報を検索してチェックをしてみてはいかがでしょうか。

ログインをしなくてもツイッターは使うことが可能

ツイッターはログインをしなくても使うことができます。アカウントを作らないとツイッターは見られないと考えている人は多いですが、見るだけならアカウントを作ってログインしたりする必要はないのです。

例えば、ツイッターで好きな芸能人のツイートは見たいけど、アカウントを作るのが面倒という人は、好きな芸能人のアカウントを検索エンジンで検索して、その人のツイートを見るだけなら可能なので、ぜひ検索してみてください。

ツイッターにログインするのは公式とブラウザから

ツイッターにログインする方法は、ブラウザからログインする、公式アプリをダウンロードしてアカウントを作成してログインするという方法があります。

公式アプリをダウンロードしていれば、アプリにアクセスするだけで簡単にログインをすることができますが、ブラウザだとユーザー名やパスワードをログインするたびに打たなければいけないので、アプリをダウンロードしてログインをした方が手っ取り早いログインの仕方になります。

ツイッターにログインするとそれがバレてしまう?

ツイッターを使っているとある1つの問題に悩んでいるという人を見かけます。どのような問題かというとツイッターを使っているといつログインしたかバレるのではないかというものです。

ログインしたかバレる危険性があると考えている人は、なぜバレる危険性を回避したいのでしょうか。考えられる原因としては、ツイッターにログインしていることでフォロワーから何故早く返事を返さないのか催促されるのが嫌というものがあります。

実生活の友人と繋がっている場合だとバレると不便

例えば実生活でも関わっている友人と、ツイッターで繋がっている場合、LINEでの返信は後回しにしてツイッターで情報をチェックしたいというときにログインしているのがバレると、なぜ返信を後回しにするんだと責められる危険性があるという人もいます。

そういうときはツイッターにログインしているとバレる危険性があるならツイッターを使えないという人がいます。2つ目の理由としては身バレする危険性があるというものです。

ログインしていることが分からないようにする裏技

ツイッターのアカウントを持っているということを内緒にしているので、アカウントが友人にバレるのは嫌だという人もいます。

ツイートやリツイート、検索をしてしまうと、バレる危険性があるのではと考えている人もいますが、実はツイッターアカウントがバレたり、ログインしていることが分かる危険性を回避するための技があるのです。危険性を回避したいと考えている人は危険性を回避できる使い方をぜひチェックしてみてください。

ツイートを見るだけにとどめたらバレる危険性回避

ツイッターでログインしたことがバレる危険性を回避する方法の1つ目は見るだけにとどめるというものです。見るだけだったらログインしたとバレる危険性もありません。

他の人のツイートを見るだけ、自分の過去のツイートを見るだけならバレる危険性はないので、バレる危険性を回避したい時はツイッターを見るだけにとどめましょう。見るだけならログインをしなくてもできますし、見るだけでログインしたと分かる危険性はないです。

ログインをしないで見るだけにしていたらバレない

ログインしたとバレる危険性を回避する方法は、そもそもログインしないというものです。

自分のツイートを見るだけ、他人のツイートを見るだけならログインする必要もありませんし、すぐに対策をすることができますので、ツイッターにログインをしないで見るだけにしたら身バレをする危険性もないので、ログインをして見るだけにとどめるのではなく、ログインをしないでツイートを見るだけにしましょう。そうすることで解決します。

見るだけ以外の行動をするとバレてしまう可能性が

自分や他人のツイートを見るだけなら、バレることはありませんが、見るだけではない行動をしてしまっては、ログインしたことをバレてしまう危険性がありますので、絶対にバレたくないというときは他の行動をツイッターでしないようにしましょう。

安全にツイッターを使いたいというときは、アカウントを作っても身バレしないように気をつけてツイートをする、知り合いをフォローしないようにするなどして対策をすることが大切です。

アカウントなしでも見るだけなら可能

アカウントなしでも見るだけなら可能なので、ツイッターでアカウントを作りたくない、面倒くさいと考えている人はツイッターのアカウントを作らずにブラウザで気になる人のアカウントを検索して、ツイートを見るだけにしましょう。

好きな芸能人のアカウントをチェックして、情報をチェックしたいというなら、アカウントなしでも見るだけなら可能です。パスワードやユーザー名を考えなくてもいいですし、1番手軽な方法となります。

リツイートや引用リツイートをしたいならログイン

好きな芸能人のツイートをリツイートしたい、それにコメントを残したいというときはツイッターアカウントを作成してログインをする必要がありますので、引用リツイートやリツイート、または出演情報などをいいねしたいと考えている人はユーザー名やパスワードを設定してツイッターのアカウントを作成してみましょう。

アカウントを持っていてもログインしなければバレる危険性なし

アカウントを持っていてもログインしなければバレる危険性はないので、ツイッターでただ情報収集をしたいというときはログインをせずに、ブラウザやアプリで情報を見るだけにとどめてください。

ツイッターには無い足跡機能

ツイッターには、足跡機能というものがありません。以前のホームページやブログには足跡機能というものがあり、1日にどれくらいの読者が来たかが可視化されていましたが、それはない機能です。

ツイッターの名前検索もバレる危険性なし

ツイッターの名前検索もバレる危険性はないので、ツイッターで気になるユーザーの名前を検索してみてください。フォローをしても、バレる必要はありませんので、気軽に検索をしてみてください。

ログインするとツイッターを見たことがバレてしまうアクション

ログインするとツイッターを見たことがバレてしまうアクションをいくつか紹介していくので、どのようなアクションをしてしまうとログインしたことがバレるのか気になる人は参考にしてください。

ツイートに「いいね」

関連する記事