アプリケーション

LINEツムツムのコインチートのやり方!脱獄なしでの方法とは?

2020年4月8日

  1. ホーム画面から「『LINE』ツムツム」を起動し、脱獄アプリストア『Cydia』から『iGameGuardian』を起動します。

  2. まず最初に『LINEツムツム』の適当なステージに進み、適当にプレイし少量のコインを稼ぐ。

  3. 『iGameGuardian』を起動し、②で稼いだコインの枚数を『Search』します。

  4. 『LINEツムツム』にバックグラウンドからもう一度戻り、もうちょっとだけ少しコインを稼ぎます。

  5. 先ほどの要領で、『iGameGuardian』の『Search』欄からもう一度検索し、結果をある程度絞ります。

  6. 『memory』欄に③と⑤で検索した数字を入力し、『Goto』をタップします。

  7. 『Goto』の検索後、いくつかの数字の羅列が出現しますので、 45 と 3 という表記をそれぞれ探します。

  8. 45 と 3 という数字が含まれた数列をそれぞれ『Save』し、『3』の部分を『8』、『45』の部分を『1』に変更します。

  9. 『LINEツムツム』に戻り、ゲームを再開しているとツムツムの時間が停止されている状態であれば成功です。

  10. 最後に、さきほど変更した数列の『8』を『6』に変更し、『LINEツムツム』に戻り、ゲームの制限時間までやります。

参考元:かーくん

実は、この方法は2015年のころから変化しておらず、今でも可能な方法です!
わかりやすく、かーくんさんが動画で説明してくれているので、参考にされたい方はどうぞ!

脱獄のデメリット

脱獄でLINEツムツムでチートを利用する方法について紹介してきましたが、LINEツムツムでチートの脱獄を利用するとトラブルや問題に巻き込まれる可能性もあります。

ここでは脱獄でLINEツムツムでチートを利用するとどのようなデメリットがあるのかについて紹介していきます!

①アカウント停止「BAN」の可能性

LINEツムツムでトートを利用するとLINEのアカウントがBANされる可能性があります。

アカウントのBANとは、アカウントを利用停止されて、LINEのサービスが利用できなくなってしまうことです。チートを利用することはLINEのサービス違反になることがあり、契約違反でアカウントがBANになる可能性もあるので注意してください!

②刑事告発される可能性あり

またLINEのアカウントBANだけではあればいいのですが、場合によってはインターネット違反で刑事告発される可能性もあります。

今までもこのようなアプリのチート行為や違反行為を行い、刑事告発されえるトラブルも多く発生しています。チートは一見誰でもできてしまう機能になっていますが、実際に利用するのは自己責任で行うようにしましょう!

③セキュリティの弱体化でウイルス感染の恐れ

またこのようなLINEツムツムでトートを利用することはスマートフォンやデバイスが非常に危ない目に遭う可能性もあります。

なぜならチート行為はスマートフォンやアプリケーションの脆弱性を活用しているため、逆にその脆弱性を利用してあなたのiPhoneやAndoroidのスマートフォンのセキュリティフォースを狙われて、個人情報やデータの漏出につながる場合もあります。

そのためチート行為を行う場合はトラブルだけではなく、セキュリティ対策も必要になってきます。

脱獄について

皆さん、iPhone の脱獄の歴史をご存じでしょうか??

実は、iPhone の脱獄を最初におこなったのは iPhone の開発者スティーブ・ウォズニアック氏なのです!

彼は Jailbreak の先駆者であり、脱獄したこと自体を楽しんでいました。

S・ウォズニアック氏がJailbreakされたiPhoneを高々と掲げる--iPhone Dev Teamが写真掲載

何と言いますか、 Apple が脱獄を黙認しているかのようにしか見えませんよね(笑)

iggやバイナリ、脱獄アプリでのツムツムチート事情

ツムツムに限らず、任天堂や SONY といったゲームの管理者は、チートされたアカウントを BAN しています。

多くのゲーム会社が簡単な仕組みでチートしているかを検出していて、一度にありえないほどのスコアの数値の上昇を検知した場合、チートの可能性を疑うようです。

そして、実際に数値を書き換えていることが確認出来たら BAN します。

ツムツムでも BAN されかねないので、脱獄の際には注意しましょう。

まとめ

次のページへ >