【Safari】問題が繰り返し起きましたと表示される時の対処法

次にSafariで”問題が繰り返し起きました”のメッセージが表示された場合の対処法としては、iPhoneやMacパソコンのデバイスを再起動してみましょう。Safariを利用しているデバイスの不具合で”問題が繰り返し起きました”が発生してしまうこともあるので、その場合にはiPhoneやMacパソコンのデバイスを再起動することで対処できることもあります。

対処法③タスクを終了する

iPhoneやMacパソコンのデバイスを再起動ではなく、Safariのアプリケーションを一度再起動することでも対処できることもあります。iPhoneやiPadでマルチタスク画面よりSafariを含めて不要なアプリケーションを一度停止することで、再度起動すればアプリケーションの再起動をすることができます。Macパソコンの場合は、不要なアプリケーションを×で閉じたり、「終了」することでアプリケーションを終了させることができます。

対処法④言語設定を英語に変更する

デバイスやアプリケーションの言語設定が原因でも”問題が繰り返し起きました”のエラーが発生することがありますので、その場合は日本語設定の言語設定を英語にすることで解決することがあります。SafariやiPhone、Macパソコンは通常英語の言語設定になっているため、言語設定が怪しい場合は、一旦英語にして動作確認してみましょう。

対処法⑤JavaScriptをオフにする

Safariの”問題が繰り返し起きました”という原因としては、Webブラウザの画面を表示するために利用されるJavaScriptが原因発生することがあります。JavaScriptとは、Webページの表示されるのにSafariのバックグラウンドで動作しているプログラムファイルであり、このJavaScriptが不具合を起こしても”問題が繰り返し起きました”が表示されることがありますので、覚えておきましょう。

対処法⑥履歴とWebサイトのデータを削除する

Safariの履歴やWebサイトデータが溜まり過ぎているとSafariのブラウザで問題が発生することがありますので、定期的にSafariのブラウザの履歴やWebサイトのデータを削除するようにしましょう。履歴やWebサイトのデータを削除方法としては、設定アプリからSafari」の画面を開きます。そして「履歴と Web サイトデータを消去」をタップすることでポップアップが表示されるので、問題なければ「削除」をタップしてください。

対処法⑦ネットワーク設定をリセットする

またiPhoneやMacパソコンのデバイスのネットワーク設定によって”問題が繰り返し起きました”が出てしまう場合には、デバイスのネットワーク設定をリセットしてみてください。ネットワーク設定のリセットは、設定アプリよりもネットワークの画面を開き、一番下までスクロールすると「ネットワーク設定のリセット」の項目があるので、タップするとネットワーク設定をリセットすることができます。

対処法⑧OSをアップデートをする

アプリケーションやデバイスの設定を調整しても”問題が繰り返し起きました”が表示されてしまい困っている場合には、iPhoneやMacパソコンのOSをアップデートしてみましょう。iPhoneやMacパソコンのOSをアップデートすることで新機能だけではなく、アプリケーションの不具合も改善してくれる場合もあるので、iPhoneやMacパソコンのOSアップデートは定期的に行いましょう。

JavaScriptをオフにする手順

関連する記事