アプリケーション

中国でLINEが規制で使えない?理由と対策方法を徹底解説!

【最新中国ネット規制事情】

中国でライン(LINE)は使える?使えない?確実に中国でラインアプリ・ライン電話を使う方法&gmailなどのメールの代替策になる連絡手段の紹介。LINEが使えるポケットwifi・無料vpnも紹介。

仕事&旅行で中国へ滞在中に、日本の友達に連絡でもしようとLINEを起動してみると・・・

あれ、接続できない!!!タイムラインを見てもクルクルまわるだけで一切動作しないではないですか!!

これはいったいどうなっているのか!?

というわけで、今回は中国でLINEが使えない理由と対策についてご紹介していきます。

 

セカイ vpn

中国政府がLINEを規制した?

既にFacebookやTwitterなどが規制されていることはご存知の方も多いでしょう。

実はLINEも電波の問題で繋がらないわけではなく、2014年7月1日から中国政府によって一斉に規制されているんです。

いったいなんで中国はそんなことをするのでしょうか?

日本で使えるけど中国で使えないアプリ、サービスとは?

中国で規制の対象になっているアプリ・サービスは外資系のもの

中国で開発・運営されるサイト、サービス以外は徹底して排除されているといった印象ですね。

日本ではあたりまえのSNS(twitterやFacebook)の他にも、g-mailやGoogleMapが使えないので注意です。

中国国内で使えないサイト・サービス

  1. LINE
  2. twitter
  3. Facebook
  4. Instagram
  5. google系コンテンツ(gmai / GoogleMapなど)
  6. YouTube
  7. mixi
  8. ニコニコ動画
  9. FC2
  10. yahooジオシティーズ
  11. Dropbox
  12. Dailymotion
  13. カカオトーク

規制解除はありえる?

中国のネット規制システムは『金盾』(キンジュン)と呼ばれています。

この金盾による規制は2017年から徐々に強化され、無料VPNの一部規制・2018年には有料VPNの一部も規制されるようになっています。

中国とアメリカの関係の冷え込みや様々な国際情勢を考えると、今後中国のネット規制が緩和される可能性は低そう。

本記事では「中国でも確実にLINEやG-mail・GoogleMAPを使う方法」を紹介していきます。

中国でLINEを使えるように対策する方法とは!

方法①au・ソフトバンク・docomoの海外データ定額を使う

日本のキャリア(au・ソフトバンク・docomo)の「海外定額プラン」を使うと、LINEやGoogle系コンテンツも問題なく中国で使うことができます。

海外ローミングはカンタンにいうと本来利用できる範囲の外でモバイル通信をできるようにする機能のこと。

サービス名値段
au世界データ定額980円 / 24時間
海外ダブル定額最大2980円 / 1日
Softbank海外パケットし放題最大2980円 / 1日
docomoパケットパック海外オプション980円 / 24時間
海外パケ・ホーダイ最大2980円 / 1日

少し割高感はありますが、いつものスマホ一つで設定から〝データローミングをオン〟にするだけで中国でもLINEやGoogleが使えるので、手軽です。

方法②セカイVPN(2カ月無料)を使う

次のページへ >