PicsArtの危険性は?有料プランになる理由や解約方法を紹介

写真加工アプリの「PicsArt」。PicsArtは無料でも使うことができるアプリです。ただ、ユーザーの中には有料プランを契約させられたなどのレビューを書いているユーザーもいます。この記事では、PicsArtの危険性や有料プランの解約方法を紹介します。

PicsArtの危険性

まず、PicsArtの危険性の紹介をしていきます。PicsArtは基本的には危険性の低いサービスだと言われています。ただ、アプリストアのレビューでは詐欺だと言うようなレビューも散見されます。なぜ詐欺だと言われているのかや実際に詐欺の危険性があるのかも紹介します。

危険性①セキュリティソフトの警告が出ることがある

基本的にはPicsArtは危険性の低いサービスですが、あるユーザーではセキュリティソフトが危険なサイトだと警告が出たことがあるようです。セキュリティソフトが警告を出したとの声は多く無いので、他の何かしらが悪影響を及ぼしている可能性があります。

危険性②詐欺アプリの危険性

PicsArtのレビューなどを見ていると詐欺アプリだと言う意見などが散見されます。ただ、PicsArtは詐欺の危険性はありません。なぜ詐欺の危険性はないのか紹介していきます。

いつの間にか有料プランになっている

PicsArtでは、無料で使い始めたはずが有料プランになっているという報告が多数上がっています。知らない間に有料プランに切り替わっていることが詐欺である危険性だとレビューに書かれています。

¥5,100/年で引き落としがかかる

PicsArtは有料プランの契約が年間契約で¥5,100です。一般的には月額プランなど短い期間でのプランも用意されていますが、PicsArtでは年間プランしかないので、有料プランの契約を結んだら必ず¥5,100請求されるます。

多くの人が請求されている

SNSやアプリストアのレビューを見ても、多くのユーザーが知らない間に¥5,100の請求が来たと報告しています。それに伴いレビュー評価も非常に低くなっています。利用規約をしっかりと呼んでいれば対策できることなので詐欺の危険性はありません。

有料プランに誤加入しても返金されない

有料プランに誤加入しても返金されることは無いようです。有料プランの契約には必ず利用規約を呼んで理解した上で同意をしているので、利用規約に書かれている以上支払いを避けることは難しそうです。

危険性③有料プランは自動更新

PicsArtでは有料プランは自動更新されます。アプリを消しても契約解除を行わないことには毎年支払いの請求が来ます。知らなかったでは済まないので請求が来続ける危険性があるので注意しましょう。

有料プラン解約後に有料コンテンツを使うと請求される

PicsArtの有料プランを解約しても、解約後に再度有料のコンテンツを利用すると再契約になり請求が発生します。自動更新についても知らないと毎回のように請求が発生するので注意が必要です。

PicsArtが有料プランになる理由

PicsArtは詐欺ではなく無料プランが有料プランに切り替わったことで請求が発生していることが分かったと思います。ではなぜ有料プランになるのか解説をしていきます。

理由①有料プランの無料トライアルに申し込んだ

PicsArtでは有料プランの無料トライアルを実施しています。コロナ禍においてVODを契約した方も多いと思いますが、VODでもほとんどが無料トライアルを実施しています。

ただVODと違ってPicsArtの無料トライアル期間は3日間と非常に短くなっています。利用規約をよく読まず、なんとなく無料トライアルを申し込み知らない間に3日間すぎていたというパターンが非常に多いようです。

理由②無料トライアル期間内に解約しなかった